つれづれ旅日記



<   2011年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧


立川で買い物 8月15日

山に行くときのちゃんとしたリュックを一つ買いたい・・と立川のチュウブデパートの6階の「パワースポーツ」に出かけた。出かけた時はリュックだけを買う予定だったが、以前三鷹の山用品の店「武蔵野山荘」でみた「マサイシューズ」があった。昨年武蔵野山荘で見た時は5万円で、高いので
やめたが今回見たのは29000円。それで主人が履いてみて気に入り、買うことに。
d0102497_23434691.jpg

土踏まずの所が大きく膨らんでいるのが特徴。長く平のコンクリートで立ち仕事をしている人など疲れ方が違うという。初めて履くときはCDでよく歩き方を練習する必要があるようだ。転んだら怖いしね。
ついでに私は今まで履いていた靴は2003年に小笠原にも履いて行った靴で相当痛んでいるので新しいウォーキングシューズを試してみた。とても履き心地が良いので買ってしまった。14800円。買うときはついふらふらとまとめて買ってしまうのだ。
肝心のリュックは12000円くらいのが半額セールで5980円だったのでそれを買った。
いまどきのリュックは下のポケットに雨用のカバーが収納されているし、背負ったと\時に体にぴったりフィットする感じがあり、一昔前のものとはどんどん進化している。
靴にしても私が子供の時は靴に足を合わせる感じだったが。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-10-10 23:43

伊吹山  8月5日~6日 

友達に誘われ、夜行日帰りで伊吹山に行った。前から行きたかったのと朝早いのはきついけど夜行なら・・・と思って。それにバスは安いしね。15000円。
立川駅の北口歩いて5分の所に集合夜10時10分に出発。クライニングを最大に伸ばしてカーテンを閉めて寝る体制。でも足の置き場がなくて困る。友達は靴を脱いでいた。
談合坂のSAが11時半ごろ次のSAでは私は起きなかった。談合坂、恵那、養老のSAを経て5時に伊吹山の登山口に着く。ゲートはまだ開かない。 8時に開くそうだ。ここで3時間も待つのはもったいないけど・・6時に偵察の自動車が出かけて安全を確認し、8時前にゲートがあき、出発。約40分で頂上の駐車場へ。8時半から12時までは自由時間。西のコースを登る。すごい人。
d0102497_2353810.jpg

d0102497_2362851.jpg

d0102497_2374898.jpg

さすがに花の名所だけあって、種類が豊富。でもシシウドが花盛り。
d0102497_2391927.jpg

d0102497_23111933.jpg

d0102497_23121855.jpg
d0102497_23151040.jpg

d0102497_2316167.jpg

d0102497_23184365.jpg

d0102497_23173233.jpg

シュロソウの花を見ることができて今回来た甲斐があった。どの花も素晴らしい。
d0102497_23212976.jpg
d0102497_23222330.jpg

頂上で記念撮影して、ソフトクリームを食べたりおいしい水を飲んだり、また植物図鑑を買った。 私は500円。パンフレット形式は350円。下りは東コースを降りる。結構きつく、登山靴をはいて来てよかった。時々滑りそうになりながら足元に注意してほとんど写真は撮らず。
それで駐車場に着いたら11時10分。約1時間残り時間があったので中のコースを途中まで行く。
12時にバスに戻り出発。ゲートまで下りは早い。そして薬草風呂に着き、入浴。
日帰り温泉の所で野菜を売っていた。マクワウリが3つで100円で安いけど重い。ガイドさんが「この瓜はどうやって食べるのですか?」と聞いたのでびっくり。我々は子供のころから食べているが今の若い人はメロンは食べてもマクワウリは食べていないのだ。漬物にするのかと思ったそうだ。
バスは1時45分に発車。 途中恵那峡、双葉のSAにより、その後渋滞で高速を降り
また上野原から高速に乗り、立川駅は8時着でした。解散そしてお疲れ様。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-10-10 23:00

母の入院 8月2日~

昨日兄からメール。母が室内で転んで圧迫骨折で病院に入院したとか・・
それで2日に病院に行った。この北品川病院は駅から近いのが有難い。
友達のOさんも一緒に行ってくれた。
母はこの頃は死にたいとも言わなくなり、元気に過ごしていたが、やはり事故はいつ起きるかわからない。 日頃は「いつまで生きるつもり・・」とか思ってしまうが、病気で入院となると「や泊良くなって退院してほしい」と思うから不思議。母は薬で眠らせれているのかゆすったら返事はしたが目は開かなかった。しばらくして帰る。帰り駅のそばの喫茶店で涼んでいく。コーヒーがとてもおいしかった。

7日
午後、家を出て品川経由で母の病院に行く。母に駅でビルダインゼリーを買っていった。母は今回は眼をさましてすこししゃべったが「どうして今頃来たの?」という。 そして「よくここが分かったね」という。私は「どうして病院に来ることになったかわかっているの?おばあちゃんが転んだからよ」といったら「そうなの」という。「痛くないの?」と聞いたら「痛くない」という。それは良かったけど、看護婦さんに聞いたら「やはり痛みはあります」との事。それで痛み止めを打たれていてぼんやりしているのかな。

13日
2時半に家をでて、品川の成城石井で水羊羹3個を550円で買い、バスで北品川まで行く。母は丁度リハビリから戻るところだった。顔色もよく元気そうで一安心。 Oさんが持ってきたきれいな黄色のお花を見て「とてもきれいね」と何度も言ってた。花をめでる心はまだ残っているようだ。
Oさんをみてうれしそうだった。
水羊羹を「とてもおいしい」と言って食べた。
とても暑い日なので帰りにまた駅前のコーヒー店で一休みしようと思ったがお盆で休み。残念。

20日
水戸の親戚からのお見舞いの水羊羹や友達からの最中などを持って見舞いに行く。
母は水羊羹を「おいしい」と言って食べ、また最中も食べた。食欲があり、次第に元気になっている様子。Oさんのお花も枯れてきたので持ち帰る。

始めは受け答えもおかしくてこのまま寝たきりになるのでは・・と心配したが、だんだん元気になり、しゃべるのも元通りとなった。リハビリもやっているようで
先生に退院のめどを伺ったら「3週間が目標ですが・・・」と言われて、8月25日に無事退院できた。やれやれ。ただ母に「おばあちゃんどうして入院したか知っている?」と聞くと「さあ、」という返事。「転んだからよ、だからもう転ばないでね」と言っても「あら、転んだの?、もう忘れた」という。いやはや。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-10-10 13:01

福島原発事故

3月11日の津浪及び福島原発の事故以来、日本が大変なことになっている。
放射能は目に見えないし、わからないけど母が以前野菜つくりをしていた流山がホットスポットだ。
毎年、ブルーベリーの時期に取に行ったけど今年は行かない。行っても取ったブルーベリーを食べる気がしないので。 福島では夏休みは秋田に嫁に行った娘が孫を連れて福島に10日間ほど里帰りをしておじいちゃん(弟)が作った野菜を畑でもいで食べるのが行事だったが今年は2,3日しか実家にいないという。しかも野菜は食べない。失ったものが大きい・・と言っていた。
特にシイタケなどは大きな数値がでて全部捨てた・・と言っていた。
昨年行ったとき、きれいな豆の花が咲いていたが今年はもう見られないのだ。
d0102497_23394059.jpg

流山も主人がジャガイモを植えて孫たちに掘らせようか・・と計画をしていたけどだめだ。
群馬大学の早川由紀夫氏が放射能の分布図を発表している。とても見やすい。
一度クリックしたら+のマークがでてそれをクリックしたら大きくなり実に鮮明に放射能の分布が見える。3月11日以来私が注目しているサイトは
小出裕章の非公式まとめ
原子力資料情報室
武田邦彦氏のブログなど。
武田氏のブログより
事故も起こすべきではありませんでしたが、起こってしまったことは受け入れざるを得ません。でもその被害を最小限にすることは私たちの責務です。
相変わらず東電は事故後に退任した社長に2億円の退職金を出し、ヨウ素131やセシウム137といった猛毒をまいた人の家の掃除にも来ないという状態です。政府も6ヶ月を経て福島の除染にまったく人手を出していません。東電は解散、政府は転覆しなければならないでしょう。
セシウム137の経口致死量は人間で0.1ミリグラム(計算上)、犬を使った動物実験では0,4ミリグラムという値が報告されています。私たちが知っている毒物の中で猛毒とされている青酸カリでも致死量は200ミリグラム(人体、経口)ですから、500倍から2000倍、つまりおおよそ3桁(1000倍)も強い毒性を持ちます。
そのセシウム137を福島などに蒔いた会社の社長が、それを綺麗にせず、なぜ2億円の退職金をもらえるのでしょうか? 今、彼はどこにいるのでしょうか? 日本はまったく平衡感覚を失ったように見えます。


7月23日に中国で新幹線の事故があり、その列車を埋めたりしたことが批判されている。中国はすごいスピードで近代化されつつあり、電力も足りないのでますます原子力発電に頼ることになるだろうが、この中国で原子力事故があったら風に乗って放射能は確実に日本に来る。
だから日本だけでなく、全世界で原子力発電はやめないと地球に住む場所が減るということになる。
いまだに原子力を続けようという政界、財界の意識の低さにがっかり。外国に輸出などもってのほか。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-10-09 23:40

箱根日帰り旅行 7月16日

トムと娘の結婚式にドイツから来ていたお姉さん夫婦と日帰り旅行で箱根に行った。全員で6人。
10時に小田原に行く。 箱根フリー切符3900円×6 を買う。
小田原から箱根湯本まで行き、そこから強羅だがこの電車が混んでいて立ちっぱなし。それからロープウェイで早雲山まで行く。 そして今度はゴンドラで大涌谷まで。 そこで温泉卵を買う。5個500円。いや~暑い。 そしてアイス、氷、 始めは散策する予定だったが 暑いので皆やめた。
そしてまたゴンドラで桃尻台まで。 富士山のトップが少し見えたが、今年は雪がない。
船(海賊船)に乗るが1次10分のは出たばかりで次は1次50分。その間カフェに入り、コーヒー、ココア、青りんごジュースなど各自飲む。そして海賊船に乗る。
d0102497_23315092.jpg

「特別室がまだ空いています」との事で「いくら?」と聞いたら一人400円との事でそれにした。すいていて広々して良かった。船は 芦ノ湖を30分くらいで元箱根に着く。そして近くの蕎麦屋で昼食。2時過ぎ。簡単なそばと野菜のてんぷらを注文。歩いて15分くらいで箱根神社に行く。
トムのお姉さんのは10年前にこの神社に来たそうだ。私は初めて。緑が濃くて癒される感じ。
d0102497_23345346.jpg

d0102497_23365399.jpg
 
それから階段をおりて海の方へ行った。大きな鳥居をバックに写真撮影をする。
d0102497_23394172.jpg

箱根組み木細工の店に入る。箱があり最高は72回動かさないと開かない箱もあった。ペーターはお土産に10回で開く箱をかった。
3時45分のバスが小田原行だったのでそれに乗る。座れたしよかった。途中で寝て、小田原に5時近くに着いた。
 まだお腹はすいていないというので、ここで解散、お疲れ様。




 
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-10-07 23:41


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧