つれづれ旅日記



<   2011年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧


さいたまアリーナと母のホーム  3月20日

福島の親戚が双葉でデイサービスの介護士で働いていたが地震で施設ごと川俣に避難。でもそこも原発の影響で埼玉のアリーナに避難してきたと、テレビで知った。電話を掛けて、「会いに行ったら却って邪魔?」と聞いたらそんなことないよ」と言うので12時ごろ家をでて出かけた。さいたまアリーナに行くのは初めて。さいたま新都心駅から直結していて交通の便は良い。
d0102497_1985236.jpg

入口から一番離れたところに従姉妹のYちゃん達のブースがある。行ったときはYちゃんは仕事で別なところで仕事をしていて10分くらい待った。 
d0102497_19163891.jpg

d0102497_19174635.jpg

広い廊下を区切ってそれぞれが生活している。Yちゃんが戻ってきて数年ぶりで会うことができた。
「川俣よりここは暖かくてよい」との事。オーバーを着ていたら暑いくらいだ。でもプライバシーが無いのとお風呂に入れないのが・・と言っていた。洗濯ができないので肌着などを差し入れした。また水、薬、インスタントラーメン、パンなどは十分にあるというので、栄養の補給にチーズ、チョコレートを差し入れ。「自由時間が取れたら我が家にお風呂に入りに来てね」と言って別れた。このアリーナも3月末までで、次は埼玉の廃校になった学校に移るとか・・でもその前に福島に帰るかもしれない・・と言っていた。帰りに駅の近くの所で外人の男二人が琴と尺八を演奏していた。
曲は「千鳥の曲」とても上手(少なくとも私よりは)
それで「どこの国から?」と聞いたらアメリカだという。もう10年くらい日本にいるから日本語はじょうず。住まいは目黒。よく東北を演奏旅行していたので、今回の東北の地震で埼玉に避難してきていることを知り、目黒から来て演奏をしたそうだ。実にボランティア精神にあふれているのね。
曲が終わったら拍手が・・・
d0102497_19275925.jpg

もっと聞きたかったけど明るいうちに母のホームに行くべく後にした。
母のホームに行ったのは3月5日以来で地震のため電車が止まったり、停電があったりで怖くて行かなかったが今日は休みの日で停電が無いので行くことに。相変わらず母は元気だった。
東京駅の駅中で銀座のプリンケーキなどを買ったのを一緒に食べる。食欲もあるし、元気で良いが
あまりテレビを見ていないのか地震の事にも興味がないようだ。だからストレスもなく長生きするのだろう。みたらテレビが定位置(60cmの高さの箪笥の上にあったのだが)にない。下に置かれていた。兄が危ないと思って下に置いたのだろう。そこで一緒にテレビを見た。
私は数日前にテレビの被災者の女性(80歳くらい)が「こんな年寄りが生き残って、若い人が死んでよろこべないやね、これから帰る家もないし・・」と一筋の涙を流しながら言っていたのが印象的だった。母には「まだ停電などがあり、来れないこともあるけど心配しないでね」と言ったら「無理に来なくていいよ。心配しないよ」との事。 5時半ごろ帰る。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-03-23 19:28

薬用植物園  3月19日(土)

近くのスーパーに買い物に行ったが電池はまだない。お水は一人1本ずつ買えた。卵が出ていたので買う。そして天気もいいし、停電も無いそうだから近くの薬草園に行ってみる。(気晴らし)
森田ガーデンの所のお蕎麦の「松根」で食事をして玉川上水を自転車で・・途中猫柳、トサミズキなどを見ながら・・・
d0102497_16431877.jpg

薬草園の入口で知り合いのYさんに会った。この人は後期高齢者と言うがとても元気のいいおじさん。会うたびにいろいろ珍しいことを聞くことができる。気仙沼に知り合いがいるがそこでは親子三代のうちに大きな津波が6回来たので津波に対して予防はばっちりで家は高台で大丈夫だったし、漁師で船を持っているが津波が来る3分間の間に船を40m引き上げたとか・・明日からでも漁ができると言っているそうだ。また中国の友達が日本から帰るから一緒に中国に避難しないか・・と誘われたけど行かないと答えたそうだ。でも中国にはYさんはマンション(アパート)を3つ持っているとか。そのうち一つは中国人に貸しているがあとの二つは空いている。というのは中国では月5万の家賃を払えるのは少ないとか・・・大金持ちは自分で持っているし、借りなきゃいけない人は5万はきついとの事。そして、「こんな時鳩山のお母さんは東北地方にバンと10億円くらい寄付したらいいんだ」と言っていた。そして話は原発の話に・・・東京電力はこれから10年間は配当を出すべきではないし、また役員がやめるときの退職金も出すべきではないとも。私もそう思う。
さて園内の草花の写真を撮ろうと思ってきたが話が長くなった。温室は入れなかった。
林地で春蘭、カタクリ、ウグイスカグラ、シロハナアマナ、キバナアマナ、アズマイチゲなどが咲いていた。       山茱萸                 ザゼンソウ 
d0102497_1654580.jpg

           トサミズキ               ヒメカンスゲ        
d0102497_16542838.jpg

           ウグイスカグラ             ウグイスカグラ
d0102497_16544932.jpg

           シダレウメ               紅梅
d0102497_17453085.jpg

           シロバナアマナ             シロバナアマナ
d0102497_17461258.jpg

           アーモンド               オウバイ
d0102497_17481335.jpg

            春蘭                 カタクリ
d0102497_17502326.jpg

今は4時で閉演。4月からは4時半までになるという。また今度来てみたい。
帰り、鷹の台の近くの樹で子供が上を見上げていたので見たら小ゲラがコンコンと木をつついていた。上手く撮れないかな~ 連写もやってみたがやはり撮れなかった。
           キバナアマナ               コゲラ
d0102497_1835218.jpg

[PR]
by kuwanobu44 | 2011-03-23 00:15

福島原発 3 月12日~

地震、津波もさることながら今回の東北関東大震災の一番の問題は福島原発だと思う。
12日から次々に不安材料が出てきた。 毎日テレビに釘つけの毎日。一号機で爆発があり、その数日後は3号機からもっと大きな爆発があり、でもこれらは水素が爆発したので核の再臨界ではないのでそれほど大変ではないが、これがどこまで進むのかが問題。東電の人たちも今は必至に取り組んでいるでしょうがこういう事態を避けることはできなかったのか。想定が甘かったのではないか・・
外国特派員と「原子力資料情報室」の会見などを見ると、アメリカでは電源を地下においているとか
どうして原発よりも海に近いところに電源を置いたのか・・など疑問がわく。
ある人は「東電は一番閉鎖的であの体質がいけない」と聞いた。「大丈夫」と言うだけで部外者の意見を真摯に聞く態度がなかったと思う。
新聞の記事で見た人の意見をここに・・・
d0102497_2348168.jpg

でもここ数日消防庁などの決死の水かけで放射能が減ってきているようだし、東北電力からの外部電源接続がつながりそうで少し明るい見通しがあるがまだまだ予断を許さない。
下は東電のホームページから  原発の経過がわかるので。見にくいですがクリックしたら大きくなります。
d0102497_23533460.jpg

また牛乳、ホウレンソウ、カキナなどに放射能がでて、生産地の方たちは本当にお気の毒。「俺たちな~んも悪いことしてないぞ。それが牛乳も捨てることになって・・・」という。その通りだ。政府も「これらを食べても健康には大丈夫」と言っているのだから、政府や東電が買い入れて食べればいいと思う。どこの県の物でも「ホウレンソウは買わない」などとなあっているらしいがこれが一番の風評。そういうところには今後一切売らない・・・くらいの態度が必要だろう。 原発は安いから・・ということで推進したと思うがこうなったらこれらの保障など入れたら決して安くはない。世界の原発がもう一度災害時の総点検をすることになったのが福島原発のしたよい事かもしれない。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-03-22 23:32

計画(?)停電  3月16日

電力が足りないので(当然)計画停電と言って全体を5グループにわけ一日に3時間程度輪番で停電することになった・・・と突然言われた。(13日) それで自分の地域がどのグループになるのかがまったくわからなかった。小平市報のインターネットに乗ったのは前の日の夜11時過ぎ。これでは明日の予定が立たない。でも14日は停電はなかった。そして16日に初めて停電があった。子供時代を思い出す。あの時代は停電があるとろうそくを付けた。そして宿題はやらなくていいことになっていたのでろうそくの中でトランプなどをして遊んだなあ~。 我が家はたまたま昨年9月に生協で手回多機能ラジオランプを買っていたのが幸いした。これが買ってから数年たっていたら私の事だから、しまい場所も忘れたことだろう。
d0102497_2365770.jpg

停電になったらやることがないので、この手回しランプ、ラジオで実験をしてみた。 100回回したらラジオは何分点くか・・またランプはどのくらい点いているか・・・
その結果ラジオは6分で聞こえなくなった。でも灯りはLEDランプなので40分たっても消えなかった。すごいぞLED。
でもこの手回しも結構くたびれる。電池の予備があまりないの手回しで我慢。舞鶴の親戚、明石の友達から「何が欲しい?」と聞かれて「電池」と言ったけど阪神の地震を経験した関西では3月11日の地震後にはすべての店からお米と電池と懐中電灯が消えたそうだ。経験者だから対応が素早かった・・・という。その後親戚から電池が来た。これで安心して楽ができるかな。スーパーの棚からお米や電池が消えたが20日現在、だんだん入ってきた。娘から頼まれたおしめは近所の西松屋で聞いたらおしめの倉庫が地震でやられてだめだそうだし、スーパーで牛乳が来ない理由を聞いたら牛乳パックを作る工場が地震でやられた・・との事。でもこれもどこかで24時間操業で作っているというからすぐに出てくるだろう。お米は群馬の親戚が送ってくれた。有難い。
我が家では設定温度を20度にしているし(家の中でジャンパーを着ている)、電燈も節電、そしてむやみに買いだめに走らないことがこの非常時に強力かな。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-03-22 23:17

地震その後  3月12日~

昨日の地震は東京でも相当すごかったらしい。私は高速を走るバスの中にいてその揺れを体験するチャンスを失ったが・・(まったく気が付かなかった)
昨日家に帰ってからテレビに釘づけである。幸い福島の皆が無事。
一番の心配は福島原発。第一原発で冷却装置が津波にやられて動作しないとか・・・原発というのは簡単に止められないことと、使用済みのものをどうするかがまだ決まっていないのが問題。次の世代に負の遺産を残すことになる。
高校のクラスメートがアマチュア無線をやっていてその仲間のアメリカ人が送ってくれたサイトを知らせてくれた。 それによると、福島原発や仙台、石巻、気仙沼などの衛星写真でビフォーとアフターがよく見え、すごい地震だったとよくわかる。
福島原発のビフォー
d0102497_22411059.jpg

アフター
d0102497_22415176.jpg

仙台のビフォー
d0102497_22441592.jpg

アフター
d0102497_2245195.jpg

石巻あたりのビフォー
d0102497_22463350.jpg
d0102497_2247638.jpg

津波の威力をまざまざ。
マグニチュードも初め8,7くらいだったのがだんだん上がって9,0に修正された。津波は10mを超えた。その津波だが福島原発は想定を5mにしていたという。甘いんじゃないかな。チリ地震の時にもはるばるチリから津波が来ている日本なのに・・
また、肝心の時に電話が通じないのも問題だ。かろうじて携帯のメールが一番つながったみたい。
仙台の友達はその後電話が通じて無事が分かった。猫が怖がって姿を現さなかったと言う。
電気も止まり、水もでない、またガスも来ない。でもその友達はいつでもペットボトルに植物のための水を30本くらい用意していたのが幸いした。また炭を持っていたのもよかった。我が家で同じ条件になったら、水も炭もない。さて、どうするか・・・
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-03-22 22:52

足利両崖山 織姫神社 鑁阿寺 3月11日

7時に立川に集合。今日は足利の両崖山と織り姫神社、鑁阿寺など。
梅まつりが明日からという梅園のわきを通り、山に登る。まだ梅の満開にはすこし早い。
d0102497_1522143.jpg

d0102497_15312034.jpg

山を下りており姫神社を参拝。 。
d0102497_15324792.jpg

蕎麦屋で9・1そばを食べる。半分のライスとお蕎麦とかき揚げなどで800円は安い。でも大人数なのでそばは少しゆでてから時間があったようで、出来立てではなかった
個の蕎麦屋はかなり古く、ふすまは絵描きさんに書いてもらったとか
d0102497_1534534.jpg


食後「香雲堂」の和菓子やで「古印最中」などを買う。これは行きに地元の人がおいしいと教えてくれた。古印最中を「ボイン最中か」とだれかが言って皆笑った。
d0102497_15354451.jpg

そして各自で鑁阿寺をお参りし、足利学校は外から眺めるだけ(入るのは400円かかるし時間がないので。鑁阿寺の大銀杏がすごかった。500年とか・・・
d0102497_15374295.jpg

そして2時15分ごろバスに乗って立川に向かう。だが途中バスは高速を下された。そして一般道路を通りながらバスのテレビですごい地震の事を見た。目の前でだくさんの車が海に飲み込まれていく。唖然です。大きな赤十字の病院と新幹線が止まっているところ。
d0102497_15485095.jpg

いつもだと5時に立川に着く予定が9時になっても駅のそばまで来ているがつかない。皆バスを降りて5,6分駅まで歩いた。でも電車は動いていない。 さてどうするか・・・私はすでに3時間くらい登山靴で歩いたので足はくたびれている。また家がどうかなっていたら体力もいるだろうからなるべく体力は温存しておきたい。それでホテルに行って空き室があるか聞いた。でも5時の時点で満杯という。それでタクシーを呼んでもらいそれを待つ間にカレーを食べ、10時45分になってもタクシーの順番はこない。 ロビーはホテル側の配慮でいつもより椅子がたくさん置かれていて、夜明けまで待つ人のためにサービスされていた。こういうところは良いホテルだ。タクシーをあきらめ歩いて帰ることにし、約1時間で高木町まで歩いたら運よく空きタクシーが見つかり、ほっとする。でも道がのろのろで家に着いたのは12時半。家が無事に建っていたのがうれしかった。家の中は1階は無傷、2階はテレビが転がって猫の部屋は本が散乱。でも猫も元気でよかった。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-03-21 15:54

川村美術館  3月7日

9時15分に家を出て東京駅集合。高速バスの3番乗り場から川村美術館に行く。合計9名。だが一人は千葉に住んでいるので美術館で合流。バスはすいていて10時55分発で11時55分に美術館に着く。Uさんと合流してレストランへ。全員ランチプレート1200円とコーヒーが200円。このランチプレートはとんかつが入っていてそれが意外においしかった。 それから美術館に入場、シニアは200円安くて1000円。今回は「上村松園」の特別展。下絵が多かったが肝心の上村松園の作品は少なかった。 約1時間で見終わり、常設館を見る。アメリカ人の現代アートがたくさんあったが、良さはわからない。他の部屋にレンブラントやミレー、モネがあり、それは良かったし 尾形光琳や横山大観、加山又造もよかったが作品が少なかった。私は長谷川等伯の絵を期待したが展示がなくて残念。美術館の中を見た後は庭園を散策。
川村インキ製造所が1908年に創業し、第一日本インキ(DIC)に名前を変更したがその2代目社長の川村氏が作った美術館。一番初めの収集が長谷川等伯だとか。それにしても広い庭。隣のDIC総合研究所と合わせて計9万坪。
d0102497_2012473.jpg

d0102497_20132773.jpg

d0102497_2125479.jpg

仲間の一人が「雪割草が咲いている」と教えてくれたのでその写真を撮る。
d0102497_2163840.jpg

d0102497_2181645.jpg

この川村美術館を後にして3時20分のバスで京成桜駅に行く(フリー)  約30分 そこからユーカリが丘まで電車にのり、そこから歩いて今日の夕食のレストラン「ヴアンガード」に行く。
ここはジャズレストランで、オーナーの奥さんがIさんの中学、高校の同級生。本来は火曜日は休みだが我々のため貸切で開いてくれた。コース料理もおいしく、懐かしい映画音楽など弾いてくれ
仲間の一人がリクエストして弾いてもらいその歌を歌った。初めて歌うのを聞いたがなかなかの声だった。最後はタクシーで東葉勝田台に出て西船橋から武蔵野線で帰る。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-03-15 21:16

組歌演奏会  3月6日 

11時過ぎに家を出て、四谷の紀尾井ホールに行く。 琴の組歌演奏会に行くため。生田流、山田流といった流派にかかわらず組歌の良さを伝えようと鳥居名美野さんが始めたもので今回は10回目の記念。第一部と第二部に分かれて、第一部が3000円、第二部が4000円だが通しで買うと6000円。主人と二人で6000円を買っておいた。

第一部が午後1時に開演。
1  友千鳥(ともちどり) 組歌研修生
2  空蝉(うつせみ)   設楽千聡代、萩岡美貴、 中彩香能
3  心尽(こころづくし) 佐々木千香能、小林名与野
4  花の宴(はなのうたげ)毛塚珠子、黒川真理、深海さとみ、吉川あいみ、安嶋三保子
5  四季曲(しきのきょく)大登松和 田中奈央一

友千鳥は研修生が12名で・
2番目の「空蝉」が秀逸だった。琴もぴったりあっていたし歌もうまい。この若手3人がこれから山田流を背負っていくだろう・・設楽さんは少し太って貫禄が出てきた。お子さんも2人生まれたとか・・・
3番目の心づくしは歌の上手い佐々木千香能さん。声がよく通るし歌も素晴らしい。
4番目は生田流の深海さんの5名。琴の音色はやはり生田流はいいし、ぴったりと合っていてさすが。
5番目は私が山田流で一番期待をしている田中奈央一さん。山登松和さんも今が一番声も出るし油が乗っている。この二人の歌が聞けただけで今回は来てよかった。
2時40分くらいで休憩。どこかで昼食を・・とおもい、ホテルニューオータニに入ったがやはりどこも高くてやめて駅まで行く。そして喫茶店に入り、カレーやサンドイッチとコーヒー。ホテルだと天丼が3150円とばからしい。 その後新宿三丁目の方に歩いてましなレストランを見て歩く。イタリアパスタの店がいいかな。
そして四谷の土手を歩いた。夏目漱石が「吾輩は猫である」で書いたように松の枝振りが良いのが多いし桜も太くてどっしりして見事。
d0102497_19273998.jpg


第二部は4時半に開場で5時に開始。 こちらは本当は指導者だからという事で4000円だが通しで3000円になっていたが、一部が良かったせいかそれほど良いとは思わなかった。

1 玉鬘(たまかずら)    吉村美穂井、橋本芳子
2 雲井弄斉(くもいろうさい)富山清琴、 富山清仁
3 末の松(すえのまつ)   鳥居名美野 亀山香能
4 薄衣(うすごろも)    芦垣美穂  岡村慎太郎
5 扇曲(おうぎのきょく)  山下名緒野 川村京子

特に鳥居さんはお年のせいか声量が落ちた感じ。でも組歌をここまで引っ張ってきた功績は大きいと思う。亀山先生はしっとり聞かせてよかった。 芦垣美穂さんと岡村さん(若い男性)のとき芦垣さんが一瞬歌を忘れて止まってしまった。 これはプロとしては困るだろうな。でも組歌が曲が似ているし、アンプで覚えるのは大変だ。

最後の曲を聴いて終わったのは6時40分ごろ。そして先ほど見ておいたイタリアンレストランに行く。{ピッッツア サルバトーレ) 混んでいて待たないとだめみたい。でも外の席ならOKみたいなので外で食べる。外のストーブをつけてくれたし、暖かかったので気持ちよかった。そこでミネストローフのスープを食べる。、しばらくしたら中が空いたということで入ってスパゲッティーを食べる。味は良かった。そして帰る。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-03-15 12:23

府中梅まつり 3月1日

雨は出かけることは上がったが寒いし空がどんよりしていた。
朝、10時に新小平でOさんと待ち合わせ。府中本町からタクシーで郷土の森の梅まつりに行く。かなり広い。梅はまだまだ持ちそうで本当は3月6日までだが13日まで延長・・・との事。
お雛様を飾っているところや、県木園をみて、梅園に行く。人は少なかったがいるのはシニアばかり。
d0102497_19202100.jpg

d0102497_1921664.jpg
d0102497_19214436.jpg
d0102497_19244744.jpg
d0102497_22441910.jpg
d0102497_22443937.jpg

猫柳の穂が赤いのは初めて見た。菜の花の黄色が鮮やかだししだれ梅がきれい。
そして11時過ぎにお茶室に入り、お茶とお菓子で300円をいただく。二人の写真を撮ってもらう。
d0102497_2250360.jpg

塒出錦(とやでにしき)という梅の花がきれいだった。
d0102497_22562819.jpg

今日は民家での蕎麦屋は開店していなかったので、エントランスホールでそばと稲荷のセット770円(私はうどんと稲荷のセット)を注文。ちょうど12時ごろで少し待たないとだめだった。
食後、一服してタクシーを呼んで府中本町まで。そこから母のホームの西大井に行く。
部屋に行き、いろいろ持ってきたものを一緒に食べる。大村さんは大きなイチゴや、デコポン、それととてもかわいらしい和菓子を持ってきてくれた。
母は「まあ、今日はうれしい日だこと」と喜んでくれた。
私がもって行った雛ロールも食べ、コーヒーも飲んだ。
d0102497_232337.jpg
d0102497_2322479.jpg

4時ごろホームを出たが雨が降っていた。西大井から武蔵小杉経由で新小平まで。お疲れ様
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-03-14 19:25

タブラチューラの演奏会 2月26日

タブラチューラの演奏会に行く。場所は航空公園から歩いて10分くらいのミューズ。この中に演奏会場が3つくらいあり、今回の演奏はキューブ館で300人くらいの小さな席。主人がこの古楽の演奏がすきで時々付き合うが子供が小さい時、鷹の台の本屋の地下で聞いたことがある。この「タブラチューラ」というのは「楽譜」という意味。今年は27年目だという。
インターネットから引いてみると
1984年に、リュート奏者のつのだたかし氏を中心に結成された古楽器のアンサンブルが《タブラトゥーラ》です。結成当初は、ヨーロッパ中世・ルネサンスの舞曲を中心としたプログラムを中心に演奏活動を行っていたようですが、現在はメンバー自身のオリジナル曲を中心とした、時代も国も飛び越えた不思議な音楽の世界を聴かせてくれる、世界に類を見ない「古楽器バンド」として活動しています(まったく古楽の演奏会が無い、ということではありません)。

 自分たちのオリジナル曲を交えて演奏したり録音を作ったりする団体は、スペインのアトリウム・ムジケー古楽団などを筆頭に、昔から幾つも存在しています。けれど、タブラトゥーラくらい、それをわざとらしさを感じさせずに、楽しい音楽として演奏している楽団は少ないように思います。

 古楽器の生み出すどこか懐かしい響と躍動するリズム。そして、山下洋輔や吉田日出子、小川美潮などをゲストに向かえたりする、どちらかと言えばノンジャンルとも言えそうな音楽。それらは、いかにも村々をまわる旅芸人の即興演奏そのもののようで、録音からだけでも、演奏者が楽しんで演奏している様子がダイレクトに伝わって来るようです。


例により「つのだたかし」の話術が面白く、楽しめた.
今回は歌の「波多野睦美」が特別出演でこれもよかった。イギリスの民謡を歌ったが・・・3時から始まり5時ごろ終わる。ロビーでも演奏してそこでは皆手拍子で聞いていたが、その後のCDの販売ではさっと帰る人が多かった。我々もそうだが・・
所沢にでて、インターネットで調べていた「ヒマラヤン ダイニング」のカレーを食べに行く.
その後、駅のそばのデパート「西武」に入り、ドンクのパン、サイボクの肉、魚(ほたて)やシイタケを買って帰る。
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-03-14 18:32


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧