つれづれ旅日記



<   2011年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧


松之山温泉  9月27日~29日

27日
家を11時少し前に出て新小平で切符をジパングで買い 大宮から上越新幹線で越後湯沢まで、
その後、松代(まつだい)に行く。14時28分着。ホテルの人が迎えに来る。
3時に着き部屋202号室で一服してタクシーで星峠に行く。かなりスピードを出しても30分くらいかかる。タクシーの運転手には「棚田は朝の夜明けが良いんだ」と聞く。知らなかった。この星峠の棚田は規模が一番大きいらしい。そこへ行く途中にも小さな棚田がたくさんあり。新潟県の人のまじめさに頭が下がる思い。
d0102497_192956.jpg

確かに夕方は日の光が弱くで良い写真は撮れなかった。儀明の棚田、蒲生の棚田を回ってもらい、5時半ごろホテルに着く。夕食までまだ時間があったのでお風呂に入る。広い風呂に2,3人。
食事は3階の個室。土地の野菜をふんだんに使った料理でおいしかった。玄米がゆも。
d0102497_19312612.jpg

寝る前に月見の湯に入り、帯状疱疹の薬を塗って寝る。
28日
6時に起きて近くを散歩。雪国だけあって大きな雪止めが・・冬は4mだとか。
d0102497_19345574.jpg

d0102497_19364154.jpg

d0102497_19375328.jpg

d0102497_19382062.jpg

d0102497_19393624.jpg

野の花をたくさん見ることができ満足。特に撫子が朝露にぬれてきれいだった。宿に戻り8時から
朝食。「新やしき」という個室。昨夜の夕食と同じ。温泉卵などあり、地域の食材でよかった。
荷物整理をして9時40分にフロントに行く。「美人林ツアー」に参加。宿の車で「キョロロの森」まで送ってもらう。この建物は10年くらい前に造られたそうだが鉄でできていて初めから錆びた感じ。昆虫の形を模したようでこの中で展示やら講習が行われるとの事。
10時に着き、案内人の小口成一さんと会う。今日の参加者は我々2名だけ。ラッキー貸切だ。
すぐそこの「美人林」を約2時間案内してもらう。小口さんは植物の資格をもボランティアだそうだ。
d0102497_225281.jpg

ここのブナ林は年代が同じで80歳から90歳くらいだそうだ。大きさは違いがあるが倒れた木など調べると細くても年輪が80~90あるそうだ。
十日町の木であるユキツバキを教えてもらった。冬は雪で守られて0度以下にならない事や、
とてもしなやかで曲がるが折れないなど。小口さんは東京の友達にユキツバキを送ったが枯れてしまったそうだ。小平の薬用植物園は何回か行ったことがあるという。
イタヤカエデやリョウブの話。リョウブは味が良いとみえ、多くの虫に食べられていた。
d0102497_2315680.jpg

赤い小さな実だが「アクシバ」と「アリドオシ」は違う。アリドオシには二つのくぼみがあるし、
地面にそってはりついた感じ。しばらく行ったところで小口さんはお茶を我々に出してくれた。
そのお茶はドクダミと黄肌(黄柏)で木の中側が黄色い。少し苦いが漢方で胃腸に良いとか。
それとエンメイソウ(ヒキオコシ)の3つをブレンドしたもの。
またしばらく歩いてブナの木に蝉の抜け殻を見つけた。「これは珍しいものが見つかりましたね。
エゾゼミの抜け殻です」との事。
d0102497_2333779.jpg

d0102497_2342740.jpg

d0102497_236527.jpg

ギンリョウソウがこんなにたくさんあるのは珍しい。
小口さん、どうもありがとうございました。キョロロでアンケートに答えてお別れ。
キョロロとはアカショウビンの鳴き声から命名されたとか・・・
d0102497_2385451.jpg

ホテルに電話して迎えに来て貰う。 12時半ごろホテルに着いたので、そのまま温泉街の
滝見亭でお蕎麦を食べる。小口さんおすすめだったので。山菜の天ぷらがおいしかった。
宿に戻り身支度をしてから歩いて天水越(あまみずこし)の棚田をめざす。
宿の人に大方に行き方を聞き、小口さんからも簡単な地図を書いてもらったので。
道を聞こうにも人がいない。車も来ない。棚田はいたるところにある。どれが天水越の棚田か。
ちょうどコンバインで稲刈りをしている人に聞いたらもう少し上の方だという。それでずいぶんあちこちを歩いた。天気が良くて暑かった。そしてようやくたどり着いた。万歳!
d0102497_23131282.jpg

d0102497_2314987.jpg

この稲を掛けてあるところを何度も行ったり来たりしてようやく目的地に着いた。
自分たちが食べる分はこうやって手間がかかってもおいしい天日干しにするようだ。出荷するのは電気で・・・
d0102497_2316627.jpg

季節はまさに秋!この辺は放射能も関係なくてよかったね。 背後には必ず棚田が・・
d0102497_23184815.jpg

宿の近くまで来て、近くの棚田に日が落ちるのを狙って写真を撮ろうと思ったが
全然面白いのが撮れない。5時に宿に戻り、お風呂に入って食事。お風呂は誰もいなかったがあとから二人入ってきた。今はほとんど客がいないようだ。
食事は昨日とは違っていたがよかった。 寝る前に「月見の湯」に行くが今日はちゃんと電気がついていて安心。ぐっすり寝る。
29日
朝7時に起きて8時から食事。
9時半に荷物を整理してチェックアウト。
美人林ツアー代金4000円。それから今日大厳寺高原までの往復送迎代金3000円を払う。
娘の所に棚田米3kgを御土産で送ってもらう。我が家には玄米を5kg。送料をいれたらかなり高いけど棚田でこんなにきれいにお米を作っているのを見て食べてみたいと思ったので。
荷物を預けて宿の車で大厳寺高原まで送ってもらう。車はまた 13時半に迎えに来て貰うことに。近くのソバ畑が雰囲気が良いので写真を撮る。シルバーの人10人くらいが撮影に来ていた。みな、立派なカメラを持って。
d0102497_23251210.jpg
 
小高い丘に登って行ったが途中でバンガローで行き止まり。また一番下まで下りて管理棟の人にいろいろ聞いてから正しい道を登り始めた。30分くらいロス。そして11時ごろ登り開始。
木陰は涼しいが日差しの所は暑い。多少汗ばむ。アリドオシがたくさん赤い実をつけていた。
d0102497_1384932.jpg

カシワバハグマの花をはじめてみることができた。
11時50分、展望台に着く。見晴はあまりよくない。そこから少し下がって大きな道に出たところに白いきれいな花がたくさん咲いていた。家に帰って調べたら「ウメバチソウ」
d0102497_1311413.jpg

ようやくブナ林の看板が見えてホッとする。
こちらのブナ林はダイナミックな感じ。80年だけでなく数百年の巨木もある。
d0102497_1314616.jpg

これから写真を・・・と思ったが電池切れ。残念。美人林もよかったけどこちらのブナ林も圧巻。
美男林かな。しばらく歩いてブナ林を抜け、林道に出る。そして一路元の希望館まで歩く。
せっせと歩いて1時10分に元の希望館着。 時間がないのですぐできるというラーメンを注文。
1時半にホテルの車が来てホテルに戻り、荷物を取って松代駅まで送ってもらい、2時53分発の車で六日町、越後湯沢、大宮、新小平で帰る。お疲れ様
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-10-24 19:25

帯状疱疹  9月20日

20日
2,3日前からなぜか右腿の付け根が痛い。そうしたらそこの所に小さなぶつぶつの湿疹ができてきた。これは「帯状疱疹」かもしれないと思い、いつものかかりつけに行った。
自転車で行ったのがまずかった。痛みがひどくなった。
先生は患部をみて「帯状疱疹ですね」と言った。やっぱり。ストレスでなることが多いとか。
医者に行ったついでにコレステロールの検査もしてもらった。結果は次回。
私はそれほどストレスは感じていなかったが、毎日忙しかったのは確か。おとといと昨日は2階の障子の張替えを2枚して、部分修理もしたし。今週末孫が来ることになっているがその孫が以前来た時「おじいちゃんの家、壊れている」と言った。それは障子が破れていることを言ったもの。それで頑張って張り替えたけど、それほど大変でもなかったけどなあ~。まあ、疲れが出ているらしいからここらでゆっくりしないと・・・
帯状疱疹用の薬は大きな粒の錠剤。これを一回に2錠を5時間おきに飲むようにと言うが夜中は寝ているのでどうするのかしら。でも痛くて寝られなかったから2日間はきちんと飲んだが次からは夜と朝の間は8時間くらい間が空いたが。
22日
台風が去って晴れかとおもったがまた雨、歩いて病院に行く。帯状疱疹の薬をまた出してもらう。
27日から「松之山温泉」を2泊予約してあるが行けるかどうかを医者に相談。お医者さんは「その頃は痛みも大分薄れると思うからあまり強行軍でないと行っても大丈夫」と言ったので一安心。お風呂にも入って良いそうだ。ルンルン! 先日のコレステロールの結果はやはり高め、いつもの「マイバスタン」をもらって帰る。
26日
また病院に行き、明日から旅行なので痛みがひどくなった時の痛み止めを3日分もらう。
好きなことをやった方が治りが早いかな。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-10-23 22:01

王子散策  9月13日

VAN新宿9月例会。1時45分王子駅集合だったが、上中里で事故があり、地下鉄で来る人、タクシーで来る人など。全員2時に集合。今日のガイドさんはボランティア3人で女性一人、男性2人。
まず歩いて名主の滝公園に行く。
d0102497_23173729.jpg

節電のため滝は止めていたが我々のために流してくれた。涼しい事!
d0102497_23191758.jpg

d0102497_23234836.jpg

王子稲荷に行く。ここでは茨木童子の話を聞いた。鬼退治の話。
d0102497_2325918.jpg

羅生門で渡邉の綱が鬼の片腕を切り取ったと言うが右はこの花が切り取った鬼の腕に似ているとつけられた花の名前。可愛い野草ですが・・・
この近くにはたくさんの「中央工学校」の建物があった。田中角栄卒業し、また学長をやっていた
ところで次々に建物が作られ、23号棟まであった。右下は機械科のロボット。
d0102497_23265999.jpg

樹木の素晴らしさ・・・ いいなあ~ 王子神社のイチョウ。樹齢 600年
d0102497_23283396.jpg

玉子焼きで有名な「扇屋」のあたりを通る。
歩いてモノレールの所に行く。平成21年に作られたそうで北区は老齢化が進んでいるので
飛鳥山に行くために作ったという。無料がうれしい。2分で頂上へ
名前は「アスカルゴ」形がカタツムリのようで(エスカルゴ)飛鳥山に行くので「アスカルゴ」
d0102497_23312634.jpg

この飛鳥山は都内で一番低い山だそうだ。
d0102497_23352645.jpg

飛鳥山は8代将軍吉宗が1720年に1270本の桜を植えて、江戸の庶民が桜見物をできるようにした。
そして1873年(明治6年) 太政官布達により、上野公園・芝公園・浅草公園・深川公園と共に日本最初の公園に指定。 この公園には佐久間象山の「桜賦碑」がある。佐久間象山は長野県の人で象山は「ぞうざん」と呼んでいたそうだ。故郷の近くに象山というお寺があり、そこから取ったそうだ。右の石は吉宗がこの飛鳥山の記念碑を彫らせたが、実にわかりにくい漢字を使っていて、庶民は読めない代物だったし、現代は彫も浅くなりなにが書いてあるかわからない。でもこの大きさの石をクレーンもないあの時代にここまで運んだのがすごい。
歩いて渋沢栄一記念館にきて、ここで3名のガイドさんとお別れ。有難うございました。
d0102497_23402562.jpg

いや~一人で60くらいの会社の取り締まりなどをして桁違いにすごい人。理解不能。
 1840年にうまれ、尊皇攘夷の思想に目覚めるが、一橋家に仕官し、慶喜が将軍になったときに
パリ万博に行ったのがその後の栄一を変えたと言ってよいだろう。スケールが大きい。
d0102497_2027493.jpg

まず初めに「青淵文庫」を見せてもらった。これは栄一が80歳の時のお祝いに竜門社が送った
図書館。(大正14年)本は関東大震災でこれができる前に焼けてしまい、その後論語関係の本を納めていたが今は日比谷図書館に寄付。ステンドグラスは渋沢家の家紋の柏と壽という文字がデザインされている。  孫文との会見もこの文庫で・・・
 次に晩香蘆を見る。これは栄一が77歳のお祝いに竜門社が送ったもの。(大正6年)
田辺淳吉が設計。のちの清水建設。 少しの時代の差だがこの建物の暖房はまきストーブ。
栄一はここに住んでいてその時はたくさんの建物があったが今残っているのは「青淵文庫」と
「晩香蘆 」の二つ。栄一はこの晩香蘆がとても気に入っていたそうだ。
唐草のデザインの照明が素敵。
d0102497_20395135.jpg

4時半になり外に出る。本館の中に入って栄一の企業の歴史などを見る。本館は1997年に造られ、1998年から公開。見るものが多くてあまり歩いてない割にはくたびれた。 若い学芸員は丁寧によく説明してくれた。感謝。外に出て駅に行く途中、高台のテーブルで一休み。冷たいお茶がおいしい。 王子駅まで歩き、解散。お疲れ様でした。

  
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-10-22 23:41

恵林寺散策・・  9月5日

7月から下調べをして今日は本来は乙女高原に行く予定だった、立川自然観察だが、台風15号のためにクリスタルラインが封鎖のため行かれなくなった。残念。でもバスをチャーターしているのでバスの運転手さんとも相談してまず初めに「桔梗屋」に行き、その後恵林寺を散策することにした。
高速も連日の雨のためすいすいで「桔梗屋」には8時35分についてしまった。でも店が開くのは9時からだという。ゴーヤのカーテンなどを見て待つ。
d0102497_21212156.jpg

信玄館の所でバスを止め、運転手さんが近くの案内のパンフレットを23枚もらって来てくれた。
そして体操をしてから散策開始。恵林寺の周りを歩く。早くもヒガンバナが咲いていた。
d0102497_212634100.jpg

放光寺ではハギも咲き、ムクゲがきれいだった。
d0102497_21301490.jpg

d0102497_21305856.jpg

放光寺の椿の葉っぱでMさんがくるくると丸めて笛を吹いた。皆真似をしてやってみたが音が出ない・・・不思議だ・・・
d0102497_2135528.jpg

d0102497_21373992.jpg

d0102497_21385940.jpg

d0102497_21403775.jpg

この木に札があり、この木は「百匁柿で樹齢300年だそうだ。
d0102497_21424826.jpg

d0102497_2147251.jpg

d0102497_21474933.jpg

珍しい花「ナンバンハコベ」を見るとこができた。
d0102497_21511889.jpg

いよいよ恵林寺。そこに犬がいたが、Oさんが話しかけたらこの姿。警戒心ゼロ
d0102497_21534033.jpg

いよいよ恵林寺のお庭に入る。 夢想国師の設計とか・・入ったのは5名のみ。 入館料300円、受付でリュックを預かってくれた。
障子の向こうは木々の緑が鮮やかでまるで絵のようだ。いや、、、素晴らしい。ここで2,3時間ぼけっとしていたいが、団体旅行では無理。
d0102497_21563262.jpg

鶯張りの廊下は本当に良く鳴った。
集合時間になり、バスに乗って食事の場所 広瀬ダムに行く・・ここで食事。 広瀬ダムが見えるところは工事中でバスを止められず、その先の「みとみ」の道の駅のベンチで昼食。12時。 ベンチが足りなめなので離れたところにSさんがいたのでそこで一緒に食べる。今回もたくさんの植物の知識を教えていただいた。
d0102497_22258.jpg

1時ごろ周りを散策しようとHさんが決めかけたがその時雨が降ってきたので
まっすぐバスにのり、道の駅に行くことに・・・牧丘の道の駅でぶどうを福島に送った。
バスはもう一軒「ぶどうと桃」の店に寄った。 ここで我が家用にぶどうを買う。2房で1500円。
これはちと高いな。それとプラムをパックで300円。今回は本当に買い物ツアーだ。
談合坂のSAを最後にバスは立川へ・・・
バスの中はKさんの差し入れのビール、Sさんのクリームチーズなど。
いつもより早く4時にはついてしまった。当番は最後にバスの忘れ物がないかをチェック。
解散、お疲れ様
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-10-22 21:21

インターネットがつながらない  9月1日

1日増富温泉から気持ち良く帰ってきたが家に帰ってメールをチェックしようとしたらつながらない。
イライラする。そしてインターネットをチェックしてもつながらない。またイライラ。
主人に聞いたら29日からメールもインターネットもつながらないという。 何が起こったのか・・・パソコンの電源を切ってまた入れたり2時間くらい悪戦苦闘したがわからない。
メールがつながらない時にソケットエラー00010」エラー番号0x800CCC0Dと出るがそれが何を意味するのか調べようにもインターネットがつながらない。仕方がないので近所の友達の所に行って調べさせてもらったがどうも理解できない。NTT東日本の料金センターに電話してもそれがつながらない。
一日電話を何回もしていらいらしながら過ごした。
2日
また東日本の料金の所に電話する。 でもつながらない。そこで我が家はすでに光にしてあるのに
「光にしませんか?」という案内が届いていたのでそこに電話して「我が家はもう光だけれどそこに無駄な案内を出せるお金があるのに、どうして電話一つつなげることができないのよ。お宅は電話の会社でしょ?どこに電話したらいいのか教えてよ」と言ったらつなげてくれた。そしてNTT曰く
「料金が未払いなので回線を止めた」との事。「「警告もなくて止めるの?」「文書で送りました」
「受け取ってないわよ。だいたい、警告はメールでよこせば良いでしょ。それにインターネットがつながらないときに「ソケットエラー00010」エラー番号0x800CCC0Dなどと出さないで料金不足」とか出せ・・と散々文句をいってすぐにインターネットをつなげてもらうことになった。電話は命にかかわらないから一番早く切られる・・とは聞いていたがやはりね。主人はIT嫌いで「あんなもの信用できないから引き落としにしない」と言っているがこれから引き落としにするか。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-10-21 22:29

増富温泉  8月29日~31日

29日友達のSさんが足をくじいた後の調子が良くないというので一緒に増富温泉に行くことにした。
10時20分、高尾で待ち合わせ。韮崎12時33分着。
食事をして13時24分のバスで温泉へ。 14時30分ごろ不老閣に行く。 101号室。部屋で休んで3時から女性の時間なので岩風呂に行く。5分くらい坂を上るが結構きつい、途中に自炊棟があった。最後はなだらかでやれやれ。風呂は沸かしとアトムという一番冷たい風呂(19度)があった。このそして飲む温泉はここのはまろやかで飲みやすい。そして目的の岩風呂に行く。狭いところに8人が入った。入ってみるとそれほど寒く感じられない。この写真はインターネットから。帰りに入口のそばの小川でオニヤンマが産卵していた。
d0102497_18461919.jpg

3つの風呂を順番に何回か入って4時15分には出た。4時半からは男性の時間なので・・・ 
6時から食堂で食事。今回の不老閣の食事はあまりよくなかった。前回は良かったけど・・地元の食材が少なかった。
7時過ぎからロビーでコンサート。今回で47回目だという。私は初めて。ラッキー。ピアノとバイオリン。ピアノの人の子供がチェロを弾き、バイオリンの人の息子が小学校5年生で初デビュー。音色が良かった。曲目も楽しかった。アンコール。その後、皆で合唱。ふるさと。
d0102497_18521182.jpg

夜寝る前に今度は一階のお風呂に行く。ここの温泉に来る人はがんの人が多い。
その中の一人で抗がん剤をやったことがある人が言っていたが「抗がん剤をやったときは蚊も寄り付かない」そうだ。また他の人は3回抗がん剤をやって「これ以上やったら私は死ぬ」と思って病院を逃げた」など. 寝る前は地下の風呂に行く。おやすみなさい。
30日
8時の朝食後9時からまた岩風呂に行く。飲むための温泉水お茶のペットボトルに入れた。家で化粧するときに使うとよさそう。これでおかゆを作っても塩味があるからいいとも聞いた。何事も信心かな。  10時過ぎにチェックアウト。11700円を払う。荷物を不老閣に預けて、周りの本谷川沿いの散策コースを歩く。天気も良くて気持ちがいい。大きな岩があること。
d0102497_1903974.jpg

d0102497_1943856.jpg

ホテルに戻り、荷物を取って隣の金泉閣にチェックイン。1時ごろだったが部屋に入れてくれた。
403号室。 部屋で一休みして、佼成寮に暖かい温泉があると聞いたのでそこに行ってみる。
途中草花などを観察して・・・大きな花豆の赤い花を初めて見た。
d0102497_19121140.jpg

佼成寮の入浴料500円。小さな浴槽でがっかりだが二人以外誰もいないので貸切。
その後休憩室でゆっくり休む。とろとろ居眠り。 2階の部屋を見せてもらった。広い。
食事が地場野菜というのが良い。 宿泊料は2食付で6600円くらい・・
4時ごろ佼成寮をでて散歩しながら草花の写真を撮ったりして戻る。
d0102497_19174152.jpg

金泉閣に戻り、食事は6時から部屋で・・・
この料理は地元のものがたくさんあり、ほっとするというかおいしかった。満足。
夜また1階の温泉に行く。首相が野田さんに決まったようだ。
31日
朝もお風呂に入る。昨夜とは入れ替わり。今日の方が狭いかな。
10時ごろチェックアウトして支払は8550円。コーヒーを飲む。荷物をホテルに預けてますとみの湯に行くがお風呂で一緒になった人は自炊棟に帰るというので部屋を見せてもらうことにした。
名古屋から4泊で来ている人。1階はキッチンや集合室で2階が個室。全部8畳でかなり広々。
気に行った。今度ここで4泊も良いかな。 ホテルで割引をもらったので「ますとみの湯」は500円(700円のところが)
広々していて気持ちが良い。今日は平日ですいていた。8月なので水曜日でもやっていたが普段は水曜日が定休日。3つのお風呂に入る。温度が低いところがあったが岩風呂くらいかな。
この施設はレストランもある。私は玄米カレー(800円)友達は野菜天ぷらそば(1000円)
d0102497_1929197.jpg

荷物を金泉閣から取ってきてバス亭でバスを待っていたら名古屋の人が出てきて見送ってくれた。
1時13分のバスだが来た時とは違ってハイジの村、ミサワワイナリーなどを通って韮崎まで。
客は我々二人のみで貸切。運転手も親切でよかった。
韮崎14時30分ごろ発→山梨→高尾でSさんとと別れる。お疲れ様
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-10-21 00:02

福田真規ちゃん、長唄の会 8月25日

三味線の友達と西国分寺で待ち合わせして新宿ほりかわの長唄の浴衣浚いの会に行く。
「福田真規ちゃん」は姿、声、性格すべてが素晴らしい。3歳から長唄をやっているので声が鍛えられていて私はフアンで、時々会には出かける。
お弟子さんの一人が「ほりかわ」の経営者なので今回はそこでやることに・・・
新宿はビルが新しくできて、以前来た時よりいつも変化している。
d0102497_23412158.jpg

1時半から、全部で12曲くらいかな。演奏の前に真規ちゃんが解説を付けてくれたのが良かった。 三味線演奏は今回は杵屋勝くに緒さん、杵屋勝壽さん、東音の渡邉麻子さん、。歌は東音の海津紫乃さん、 
d0102497_23464442.jpg

この会場のオーナーである方は三味線も(都鳥)歌も(神田祭り)も頑張っていた。
d0102497_23483224.jpg

真規ちゃんのお父様も病気の後とは思われない力強い声で安心。「綱館」という長唄は鬼退治の渡邉の綱にちなんだ長唄だが、野草で「ラショウモンカズラ」というのがあるがこの花は鬼退治をして切り取った鬼の腕の形に似ているというので付けられた名前だそうだ。いろいろとつながりがあり面白い。写真は野草の「ラショウモンカズラ」
d0102497_23542133.jpg

私も琴で歌うことがあるので発声とか時間があったら長唄をやってみたい。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-10-20 23:35

断捨離  8月23日

我が家の片づけがなかなか始まらないし終わらない。そこで友達に来て貰い思い切って捨てることにした。自分だと思い切りが悪いので。主人は実家に行っているので鬼のいぬ間に・・かな。
10時半ごろ友達が来てまずお菓子でお茶。友達が大きなトウモロコシ(ゆでてある)を持ってきてくれた。おいしい。さて片づけ始め。玄関を片づけ思い切り捨てる。傘と靴。
昼食をしてからまた玄関を片づけ、今度は台所の流しの下の開き、この中もフライパンやその他捨てる。すっきりした。
4時ごろお茶。わらびもちと梨。残りのトウモロコシも。
5時になり、今日はこれでおしまい。稲庭のうどんを少しもって行ってもらう。
主人の実家から今出たと連絡。3時間後くらいに我が家に帰ってる。

近所の友達が言っていた。お互いに相手のものを捨てるように言うらしい。
ご主人に「部屋が狭いんだからあなたのものを捨ててよ」と言ったらご主人が「これはおれが好きで集めているのだから、俺が死んだら捨ててくれ」「じゃあ、すぐに死んでよ」だと・・
まあ、冗談だろうが捨てるのは難しいのね。

その後、2階のホワイトボードの中でいらないものをやはり思い切って捨てた。
人間はなぜものを捨てられないのか・・・ためたがるのか・・・日本のように住宅環境が悪いのに
物が多すぎるのが問題。
韓国に行ったときマンションだったが日本よりずっと広かった。40坪くらいの広さ。130へーべーもある。そしてあまりものがなく、きれいに整理されていた。
日本は衣食は足りているが住が圧倒的に足りない。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-10-20 15:15

水天宮お参りと 杵屋巳太郎の会 8月21日

娘の安産のために水天宮に行った。その娘が生まれるときも水天宮のお札を頂いたが・・・
月日の経つのは早い。我々のころは産院で腹帯をもらってしたが、娘に電話で聞いたら無痛分娩の病院だし腹帯はこの頃しないということで、お札のみ頂く。
それから長唄の「巳太郎」の会に行く。日本橋会館で・・毎年聞かせていただく。
今年は「東日本大震災」ということでそれにちなんだ出し物もあった。原発反対の。なかなか良かった。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-10-17 19:59

御嶽散策 8月18日

今回の立川自然観察会は電車で行く。だから出欠を言う必要はない。集合場所に行けばいいだけ。
8時に立川駅に集まり御岳まで行く。暑い日。青梅で乗り換え御嶽駅へ。ずいぶん混んでいてバスは3台に別れた。そこからケーブルカーだがこの節はスイカも使える. 往復だと1090円。
藤棚の所にあつまり9月例会の説明のチラシを配る。そこからロックガーデンに行く人と楽なコースに分かれた。私は足をくじくと困るし以前ロックガーデンは着たので今回は楽なコースを会長他5,6名で歩く。
d0102497_21494526.jpg

d0102497_2151031.jpg

d0102497_21513080.jpg

綾広の滝の近くで合流。お弁当を食べる。タマガワホトトギスがたくさん咲いていた。
帰りは皆で楽なコースで戻り、宝亭の所で集合写真。アイスコーヒーがおいしい、氷を食べている人もおいしそう。何しろ喉が渇く。ここで解散。
フモトスミレの葉を教えてもらい、また宝亭のお向かいに店に「キバナレンゲショウマ」があるというので見に行った。
d0102497_2157477.jpg

そこからケーブルカーの所まで戻る途中「イワタバコ」の花をみた。葉っぱは見たことがあるが花は初めて…きれいだわ。
d0102497_222324.jpg

そして三々五々レンゲショウマの写真を取ってケーブルカーでまた帰った。
d0102497_1949520.jpg

[PR]
by kuwanobu44 | 2011-10-14 22:21


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧