つれづれ旅日記



<   2012年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧


クリストフ・バラーティー バイオリン演奏会  5月12日

武蔵野市民ホールで2時からバイオリンの演奏会があるので主人と二人で出かける。
今回の演奏者バラーティーはハンガリー人でコンクールでも認められた人みたい。バッハの無伴奏をするので楽しみに出かけた。 この武蔵野市民ホールはいつもクラシックは素晴らしいのが安い料金で聞くことができて主人は会員になっている。 私は1500円だが会員は1350円で聞ける。
曲は

・バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第一番 ト短調BWV1001
・バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第二番 イ短調BWV10
休憩を挟んで
Lドゥブロヴァイ:ヴァイオリンのためのソロ 第一番
これはハンガリーの現代の作曲家の曲。

バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第三番 ハ長調 BWV1005

弓使いもも流れるように自然で音もよかった。
2010年第6回パガニーニモクスワ国際ヴァイオリンコンクールで第一位というのも
うなづける。
3時40分に終わりバスで吉祥寺へ。福島のおばあちゃんのショールを3買う。
白寿のお祝いの時に使うもの。
また西大井の母にお菓子などを買う。
 
[PR]
by kuwanobu44 | 2012-05-15 23:08

ふたたび薬草園 5月8日

5月の薬草園は楽しい。まず日本ではここでしか見られない「ケシ」が見られる。
作ってはいけないアヘンの材料となるケシをここで作っているから。毎年作って素晴らしい「一貫主」という種を保存しているという。 今回は大学の時の研究室の先生と友達4人で来た。
昨年は玉川上水を歩いてここまで来たが時間が足りなくて終わったので今回は薬草園が主体。
d0102497_2321442.jpg

d0102497_2324865.jpg

d0102497_23311100.jpg

皆さん、初めてここに来たそうで大変喜んでくれた。ベンチの所で一休み。ここでKSNCのSさんに会いました。涼しい風が心地よい。
Fさんがパンフレットを見つけて皆に配ってくれた。薬草園はボランティアが多く運営にも関わっていると聞いたが、年々整備が進んでいるみたい。 毒草も沢山ありますね。
そして裏の林の所で「ハナイカダ」を見ました。29日はまだ花のようだったのにもう実が見えました。
d0102497_2385165.jpg

その後、歩いて8分くらいにある森田オープンガーデンの「そばの松根」に行きました。休日でないので待っても20分位かなと思って。しかししかし、すごい人でした。 この森田ガーデンがテレビに出たそうで東京以外から茨城などから車で来ているのです。天気も良かったしね。でも外のテーブルで4名座れたのが幸い。ハーブティーを飲みながら待つこと1時間。これが本当の「まつね~」でした。カモミールにふさわしい器でした。
d0102497_23143724.jpg

帰り道 先生は体の調子を崩されていたのでタクシーを呼ぼうかと思いましたが「大丈夫ですよ」との事でまた歩いて薬草園にもどり、一番に展示室の「青いけし」を見ました。でも今回はピンクのケシもありました。
d0102497_231727100.jpg

外の柵の中のケシ・・・これが今日のメインです。皆花の大きさに感心。
d0102497_23193520.jpg

アーモンドの木ももう実を付けていたし、「ヒトツバタゴ」は29日にはまだ咲いていなかったのが
満開でした。
d0102497_23214497.jpg

d0102497_23235436.jpg

草星舎のそばのベンチ、テーブルでまた一休みしていろいろお話。友達(横浜から)はブルーベリの苗2鉢を買い、もう一人の友達(市川から)は石楠花、クリンソウ、青いケシ(1500円)の苗を買いました。4時半で閉園で東大和から国分寺に出て解散。お疲れ様。
[PR]
by kuwanobu44 | 2012-05-10 23:27

薬草園  5月8日

10時半国分寺集合で大学の時の研究室の先生と仲間の計4人で薬草園に行く
[PR]
by kuwanobu44 | 2012-05-10 22:44

薬用植物園  4月29日

娘たちが来る予定だったが1歳半の孫が熱を出したのでとりやめ。それで天気も良いので自転車で薬草園に行くことにした。九右衛門橋のそばにオープンガーデンの柴山邸があるはずで探したがわからなかった。まずは薬草園に行く。入ったらすぐに赤い牡丹の花が目に入る。
d0102497_2375311.jpg
d0102497_238188.jpg
d0102497_2383820.jpg
d0102497_2385528.jpg

d0102497_18111691.jpg

d0102497_18114085.jpg
d0102497_18142818.jpg

d0102497_18145564.jpg

d0102497_18152687.jpg

「カクレミノ」という木があり、すごい凸凹。花を今度は見てみたい。
d0102497_1817488.jpg

d0102497_18181646.jpg

d0102497_18184164.jpg

d0102497_18202528.jpg

d0102497_1819619.jpg

この筍を見ながらおじさんとしゃべった。田舎から筍が送られてきて
おいしいという。こちらは福島からだから今年も来年も来ない。

 
[PR]
by kuwanobu44 | 2012-05-04 23:09

増冨温泉  4月24日~26日

24日
友達3人で増冨温泉に行く。
私の「脊柱管狭窄症」のため、友達はリュウマチのためもう一人は元気だが一度増冨に行きたかった人。 9時半ごろ立川駅に集合。高尾から松本行に乗って鈍行で韮崎に行く。新小平から韮崎だと往復でジパングは聞かないが新府までの往復だとジパングが効くのでそうした。往復で3000円ほど。
12時半ごろ韮崎に着き、バス亭でおにぎりを食べ、12時50分のバスで2時ごろ増富温泉に着いた。不老閣にチェックイン。
d0102497_14362957.jpg

私は何度も来ているが友達は初めてなのでホテルの女将から「温泉の入り方」を教えてもらう。 部屋でゆっくりして4時から入浴。
長寿の湯で食事前に入る。暑い風呂に5分、源泉のぬるい風呂に10分の繰り返し。
食事は食堂で・・これは今回はなかなか良かった。 9時からまた入り10時過ぎには布団に入る。
いつもより早い就寝。
25日
朝7時過ぎに起きて8時から食事。 その後,歩いて5分くらいの山の洞窟風呂に行く。私は19度の風呂に入ったが他の二人は「冷たいのは無理」と入らなかった。
d0102497_14355043.jpg

その後不老の湯に入り、部屋でゆっくりして11時にチェックアウト。11700円。
以前はもっと安かったがここの宿は高くなり、それで予約も取りやすくなった。以前は6か月位先でないと取れなかったが。 
そして今日の宿金泉閣に荷物を預けて日帰り入浴のため佼成寮に行く。歩くと15分だが足が痛い友達のためにバスがちょうどあったのでバスに乗る。
ここのお風呂はあまり大きくなく沸かし湯はないが温度が38度と高めで入りやすい。
そして入浴後は部屋を一つもらってざるそば400円を食べゆっくりしたひと時を過ごす。
また宿泊もできるので2階の部屋を見せてもらった。広~い。10畳はあるかな。立派なトイレもついていて1泊6650円は本当に安い。私は一人で療養に来るときはここにしよう。
帰りはゆっくり歩いて戻る。桜や道端の花がきれい。増冨は高度が1000m位なので今桜が満開。
つくしがたくさん・・・都会ではみられないなあ。
d0102497_14512448.jpg

金泉閣にチェックイン、コーヒーを飲む。
d0102497_15103035.jpg

夕食前に長寿の湯に入る。脱衣所からの谷川の景色が良い。 若い子でやはり何回も増富に来ている人がいた。渋谷からだという。食事は部屋で・・・前回よりも今回の食事は良くなかった、皿数は多いが天ぷらも冷めているし・・・おいしくなかった。(部屋食)でも自分で作るよりはいいけどね。
テレビを一緒に見てまた9時ごろ寝る前に風呂に入る。そして布団の中で友達が韓国で買ったパックを指導してくれ、お互い真っ白な顔をみて笑い転げた。かくて元気に就寝。
26日 小雨
朝食の後お風呂はパスして部屋でゆっくり。10時半にチェックアウト。8550円。荷物はそのまま預けて「ますとみの湯」に行く。入浴料700円だが金泉閣で割引き券をもらって500円。
今日は雨のせいかそれほど混んではいなかった。ここではおばあさんが初めて来たという。横浜からだがリュウマチというか指が痛くて大月の所の知り合いの所に泊まって今日はそこの人の車で来たという。その大月の人はすごく若い、でも聞いたら60歳だという。マスクアートをしているそうだ。そして親戚ではなく石和温泉で知り合ったという。温泉は裸の付き合いだから他人でもすぐに友達になれるのね。
12時から食堂で増冨ご膳750円を注文。増冨の湯でバスの時刻表を聞いたら1時13分だという。
私は1時31分と勘違いしていたので、あわてて1時に金泉閣から荷物を取ってきて(金泉閣の人が荷物を運ぶのを手伝ってくれた、有難う)何とかバス13分に間に合って来た時と同じハイジの村経由。2時20分に韮崎の駅に着く。
帰りも鈍行で・・・これだけお風呂に入ったから家では2週間は入らなくていいね・・などと言いながら。女性にとってはお風呂もだけれど食事つくりから解放されるのがうれしいのですね。
私は西国分寺で、友達は国分寺で下りる。お疲れ様でした。
[PR]
by kuwanobu44 | 2012-05-04 13:00

今熊神社 小峰公園  4月17日

今日はパソコンのJtrimを楽しむ会のハイキング。拝島から武蔵五日市の10時半到着。19名参加。
10時50分のバスで今熊神社登山口まで。そこから歩きはじめ。いや~ミツバツツジがきれい!
桜も花桃も・・・天気が危ぶまれたが今の所は降らずにますは良かった。
d0102497_1262115.jpg

d0102497_1265099.jpg

こんなにミツバツツジが見事に咲いているのをみたのは初めて・・・感激!
少し高いところに登ったので良く見える。
d0102497_1210281.jpg

d0102497_12232250.jpg

トンネルの中を通って(今熊山を超えていくルートもあるが今日は天候が怪しいのでトンネルの中を通ることに) そのトンネルを出てしばらくしたら工業団地があり、そのそばが目指す小峰公園でした。
d0102497_12264020.jpg
 
d0102497_12273233.jpg

広場には小学生がたくさん遠足で来ていました。(小学4年生だとか)我々も芝生で円陣をつくりランチタイム。まあ、たくさんの人がいろいろ差し入れで ご馳走様でした。食後のコーヒーは最高!
楽しい昼食タイムが終わったころ、ムムッ!雨が・・・傘をさして湿原まで見に行きました。
d0102497_1232074.jpg

全員で写真撮影。このころは雨も止んでラッキー。
たぶん今年最後のお花見だと思うけど素晴らしい景色の中で写真が撮れました。
八坂神社もお参りして・・・ここの注連縄はビニール製でびっくり。色も鮮やかな黄緑。
d0102497_12335092.jpg

雨にもあわず武蔵五日市まで歩きました。 大きな橋をこえたあたりで今日行った小峰公園が
見えました。電車で拝島まで行きここで解散。 東大和で10数名が参加して2次会。
楽しい一日でした・。

 
[PR]
by kuwanobu44 | 2012-05-04 12:35

ホームで花見 4月15日

新小平の吉兆庵で桜の和菓子とミニ抹茶菓子を買って母のホームに2時半に行く。友達のOさんも丁度着いたところ。よかった。和菓子を食べハイビスカスのお茶に文化堂で買ってきた蜂蜜を入れて飲む。今日は穏やかな天気なのでホームの近くの桜などお花見に行く。ホームの玄関のそばのしだれ桜がきれい。
d0102497_2271220.jpg
d0102497_2272831.jpg
d0102497_2274656.jpg
d0102497_2283395.jpg
d0102497_2285360.jpg
d0102497_22986.jpg

駅のそばの花壇にかわいい猫の置物があった。水色の花がきれいだった。
母は「花がきれい」と喜んでくれた。私たちに「寒くない?」と聞くので大丈夫だけどお母さんは寒いの?と聞いたら「いや大丈夫」という。西大井駅のそばの公園に行く。そこのベンチで男の人が食事をしていたので「おいしそうですね」と声を掛けたら、「蒲公英の茎も椿のハナビラも食べられるよ」といろいろ教えてくれた。そしてその辺で草を取って「これもおいしいんだよ」とくれた。
ホームに帰ってその写真を撮る。 椿の花と野草 
d0102497_22123930.jpg

Oさんが持ってきてくれたロールケーキを切って食べる。柔らかくておいしい。
それから日本茶にして和菓子を一ずつ食べる。母の髪の毛をカットする。
前から「もっと短く切って」と頼まれていたので・・・
施設の佐藤さんが新しい介護の人(23歳)を紹介に部屋に来た。長続きしてくれたらうれしいけど。 5時半に母を食堂に送って帰る。
[PR]
by kuwanobu44 | 2012-05-03 22:09

靖国神社 花見  4月10日

天気も良し、友達と九段下の北の丸公園に行く。 武道館で大学の入学式をやっていた。友達も子供がここで入学式をしたそうで懐かしい・・と言った。
d0102497_21482765.jpg

d0102497_2149113.jpg

月日は早い事。その娘がお互い母親になっているのだから・・・桜は丁度満開でこれから散り始めというところかな。
でも今日はすごい人。花より人の方が多い。
近代美術館で織物の人間国宝の展覧会があり、友達が入場券2枚を持っていたので入る。
煉瓦の趣のある建物
d0102497_21521052.jpg

なかなか良かった。 今開催されていたのは人間国宝の織物の北村武資氏
d0102497_21502624.jpg

約1時間くらい、見学。どの作品も見ごたえがあった。日本人は本当に職人の仕事がすごい。
今日は九段下の「グランドパレスホテル」の昼食を予定していたが予約が満員。この人ではね。
それでめぼしいフランス料理に電話をしたがつながらない。それでお茶を買って芝生で一休み。
広い芝生の所はあまり混んでいないでおしゃべりができた。 
d0102497_2154964.jpg

そして、千鳥ヶ淵へ・・・ここもすごい人
d0102497_21553031.jpg

靖国神社の方に歩いていたら「インド大使館フェア~」をやっていた。インドのスカーフが1000円で売られていた。そこにレストランの矢印があったので行ったらビルの地下。隣の中華も並んでいた。それで地下のインド料理店に行って並ぶ。10分位並んだら「相席でもいいですか?」と言われOKしたら座れた。4人席で若い(?)カップル。お邪魔しました。カレーは3種付でサラダ、ナン、ミニご飯付きで990円。いろいろしゃべっていたらやっと注文のカレーが来た。お腹がすいていたのでカレーはからかったが全部完食。食後にチャイを注文。そして靖国神社に行く。
靖国神社も人が多い。今が桜の真っ盛りだからね。
d0102497_2158620.jpg

今回新しく見た木は「もちの木」ここの気は海軍だとか陸軍の人たちがが献木しているのが多い。
d0102497_21595355.jpg

4時過ぎに九段下からまた電車で・・私は三鷹で下り、武蔵野市民ホールでのコンサート
レイ・チェンのバイオリンを聞きに行く。
人が多かったけどたくさんの桜を満喫できました。
[PR]
by kuwanobu44 | 2012-05-03 21:41

ICUでお花見  4月8日

知り合いのピアノ発表会が三鷹市芸術文化センターであった。3時ごろには終わったので地図をみたらそこからICUの大学まで歩けそうな感じ。それでお花見に行くことにした。
でも人に聞くとかなり距離がありそうだし、私はいま「脊柱管狭窄症」だし。タクシーが来たので乗った。でも乗って良かった。かなり遠かった。
ICUには以前も(3,4年前かな)花見に来たことがある。
その頃はあまりうるさい事もなく自由に出入りできたが今は土曜、日曜以外は一般の人は入れなくなっていた。事件が起こるたびに管理がやかましくなり自由が減るようだ。
でも桜はきれいだった。
d0102497_23321066.jpg
d0102497_2333133.jpg
d0102497_23332552.jpg
d0102497_23343172.jpg

バスで吉祥寺にでて西国分寺の「ボンマリ」の和食を食べて帰る。
隣にボンマリアージュというフランス料理もあるがこの節はやはり和食の方が体に優しいので。
[PR]
by kuwanobu44 | 2012-05-02 22:59

「非結核性抗酸菌症」という病気 

三味線の友達が2年ほど前からこの病気になり、府中病院で治療をしてもらっていたが6月に手術をすると聞いた。それでこの病気の事をインターネットで調べてみた。

★10年ほど前には10万人に一人か二人だったのが今は10万人に6人から7人に増えてきている事。
★中高年の女性が多くかかるのはその中のマック型と言われるもの。
★良い治療法がまだ見つかっていないという事。
★進行は比較的ゆっくりで20年治療している例もあること
★女性で痩せている人がなりやすい事。
 友達は38kgである。少し体重を分けてあげたい。

まあ、私は痩せていないのでこの病気にかかることはないかもしれない。
そしてこの菌はそこらへんにある菌で抵抗力の落ちた人がかかるそうだ。

それで、今はインターネットでいろいろ検索できるのでこの病気を一番多く扱っている病院を調べた。 多い順には         治療例  手術
一位 聖霊三方原病院(静岡)     64
二位 結核予防会複十字病院(東京)  53    13  
三位 慶應義塾大学病院(東京)    37
と以下続くが複十字病院以外は手術がない。
それで、複十字病院か慶応病院に行きセカンドオピニオンを聞くようにアドバイスをした。
それでご夫婦で清瀬の複十字病院に聞きに行ったそうだ。
そうしたら「手術を受けたら外を出歩くようなことはできなくなりますよ」と言われたそうで
手術を受けるのをやめたという。

この節は医者の言いなりも怖い。
医者も確かに大変だと思う。新しい病気が増えているし。
まだ治療法もないので思い切って手術を考えたのだあろうが・・
38kgで手術したらもっと体重が減って抵抗力もなくなるだろうし・・・

でも薬で少しでもしのいでいたら、これから結核に特効薬ができたようにこの病気にも
良い薬が見つかるかもしれない。
見つかることを期待している。
[PR]
by kuwanobu44 | 2012-05-02 22:51


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧