つれづれ旅日記



<   2012年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


自由が丘 ネコカフェ  10月20日

自由が丘に11時にOさんと会い、歩いて7分くらいの「ネコカフェ」に行く。
テレビでみて一度行きたいと思っていた。Oさんも私も猫が大好き。
受付でワッペンをもらい服に着ける。30分なら700円、1時間なら1000円。
かわいい猫がたくさん。全然逃げないで寄ってくる。生まれた時からいじめられたことがないのね。
d0102497_1415886.jpg

私のカバンが気に入ったのか黒い大きな袋に大きめの猫が何とか入ろうとしてとうとう全部入った。
d0102497_143161.jpg

d0102497_145047.jpg

2階にも部屋がある。下は広い部屋に若い猫が20匹くらいいて、2階は大人の猫がいくつかの部屋に別れていた。下の猫はまだ若いからすぐにじゃれてくるが2階はおっとりしていた。
30分で700円を払って出る。
自由が丘までいろんな店を覗きながら歩く、インテリなの「自由が丘ソレイユ」で最近見つけた植物
「シンフォリカプロス」のデザインの紙ナプキンがあったので買う。199円
上島コーヒーでサンドイットと紅茶のセットで昼食。ここのパンがおいしかった。
デパートの中で婦人服の売り場で店の人で我々より少し上の人が電話でしゃべっていた。どうも息子の嫁さんの事で頭に来たようで「いずこも子供はあてにはならない・・」ということで意見が一致。
その人は旦那さんが社長だったようで69歳で急に亡くなったらしい。でも8億円位残したようで
「お金なんか使いきれない」という。今次男がご主人の後をついで社長をやっているけど奥さんが
男を作って娘を置いて出て行ったとか・お金持ちでも悩みはあるようで、まあ、世の中いろいろです。
大井町からバスで母のホームに行く。
入口の「ベニバナトキワマンサク」がきれいだったので写真を撮る。
d0102497_14997.jpg

母は食堂で歌の時間だった。サキソホーンを吹くひとがボランティアで来ていた。ことわざのなぞなぞをしたりしてその後懐メロを・・秋の唄が多かった。2時から3時で終わり、母は振り返って私を見つけて手を振った。まだ覚えているようだ。母を部屋に連れてくる。左は3階エレベーターの前のいけばな
d0102497_14135866.jpg

3時からは工事の人が入っていて停電だった。
大村さんが持ってきてくれたみかんと柿を食べる。初めにみかん、それから柿にしないと「酸っぱい」というので。柿は「まあこんな大きな柿・・誰が持ってきてくれたの」「Oさんよ」「まあ、どうもありがとう」 何回も繰り返す。4時になり停電は治った。やれやれ、これで遠くのトイレに行かなくて済む。最後にOさんが持ってきてくれた玉子型プリンを食べる。
母は「こうして皆さんが来てくれるから私は幸せ」という。21日に兄たちがきて皆で撮った写真を
写真立てに入れた。母は「兄の隣は洋子さん・・」とまだ覚えていました。
次に行くところがあり、早めに5時ごろ帰る。
[PR]
by kuwanobu44 | 2012-10-25 23:27

ヘラオオバコとシンフォリカルポス 10月10日

ドイツに行ったときあちこちで「ヘラオオバコ」をみて「あら、ドイツにもあるんだ」と写真に撮ったが日本に帰ってきて調べたら、ヘラオオバコは北欧が原産だった。
d0102497_22424675.jpg

日本には明治時代に入ってきたという。荷物に種が着いたりしてそれが全国に広がったようだ。

ドイツで白い実かピンクの実が着いたのを何度も見た。
下の写真はライプチヒのヨハンナ公園で移したもの。
d0102497_2253048.jpg

「何の木か?」と気になっていたが
金曜日、花小金井の駅前の花屋でドイツで見て気になっていた植物が売られていた。
名前は「シンフォリカルポスというそうだ。舌をかみそう・・・
それでその枝を買ってきて玄関に飾った。
d0102497_22561382.jpg

インターネットで調べてみたら
学名:Synphordarpos albus 分類:スイカズラ科 原産地:北アメリカ
和名:雪晃木(セッコウボク) 出回り時期:9~10月

または「シラタマヒョウタンボク」ともいう。
気になっていたのが解決してすっきりした。原産はアメリカだという。
今は日本でも花屋で売られるようになったがまだ少ない。これから生け花などにも入ってくるだろう。
[PR]
by kuwanobu44 | 2012-10-18 23:04

ゲートブリッジと東京駅 10月9日

VAN新宿の10月例会は最近出来たゲートブリッジと改装なった東京駅。
12時半 新木場駅集合で12:43分のバスで若洲キャンプ場
歩いてゲートブリッジへ。9階の展望台を見て8階から橋を歩き出す。
バカに立派なネットがあったが目的は何か???
d0102497_2128586.jpg

d0102497_21283081.jpg

d0102497_21293328.jpg

橋は途中まで行けるがそれからは引き返すようになっている。車は通り抜けできるが・・・
車が通るたびに音がする。右の写真のみぞの所。速度を落とすようにあるのじゃないか・・とか
話が出たがどうも鉄骨の継ぎ目でレールと同じで力を逃がすため? 確かではない。
また若洲キャンプ場からバスで新木場に戻り電車で東京駅へ行く。10月1日に新装なった東京駅を見るため。
東京駅は2007年から5年かけて復原された。
文化財(建造物)の分野で、失われた建物を当時のように再現することを「復元」、改修等で形が変わっていたものを当初の姿に戻すことを「復原」(あるいは推測に基づく場合は復元、旧部材や文献等が残っており根拠が確かな場合を復原)と使いわけることがある。(吉野ヶ里の住居は復元、東京駅は復原)
この復原をやりながら毎日電車を動かすのがすごい。
約100年前に作られたが空襲で焼けてその後は改修で三角屋根になっていたが今回元の丸屋根に戻った。(復原)
d0102497_2135983.jpg

d0102497_21364974.jpg

我々同様、暇な人がたくさん、カメラ片手に・・・
d0102497_2140176.jpg

ステーションホテルを覗いたが、コーヒー一杯1200円、しかも並んでいてすぐには座れない
そうだ。それで丸の内のオアゾの中のカフェでお茶をする。入口の前にある彫像は東京駅のデザイナーの辰野博士。
d0102497_21424297.jpg

チョコケーキとコーヒーで一休み。 お疲れ様
[PR]
by kuwanobu44 | 2012-10-18 21:43

長唄の会  10月7日

紫蘭まきちゃんから長唄の会のお誘いが来た。(無料) 
今回は飯田橋の料亭「志満金」の3階で2時から。
この店は私は初めて。2時から開演だが主人と二人12時半に来たのでウナギを食べてみた。
甘くなくおいしい。そしていよいよ2時から長唄の開演。
まきちゃんのあいさつで、雛鶴三番叟」で幕開け
d0102497_21325723.jpg

「外記猿」「竹生島」「供奴」「吾妻八景」「雨の四季」「越後獅子」など
写真は越後獅子でまきちゃんのお父様も元気で良かった。(以前病気をされたようだが)
d0102497_21373295.jpg

「鞍馬山」「鷺娘」「靭猿」「助六」「紀州道成寺」
写真は紀州道成寺
d0102497_21401456.jpg

最後はまきちゃんが三味線を弾いた「勧進帳」歌は全力で力強いし、手抜きなし。また三味線も迫力があり聞きごたえがあった。
5時過ぎに終わって帰る。去年より皆さん上達していらっしゃる。私もお琴そろそろ頑張らなくちゃ。
[PR]
by kuwanobu44 | 2012-10-16 21:43

母のホーム 10月1日 6日

1日台風一過の青空。琴の帰り1時に自由が丘でOさんと待ち合わせして
一緒に食事。京風のパスタの店でランチ。パスタにスープ、食後に飲み物が付いて約1000円
お得かな。それから大井町に出てイトーヨーカドーで母にベストを買う。いつも赤いベストが気に入ってきているけど、毛羽立っているし、新しいのを探していたが赤はなかなかない。ヨーカドーで探して赤ではないけどかわいいのがあったのでそれを買って持って行く。
Oさんが山梨からのお土産の巨峰と黒玉という小さなお菓子を持ってきてくれそれを3人で食べる。
この節はあまり甘いものを食べすぎるとお腹が太ってだめだと兄からの要請があるのでたくさんはだべされられない。でも100歳を超えて食べるだけが楽しみなら多少太っても良いと思うけどね。
d0102497_2111661.jpg

母は食堂で歌の時間だった。 3時半に母を連れて来て一緒にぶどう、黒玉でお茶。
その後 買ってきたベストを着せる。まあまあだった。母はとても喜んでくれた。
また納戸を整理した時に出てきた真珠のペンダントは首からかけて長さを調節できるので持ってきて母に着けてもらったら「まあ、これはあなたが持ってきたの?有難う」と何度も言っていた。
気に入ってくれたらそれでいい。すぐに忘れると思うけど・・
d0102497_216665.jpg

d0102497_2110238.jpg


Oさんと二人の写真を母に撮ってもらおうとしたが、去年はできたけど今年はできない。
ボタンを押すだけだけれど力が足りない。ぐっと押すとカシャとようやくシャッターは降りるが
カメラが傾いて首から上が写らなくなった。
段々できることが少なくなって本当に赤ちゃんに戻っていくみたい。
まあ、仕方がない事だけれど・・・
6日
3時半に部屋に連れて来てまずチョコレートを食べ薄めのコーヒー、その後皇潤を4粒飲ませる
母に「年は?」と聞くと「110歳」という。違うでしょ101歳よ。と言うと「あら、110歳だとばかり思っていた」という。以前と同じことの繰り返し。100歳のお祝いをしたら毎年1歳ずつしか増えないのよ。といった。来年は?に対して今年が101歳なら来年は102歳かな・・という。わかっているんだけれどまた今度聞いたらきっと110歳になっているかも。
トイレに入ってボタンをおして係りの人がきた。
その後私は4時半から5時までベッドを借りて横になる。トイレに「さあ、入りましょう」と若い女の人が入れてくれたが「変な人が来ていてびっくりしたでしょ」という。何のことかと思ったら私の事。施設の人は「あら、家族なんだから変な人じゃないでしょ」と言ってくれたけど。
段々おかしくなっていく母を見るものちとつらい。
友達に言うと「そのくらい」というけど。
まあ、人に迷惑を掛けないだけでもいいかな。良い方に考えよう。
[PR]
by kuwanobu44 | 2012-10-16 21:15

八ヶ岳  9月28日、29日

28日今回は主人は都合が悪く、私一人が参加。
5時過ぎに起き、出かける準備 立川駅8時集合。参加者20名
一番後ろのOさんの隣でカメラの事をいろいろ教えてもらう。今回はオリンパスの新しいカメラを持って行くが使い方がまださっぱりわからない。「オートブラケット」について聞いた。一度押すと3枚絞りの違う写真が撮れる。会長から「八ヶ岳は富士山より高かった、裾野からわかる・・」という話を聞く。双葉のサービスエリアで集金16000円。
清里に着きケーブルカーで上に。1900m。でも思ったより暖かい。歩いていると暑いくらい。
「ナギナタコウジュ」「ハクサンフウロ」「リンドウ」「マツムシソウ」がきれい。
「アキニキリンソウ」「ワレモコウ」「オンタデ」も。「イワシャジン」の花が可憐だった。
d0102497_19414749.jpg

でも今回一番きれいで良く見ることができたのが「山トリカブト」きれいだが猛毒。
d0102497_19443576.jpg

美しの森ファームで日本一おいしいというソフトクリームを200円で食べる。確かにおいしい。
センブリの花がきれいだった。ピントが甘くて残念
d0102497_1946498.jpg

バスは予定通り、3時に立川市の八ヶ岳山荘に到着。 
部屋は10畳で5名。我々の部屋は202号室。
さてそこで一息ついて山荘の周りを散策。ここから新しいオリンパスのカメラを試運転
d0102497_1951539.jpg

d0102497_19513550.jpg

今回の写真でいいのはこれかな。トリカブトとシオン
d0102497_19515959.jpg
d0102497_19522534.jpg

宿に戻り、風呂に入り、6時半から食堂で食事。
この食事がとてもおいしかった。
食後、ドイツのチョコレートと「ヘラオオバコ」のハーブティーを1パックずつ御土産で配る。
少しで申し訳ないけど・・・皆喜んでくれた。Sさんは「飛行機代が入っているからね」
と言ってくれた。夜は9時に寝る。明日は朝4時半から早朝散歩なので・・
29日
朝4時前に起きて準備をして玄関に4時20分。我々の部屋は4人参加。外は真っ暗。
でもお星さまがきれい。オリオン座がくっきり見える。こんなにきれいな星を見るのは利尻富士に行ったとき以来かな。(40年くらい前)会長はじめ全員で9名、いざ出発
Kさんが懐中電灯を持っていて会長の後に皆で行く。
途中小平の山荘もあった。しらなかったなあ・・
そして八ヶ岳の赤岳が良く見えるところに会長が連れて行ってくれるのだが途中で道がなくなった。「引き返そうか」といったがTさんが「このくらいの塀なら超えられますよ」とさっと超えてあとは女性が超えるのを手伝ってくれた。男の人は自力で大丈夫。Tさん有難う。そうこうして40分位歩いてようやく赤岳が見えるところに到着。少しずつ明るくなる。
私のカメラオリンパスは暗くてシャッターが下りない。今までのリコーなら写るのに・・残念。
ようやく少しとれるようになった。Kさんの新しいカメラはとても良く撮れる。
畑に白菜のとり残しがあるのをOさん、Sさんが取って人数分抱えて皆に「持って行け」という。重たいけど仕方なく1個持つ。Hさんは3つも持たされていた。
d0102497_204183.jpg

d0102497_2044139.jpg

赤岳の頂上の明かりが良く見えた。
帰りは塀を超えなくていいように大きな道を歩いたがかなりの遠回りになった。
でも面白い朝の散策だった。これだけで1万歩位。
帰ってから朝食。これもおいしい。歩いた後だしね。御土産を買って8時に出発。
コンビニでお昼の食事を買い、びっくり市で野菜などを物色し赤岳の見えるところで写真タイム。
バスに乗り、10時ごろ「八千穂高原」に着く
しばらく歩いて飛龍の滝に着く
d0102497_20104348.jpg

こうして自然の中を歩けるうちが花・・どうかこの良き時よ止まってほしい。
オオカメノキ(ムスカリ)の赤い実がきれいだった。
d0102497_2018880.jpg

遊亀湖に着きその近くで食事。柳の木におもしろい草が育っていた。「サルオガセ」というそうだ。
d0102497_2022122.jpg

バスにのって最後の訪問地松原湖に行く。記念撮影。
その後湖の周りを歩くが途中で引き返す。それにしても良い天気で湖がきれいだった。
バス乗り、立川には5時過ぎに到着。ここでレタスとキャベツのお土産が配られた。
今回はトマト、白菜、レタス、キャベツとお土産いっぱい。お疲れ様。
[PR]
by kuwanobu44 | 2012-10-16 19:46


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧