つれづれ旅日記



<   2011年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧


MRI検査   11月20日

14日に歩きに行ってから足が痛い。14日はそれほど疲れもしなかったし、2万歩くらい今までも歩いていたが・・・それで2度ほど花小金井の鍼に行った。腰が痛かった時や、捻挫で膝が痛かった時に効果があったので・・・
今回は2度鍼をやってもまったく効果がないし、なにか違う。そのことを医者に行ったら「一度立川のメディカルスキャニングに行ってMRIを取ってくるように」と紹介状を書いてもらった。
日曜日もやっているというので20日に予約して出かけた。
南口のワシントンホテルの1階。12時10分受付。説明を受ける。 
造影剤は使わないというので一安心。そしてロッカーで着替えて(下着も金属のホックがついているもは外す)施設特製の検査儀を着たがこれが使い捨ての紙製品。クリーニング代もかからないしね。時代と共に変化があること。
そしてMRIの部屋に。始める前にピンクの耳栓をもらった。MRIは音がうるさいので・・・
d0102497_16154784.jpg

磁場は相当強く1000ガウス以上。だから磁気を帯びているカードはロッカーにしまう。
そしてベッドに横たわり、狭いところに入って・・・耳栓をしているから音も気にならずうとうとと寝てしまった。約30分位で終了。耳栓は持ち帰って良いとか。
支払いは8700円だった。この結果を花小金井の医院に郵送されるそうだ。

そして結果が届いているというので25日に行き結果を知った。
「脊椎管狭窄症」
はっきり狭くなっているのが見えた。
やはり年を取るといろいろ出てくるのだ。当分は血流を良くする薬を飲むことに・・やれやれ。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-11-28 16:21

日向薬師と七沢森林公園  11月14日

立川駅集合だが我々は9時に伊勢原に行く予定が早めで8時20分着. 当番Iさん、Tさん。
駅前のドトールコーヒーで一休み。200円×2
9時5分の電車で皆さん到着。 9時15分のバスで日向薬師まで。270円。
参加者21名、体操をして会長挨拶。10時ごろ歩き出す
初めに日向薬師に行く階段が急。ここが一番の難所だと当番さんが言う。
本当に急だ。山門の向こうも趣が・・・
d0102497_2112292.jpg

日本三大薬師は高知県の柴折薬師、新潟県の米山薬師とここの日向薬師。
ここの住職の奥さんがいろいろ説明をしてくれた。明治は廃仏毀釈で大変だったようだ。
d0102497_21134550.jpg

716年行基が開山。 右の鐘楼は1340年のもの。国の重要文化財。たくさんの仏もあるが今350年ぶりの大改修。 改修が終わるのは5年後。武相四大薬師は峰の薬師(相模原市)高尾山薬王院、新井薬師とここ日向薬師。昔は医療も進んでいなかったから病気になったら薬師にお参りしたのだろう。そこから七沢森林公園を目指す
d0102497_21175857.jpg

d0102497_21183384.jpg

d0102497_21194419.jpg

しばらく行くと展望台にに出た。 茶色の建物は「七沢病院」でリハビリで有名。Iさんが
これから行く森林公園を指さして教えてくれた。かなり遠くに感じる。
d0102497_21204972.jpg

「森のかけはし」が見えてきて、もうすぐだ。約1時間歩いて、森林公園の広場に着く。ここでお弁当時間。1時まで・・・見晴が良い。
d0102497_21233827.jpg

1時からまた歩き始める。しばらくして展望台があり、集合写真を撮る。
d0102497_212876.jpg

またしばらく歩きとても広いところに出た、ながめの丘という。
d0102497_2131455.jpg

ここでしばし休憩。大きな「エンコウカエデ」の木があった。
少し休んでからバス停まで歩く。途中、「玉ねぎ石」があり、会長は早くも以前から眼を付けて
良い写真を撮っていた。この石はあまりよく撮れていないが、参考に・・
玉ねぎ石は東丹沢などでよくみられる石で一種の石の風化現象。「ボタン岩」などということもある。
d0102497_21332063.jpg

七沢温泉のバス亭に2時10分に着き、嶋下さんが季節外れの「ホトケノザ」が咲いているのを持っていた。2時17分のバスで本厚木まで。途中七沢病院で車いすの人が乗ったので時間がかかりバスは50分位かかった。
登戸まで行くのに小田急で新百合ヶ丘で乗り換えたほうが早いというので乗り換えたら登戸を止まらない「快速急行」だった。いやはや。急行より快速急行の方が早いとは知らなかった。
お疲れ様
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-11-25 21:19

精米機   11月10日

ビックカメラで注文しておいた精米機が来た。
象印の「BT-AE06」型。本格的で圧力式でお米屋さんのような精米が簡単にできる・・というもの。メーカー希望は5万円だがそれよりは安い。
d0102497_20561220.jpg

まず取扱い説明書を読んで(これがパソコンや携帯よりは簡単)電源を入れ新潟の玄米を白米精米にしてみる。
簡単にできるが音が結構大きい。それと2合から5合までしかできない。
まあ、一回に2合か3合しか炊かないからいいか。
副産物として糠ができるがそれは12月初めのたくあん漬けで使えるし余ったら庭に埋めたら肥料になるかな。
始めは面白くて精米を楽しんでいたが、5,6回やったら「フィルターが詰まったので掃除をしてください」という事になった。あっちゃ・・・私には向いていないかも。
精米したてのご飯を炊いて食べたがやはりおいしい。でもこの頃のご飯はどれもおいしいので
期待したほどでもないかな。

玄米だと長く保存できる・・・というのがもし地震とかでお米が手に入らなくても玄米を持っておけば・・・となったのだが、停電だと精米も・・・。やはり地震や停電がないことを祈るしかない。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-11-25 21:03

西潟昭子 「古典の会」 11月8日

10月に中彩香能さんの第一回のコンサートを見た時に今日の「古典の会」のちらしをもらった。
火曜日の夜は空いているので三味線の友達と行くことに・・・
西国分寺で5時に待ち合わせ。一緒に中野→九段下→水天宮駅まで。コンビニでおにぎりとお茶を買い、今日の開場「日本橋会館」へ6時20分に着く。6時半開場でチケット2500円を払って入る。
今日の出し物は
1 岡安砧
三弦 西潟昭子 吉原佐知子
     箏  橋本芳子

2 那須野
     箏 設楽千聡代 三弦 西潟昭子

3 お話「山田流再発見」 お話 茂手木潔子

4 「松風」
     箏  橋本芳子 中香里
     三弦 西潟昭子
     尺八 青木彰時

7時から開演

   三味線の西潟昭子はもちろん良いが 設楽さんの歌は伸びがあってとても良い
   力みがないし、声が良く通る。

茂手木さんが解説した砧の事も葛飾北斎の絵の中に「砧うち」があることなど面白かった。
生活に砧が入り込んでいた音なのだ。布を砧という棒で打って柔らかくしていたようだ。
d0102497_20434460.jpg

実物の砧を持ってきて見せてくれた。

最後の松風は息がぴったり合っていたし、今ちょうど練習しているので聞きごたえがあった。
今回は 中さんは三味線でなくお琴で出演。
今日の会はやはり聞いてよかった。前の方に若い男性が来ていたが「今日は良かったな、お金さえあれば聞きたい会はいっぱいあるんだけれど・・・と言っていた。
9時ごろ終わり帰る。



最後の
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-11-20 22:55

新花巻クラス会  11月5日~6日

今年のクラス会の幹事さんは東京の人2名だが、東北を応援しようと、クラス会を新花巻の大沢温泉に決めた。クラスメートは5日の朝の早い新幹線で平泉の中尊寺などを回ってホテルに行く予定。
私は福島に1泊したので夕方5時のお迎えのバスでホテルに行った。
全員集合していた。大沢温泉は大きなホテルが一件だけ「山水閣」といい、まあ、広い事。
温泉だけでも7つあるそうだ。部屋も15畳ありそこに5人だった。
まず夕食前に近くのお風呂「豊沢の湯」に入る。
d0102497_231194.jpg

そして3階の宴会場で食事。コラーゲンの鍋があったりで女性が喜ぶ中身だった。年配の女将が出てきて挨拶とこの山水閣特製の日本酒をサービスしてくれた、おいしかったのでお土産に買う人もいた。 近況報告などをして、9時過ぎに終わり、記念撮影して各部屋に行き、また夜寝る前に今度は別なお風呂に入って寝る。7つもあるけど全部は無理。
d0102497_23144357.jpg

6日は朝7時に朝食、そして7時45分に9人乗りのタクシーで新花巻駅まで。
そこで仙台を見てから帰る人や、鳴子峡のもみじを見て帰る人に別れる。
私は6人と一緒に鳴子峡に・・・古川で鳴子温泉行に乗り換えるが乗り継ぎが悪く、50分も待つ
それもシーズンなので「リゾートみのり」があったからでもしこれがなかったら2時間も待たないといけない。やはり日頃交通に対しては有難いところに住んでいると感謝。
リゾートみのりは3両で全指定。乗り心地も良かった。11時ごろ、鳴子温泉に着く。
荷物をコインロッカーに預けてタクシーでまず鳴子峡に。例の橋が見えたが雨・・・
d0102497_13141764.jpg

そして遊歩道がいろいろあるが今回は一つだけが歩くのが可能。それを50分かけて写真を撮りながら歩く。幸い雨は小降りで写真も取れた。
d0102497_13161989.jpg

d0102497_1317681.jpg
d0102497_1318419.jpg
d0102497_13185961.jpg

友達が珍しいキノコを見つけた。私ははじめて見たが友達の家の近くにあるそうだ。
「ツチグリ」というキノコ。
また元の鳴子峡の所に戻り、軽くそばを食べ、バスで「なるここけし館」まで行く。
実演などをやっていた。孫に駒とお雛様のこけしを買う。
大きなこけしの前で記念撮影
d0102497_13262392.jpg

バスで温泉駅に戻ろうとしたがバスはあと2時間後。それでまたタクシーで駅に戻る。
駅近くに日帰り入浴ができて畳で休めるところ・・を聞いたら「早稲田の桟敷湯」があるという
入りたい人でそこに入る。早稲田の学生さんが掘った温泉だという。
約一時間そこで過ごして駅で集合し、16時の電車で仙台→大宮で帰る。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-11-16 19:53

福島へ・・11月4日~5日

いつもだと毎年5月の練習か8月の夏休みに主人の実家に行くが今年は原発の事故などがあり全員が福島で集まるのは小さな子供もいるので、新潟で集まった。それで私は震災後初めて福島に行った。
主人は2回ほどすでに行っているが・・・弟が放射能を測る数量計を持っていて庭、部屋の中などをこまめに測っていた。外はだいたい0.7マイクロシーベルト、家の中は0,4マイクロシーベルトくらいだった。でも測るたびにいろいろ変化する。部屋の中を測って「あれ、今までで一番少ない値がでたぞ、二人が来て放射能を吸ってくれたんじゃないか・・・」と冗談を言った。
私は庭に出て花の写真を撮る。
d0102497_19315999.jpg

菊、コスモス、シュウメイギク、チェリーセイジなどがあったが一番びっくりしたのは裏庭の「ホトトギス」こんなにたくさんのホトトギスを見たのは初めて。
そして、シイタケの栽培のところを写す。
d0102497_1937142.jpg

ここではどんこの素晴らしいシイタケができていたが放射能の値が大きいので全部捨てたそうだ。
別に売っていたわけではないが、自分の所や親戚に配っていたのに・・・
失ったものは大きい。
季節外れのバラがきれいだった。
d0102497_1939895.jpg

5日は「四季の里」で8名が集まりお昼を一緒に。
埼玉の加須高校に避難していたとき会った従姉妹やその両親の叔父さん、叔母さんにも久しぶりに会う。お二人とも90歳以上だがお元気で95歳の叔父さんは毎日散歩してデニーズまで行き、そこでコーヒーを飲んで帰るそうだ。 お店の人もわかっていて何も言わなくてもさっとコーヒーを出してくれるそうだ。
食後、近くのイチョウ並木を見る。
d0102497_19423065.jpg

弟が「イチョウの葉っぱが割れているのはズボンで、割れていないのはスカート。そしてズボンを履いているのがオスのイチョウでスカートをはいているのがメスのイチョウ・・・と教えてくれた。
私は初めて知った。ここのイチョウ並木は9:1くらいでメスが多いとの事。
d0102497_1945972.jpg

これは実がなっているメスのイチョウ。確かに葉が割れていない。
その後いつもおじさんが行くというデニーズに行ってお茶を飲み、私は今日新花巻でクラス会があるので福島駅まで送ってもらい、新幹線で新花巻へ。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-11-16 19:42

母のホームにお客様  11月3日

毎年、秋には母のホームに昔の生徒さんが来てくださる。今年も来てくださった。Hさんを始め84歳の方が5名。 私が準備のためにホームに行くと母は今日着る服をすでに着て待っていた。
d0102497_1523567.jpg

5人のお客様だと準備も大変。部屋にホームから椅子を3つ借りてきたり、スリッパは前に持ってきていたからいいけど、お茶わんや菓子皿、茶たくも足りないので家から持ってきた。
お友達のOさんに手伝ってもらってきてもらう。12時ごろ一緒にお弁当を食べてお茶わんを洗ったり準備。
2時に皆さん、大井町からタクシーで到着。昨年はこのホームは「元〇〇小学校」と教えたら
学校の校門の前で下されて、半周廻ってホームに来るのが大変だったので,今回はちゃんとホームの入口まで行ってもらうように伝えた。無事に5人が到着。 母は名前は出てこないが、皆さんと握手して嬉しそう!。84歳で未亡人の人が多い。もしくはご主人と二人きり。 でも一人で皆さん元気に外出できるのだ。それから和菓子と日本茶、洋ナシ、梨、柿などの果物、紅茶とバウムクーヘン、皆さんから母へ一口で食べられるプチケーチを頂いた。101歳のお祝い(数え)と書いてあった。
今日は11月3日で明治節で(昔は)皆さんは学校で習ったという「明治節の歌」を歌ってくれた。
にぎやかで楽しいお茶のひと時でした。
d0102497_19234065.jpg

4時過ぎに皆さんをバス亭まで(二人)西大井の駅まで(3人)送りに行って、部屋を片付けて
帰る。心地よい疲れ。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-11-16 15:28

赤坂迎賓館と明治絵画館  11月1日

10時に四谷集合。VANの会11月例会 参加は6名。
歩いて5,6分で迎賓館に着く。中年がぞろぞろ並んでいた。皆暇だ。並んで荷物検査や身分証を見られた。かなりチェックは厳しい。バッチを胸の所に着けるように渡されたが菊の紋章ではなく桐の紋のバッチ。なせか・・・天皇は菊だが皇太子の時は桐だそうだ。この赤坂離宮は大正天皇の皇太子の時代に造られたので桐だそうだ。ふーん知らなかった。そして中へ。
1909年に建てられ一時は図書館などになっていたが昭和43年から改修工事を始め
昭和49年に迎賓館として使用され始めた。 国賓待遇の人が来たら泊まるところ。
まず初めは「彩鸞の間」 いや~ヴェルサイユそっくり。写真は撮れないがインターネットからもらう。  一番狭い部屋で謁見やインタビューを行うそうだ。鸞と言うのは架空の鳥だが鳳凰に次ぐくらいの鳥だそうだ。だから天皇に次ぐ位の皇太子のためだからこの鳥がこの部屋にはいろいろあしらわれている。30羽全部であるという。
d0102497_23165748.jpg

花鳥の間は一番広くここで各国のお客さんの晩さん会を行う。壁にたくさんの七宝焼きがかかっているが壁は板なのでやや日本的。
シャンデリアはフランスのバカラ社に注文して作らせたもの。全部で500万円で割に安かったとボランティアの人は行ったけど当時の価格からして高いか安いかはまったくわからない。
次が「朝日の間」 天井にも壁にも軍に関係するものがあり、日清戦争などで上る勢いの
軍を誇示する様子が垣間見られる。国旗をデザインしたのも天井にあった。
Nさんの友達(元東大教授) がボランティアとして説明していたそうだ。
朝日の間では「金華山織」(京都の織物)が有名だそうで、一日に7cmしか織ることができないそうだ。 羽衣の部屋の天井の模様が痛んで縦にしまが出ていた。初めに天井に絵をかくときは下で書いたのを上に上げるそうだが手直しするときは高い位置でそのまま書くので修理は大変だという。
d0102497_23184659.jpg

正面玄関から上がってくる階段の所は大理石の柱がすごい。関東大震災でも今回の地震でもびくともしなかったそうだ。 外に出て空気を吸う。噴水がきれい。
d0102497_2320818.jpg

d0102497_23214848.jpg

そして今日の昼食どころに行く。木々が大きい、散策に良い道 ユリノキがとても多かった。
レストラン「カフェスペーラ」平日なのに混んでいた。
d0102497_23243361.jpg

右はカフェの所に咲いていた花。赤くてきれいだがなんだろう?・・・
食事はバイキングで12時半から1時半までの1時間。味はおいしかったし種類も豊富。 女性1260円、男性1470円もうれしい。コーヒーも飲んでゆっくりし、外に出る。そして歩いて絵画館まで・・・
途中、御観兵の榎などを見る。元青山練兵場だったので明治天皇が露戦役凱旋観兵式などに臨席したのはこの榎のそばだったという。 イチョウの先端がこんなにとがっているとは・・・
d0102497_23283158.jpg

そしてようやく明治絵画館へ・・正式には「聖徳記念絵画館」で明治天皇の業績を讃えるために
大正8年に起工し対象15年竣工。公募150点余りの中から小林正紹氏の原図を基に明治神宮造営局において修正したそうだ。こんな建物があるなんて知らなかった。すごく天井が高い。ドームの高さ32m東西の長さは100m位。
d0102497_2329572.jpg

入場券は500円だが名前が施設維持協力金となっていた。中に入ってびっくり、本当に天井が高い。
d0102497_23318100.jpg

大正時代にこんな大きな建物を作ることができたのだ・・・
デザインもすっきりしていて迎賓館よりこちらの方が好きだ。
中の絵などは撮影できないがインターネットから・・・
d0102497_233461.jpg

全部で80枚の大きな絵。さすがにくたびれた・・・ここにハンモックがあったらなあ~
激動の明治・・と言うが17歳で天皇になり日本中をあちこち馬で移動。今のように電車や車でないので本当に大変だっただろう。愛馬(金華山号)がはく製になって飾られていた。歴史が少し身近に感じた。
外に出て解散。信濃町から立川に出て「精米機」などいろいろ買い物をして帰る。







 
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-11-12 23:18

二子玉川散策  10月29日

11時に二子玉川で友達と待ち合わせ、本当はねこたま園に行く予定がここは2006年につぶれたそうで、街歩きをした。マンションばかりで面白くない。豪邸もないし・・・でも歩いていたら馬が2頭いて、実にかわいい。キャベツを一枚ずつたべさせたりして写真を撮る。でも狭いのと逆光でうまくとれない。大きい馬でもサラブレッドより小さいし小さい方は大人で10歳でも大きい方の半分くらいしかない。大きいのがメスで小さい方がオスだとか。オスの方が優しいと言っていた。東京組という建設会社の社長が買っているそうだ。東京乗馬倶楽部と名前はかっこいいがこの2頭だけで、運動のために天気の良い日はここに車で連れてくるそうだ。
d0102497_22591821.jpg

d0102497_22595930.jpg

しばらく馬と遊んでから近くに「岡本民家園」があるというので行く。歩いて10分で着いた。
d0102497_235784.jpg

d0102497_2354522.jpg

民家園の水屋、懐かしい。 丁度いろりでテレビの撮影をしていました。
瀬田にあった民家の長崎家をここにうつしたそうで、世田谷区の重要文化財第一号だそうです。
民家園を後にして二子玉川駅まで戻るとき、川沿いに歩いて行きました。
d0102497_2310256.jpg

d0102497_23105784.jpg

季節は秋ですね。ススキはいかにも秋だし、 クサキの実がきれいでした。
二子玉川駅に戻り食事をして母のホームに行った。11月3日のためにどのよう服が良いかファッションショー。5時半に母を食堂に送って帰る。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-11-12 23:07

加治丘陵散策  10月27日

立川自然観察の10月例会で仏子駅で9時15分に集合。皆さんは立川に8時集合だったけど我々は鷹の台から所沢→仏子駅に9時ごろ着いた。歩いて5,6分で車の駐車場にきた。そこで点呼と会長挨拶。今日は会長さんの知り合いが2名参加。体操の後、当番が先頭をNさん、最後をOさんが歩いて行く。木々の間を歩くので寒くなく暑くなくちょうど良い。朝はヤッケを来ていたが歩くときに脱いでリュックにしまった。歩いてしばらく行くとカラスウリが・・コウヤボウキも。花ははじめて見た。
d0102497_22292736.jpg

そしてしばらく行くと大きな真横になっている木から垂直に枝が伸びて立派に育っている木があった。すごい生命力。
d0102497_22304170.jpg

d0102497_22341269.jpg

秋なので実がたくさん見られる。ヒサカキの実。ゴンズイの実を初めて見た。
見晴の良いところにでて休憩。コウヤボウキの写真を・・・
d0102497_22382556.jpg

歩くこと約1持間で「桜展望台」に着く。鉄筋の4階建て。階段を上るのがきついが上からはかすかに富士山も見えた。 ここで12時15分まで昼食タイム。Sさんから「マコモダケ」の煮ものをもらった。珍しい。他にもいろいろな人からご馳走を頂き、お腹いっぱいになる。
下の写真は「アカバナゲンノショウコ」と「クサギ」の実
d0102497_22424656.jpg

Mさんが穴の開いたキノコを靴で踏んだら白い煙が出たがこれが胞子で「狐の茶袋」だと
教えてくれた。面白い。右のはSさんが「ツチグリ」だと言った。アメリカの保安官の
バッチみたい。
d0102497_22452023.jpg

右の写真は「センブリ」だが左の花がわからない
d0102497_22472369.jpg

d0102497_22484995.jpg

木の力に圧倒される感じ・・・
d0102497_22501929.jpg

「ワルナスビ」と「イヌホウズキ」、それに「マルバノホロシ」は花が似ている。
イヌホウズキの実は黒くなり、マルバノホロシの実は赤くなるそうだ。また「ヒヨドリジョウゴ」も赤い実を付ける。 これはそのうちのどれだろうか・・・
今日は早めで3時に金子駅に着き、解散。 
3時7分の電車で拝島→小川→鷹の台で帰る。お疲れ様。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-11-12 22:30


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧