つれづれ旅日記



<   2010年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧


8月12日 武蔵野山荘

朝からテレビで「御巣鷹山」の事をやっていた。もう25年がたったのだ。あの日は娘たちと流山の両親の所でテレビを見ていたが・・・娘たちもまだ小学生たった・・・・
7月に高峰温泉に行ったとき、親切に登山靴や雨具を貸してくれたがその製品が「武蔵野山荘」という三鷹にある登山関係のものを売る店のものだったので、今日は主人の登山靴や、私の雨具などを買いに三鷹まで行った。 私の登山靴は6,7年前のものでかなり重い。今は軽くていいのがあるようだ。主人はまだ登山靴を持っていなかったので靴を買った。私は雨具の上下を・・・
その店で面白い靴を見た。
d0102497_2124529.jpg

インターネットで調べてみると
この靴は、MBTという名のスイス製のウォーキングシューズである。MBTとは、Masai Barefoot Technology(マサイ族の裸足歩きにもとづく靴技術)の略称である。自然のままの、凸凹の激しい野山を駆けめぐっているアフリカ・マサイ族(ケニア南部からタンザニア北部に住む先住民族)の人々の身体能力が素晴らしい。その立ち姿の美しいこと、歩き方、走り方のなめらかなこと。それでいて関節や筋肉の痛みなどまったく無縁なこと。そのことからヒントを得て、スイスで開発されたものだ。靴底が変わっている。特殊な形と構造を持っている。底が前後に円い。昔、主として万年筆を使って文書を書いていたころ、机の上の必需文具だったインクの吸い取り道具(インク・スタンプといったか)に似た形をしている。その円い靴底の踵部分にかなり分厚いクッション材が入っているのも特徴だ。足の裏にかかる体重が、普通の靴の場合、まず踵、ついでつま先に集中してかかる。この靴の場合、体重は足の裏全体になめらかに後ろから前へ移動していく。これだと踵の痛みの原因だった踵部へのショックが軽減されそうだ。
これは靴を履きながらエクササイズをしているようなものらしい。私の母も膝の関節が悪くなり(高齢の女性に多いが) 歩くのがままならないがマサイ族のように最後まできれいに歩けるとしたら試してみたいと思う。値段がちと高いが・・・3万円から5万円。
[PR]
by kuwanobu44 | 2010-08-31 15:30

7月29日 母が転ぶ

夜、母のホームから電話が来て、母が廊下で転んだという。しかも広い廊下で・・・腰と頭の後頭部を打ったようで、生徒の勉強が終わってから9時過ぎに行ってみた。頭の後頭部を打ったので、吐いたりしたら危険・・・ということで2時間おきに施設の人が血圧などを測りに来てくれた。母は「腰が痛い・・」としきりに言っていた。 結局24時間たっても頭の方は異常がなかったのでよかったが、年寄りはわけもなく転ぶから怖い。しかも以前より回復に時間がかかるようになっている。施設の人の話だと、3年間で14名ほど転んだが9割が骨折だそうだ。 今度の月曜日に医者に連れて行ってもらって骨を調べることにした。 
月曜日に兄夫婦が医者に連れて行ったところでは骨折」はなく、コルセットをして安静にしておくように・・・との事。
でも次の週に医者に行ったら「圧迫骨折」との事。
それから3週間がたったが、母の腰は少しはよくなったがまだ動くときは痛いようだ。
私も転ばないように気をつけなくっちゃ。
「お母さん、10年たったら隣の部屋に私が入るからね」と言ったら
「いやよ、あと10年も生きているのは・」との事であった。
[PR]
by kuwanobu44 | 2010-08-31 15:02

7月4日 おもちゃの大国

9時半に水道橋駅で娘と孫に会う。娘は仕事があり、今日は婿殿は仕事だし保育園は休みなので孫の相手をすることになった。娘の仕事は水道橋だったので 孫を引き取っておもちゃの王国に行くが10時からでないと入れない。 アトラクションのところを散歩。
10時10分前に戻って並ぶ。 大人1000円×2 子供700円。日曜日は混むので3時間だけ。延長は30分ごとに大人400円子供300円払わないといけないそうだ。高いこと。
今はこんな施設があるのね。 子供がいないと絶対来ない場所だ。
入ってすぐにプラレールの遊び場にいった。自分で線路を作って電車を走らせるもの。女の子でも飽きずに長いことこれで遊んだ。 涼しいし監督が楽だし・・・
d0102497_23421863.jpg

新幹線や電車を走らせたが1時間ほど経つと電池が切れかけて新幹線が鈍行になってしまった。
ようやく他の場所の遊び場に移る。ブロックでは20分くらいしか遊ばなかった。そしてリカチャン人形の所に行ったが、込んでいて着せ替えが出来なかったので「シルバニアファミリー」で遊ぶ。ミニチュアの家があり、椅子やピアノもあり、まあ、ままごとみたいなもの。 そして大きな「りかちゃん」の人形と並んで写真を撮る。 着せ替えなど楽しんでやっていた。私も子供に帰っていろいろ着せ替えて遊んだ。 
d0102497_23461893.jpg

d0102497_23482146.jpg

また室内のいたるところに「アンパンマン」などがあり、お金を入れたら(100円)クイズが出てきて遊べるようになっていた。今の時代はお金がないと遊べないのかな。
私が4歳のころは・・地べたであそんだなあ~
[PR]
by kuwanobu44 | 2010-08-29 23:51

7月15日、16日 八方、白馬

立川自然観察友の会7月例会は1泊で白馬。
15日 朝朝6時25分に立川農協前集合。 全員で16名参加。
運転手は今日の宿「リゾートハウス萌愛」の支配人タケシさん。 マイクロバスの後ろにカーゴをつけて白馬から迎えに来た。25分に出発。松川SAなどを経て11時ごろ「ホテル萌愛』着。部屋に入りすぐに歩けるリュック、雨具、カメラなどを持ってケーブルカーの下まで タケシさんに送ってもらう。ゴンドラ(4人乗り)はかなり長いこと乗る、、リフト(4人乗り)は2回乗り換えてようやく八方池山荘まで着く。歩いて八方池まで行く予定だったが雨のため第二ケルンまでで引き返した。
d0102497_23264160.jpg

d0102497_23273219.jpg
d0102497_2328778.jpg

d0102497_23293137.jpg

散々雨に濡れたが花がみずみずしくてきれい。よい事もある。 ウサギ平までのケーブルカーを乗らないで歩いて下りた。その間も高山植物をたくさん見られた。
下に降りて歩いてホテルに戻る。 
ホテルの庭には「タイマツソウ」「オカトラノオ」が見事だった。
d0102497_23361016.jpg

4時過ぎにホテルに戻る。私の部屋は2階の8畳で小林さん(良)、栗林さんと一緒。
まずゆっくりお茶を飲んで一休み。ズボンがぬれたので着替える。そしてお風呂。いい気持ち。お風呂は地下。6時半から夕食。 料理も郷土色が出ていてとても良かったが味が全体に辛かったのが残念。7時半頃から支配人のタケシさんが自分で撮った写真をいろいろ説明してくれた。
冬は雪かきの仕事もしているとか…カーゴを付けての運転は回るときが難しいでしょう・・と聞いたらバックするのが難しいとの事。なるほど。  11時ごろ寝る。
16日雨が止んでいたので5時から散歩に行く。
d0102497_23432835.jpg

会長がイタドリの茎をカットして笛を作り音を出したりして遊んだ。
雨も上がって今日はよさそうだ。ホテルの帰り道も植物がきれいだった。
d0102497_23455924.jpg

宿に戻り朝7時半から朝食。 運動したので流石においしい。 
8時45分にタケシさんの車で猿倉に行く。そこから白馬尻まで登る予定。
途中の花がみなすばらしかった。
d0102497_23501449.jpg
d0102497_2351858.jpg
d0102497_23513351.jpg

昨年たった一つの「キヌガサソウ」をみて興奮していたのがうそのようにここにはたくさんのキヌガサソウ、サンカヨウ、エンレイソウがありました。10年分見た感じ。
d0102497_23553634.jpg

全員が揃って、萌愛のタケシさんがカーゴつきでマイクロバスを運転してきて、一路立川まで・・・
2時過ぎに出発。 ジャスコ、道の駅松川、 双葉のSAにトイレ休憩して全員無事に立川着。 
[PR]
by kuwanobu44 | 2010-08-29 23:35

7月11日 クラス会 池の平

11日朝8時半に家をでて、大宮に9時半着。9時50分ごろの新幹線で上田まで・・今回のクラス会は幹事が山に詳しい人なので案内をしてもらうことに・・・上田についたら迎えのバスで「休暇村鹿沢高原」に行く。あいにくの雨だ。
建物も良いし、今まで休暇村はあまり利用していなかったがこれから使ってみよう。
お昼だったので食事をした。 そば630円
d0102497_014060.jpg

昼食後雨の中傘をさして「野草園」の散策。山女の友達が説明していろいろな花を教えてくれた。
d0102497_010899.jpg
d0102497_0104625.jpg

d0102497_12122352.jpg

シュロソウの花の写真が取れたのがうれしい。
★アヤメと菖蒲の違い・・アヤメには綾の目がある・・・
★チダケサシ・・きのこの「チダケ」を刺して持ち帰るのに使った植物
★ノアザミは花びらの下の部分がべとべとしている。ノハナアザミはちくちくする
★ギボウシはつぼみのとき欄干のギボウシに似ているので名前の由来。
★イケマを食草としている蝶は「アサギマダラ」
★「ハンゴンソウ」 葉が下に向いて幽霊のようだし、お盆の頃に咲くので「反魂草」という。
以上のことなどを説明してもらった。夕方の便で来た人、自分で車を運転して浅間山も登ってきた人など、全員で11名が集まった。6時から食事。自分で作らないよいのがうれしい。
話題は「介護」の話が増えた。
12日 一部の人はまっすぐ帰り、他の人は池の平を散策して、高峰温泉へ。
チャーター便で池の平へ行く。8時45分出発。またあいにくの雨。今年は雨についているなあ~。
でもその分植物はみずみずしくてきれいだったが・・
d0102497_12312199.jpg
d0102497_12321019.jpg

d0102497_12355192.jpg

★「オトギリソウ」は秘草を弟がしゃべったので兄が弟を切り殺したことから名前がついた。そのときの血の色がつぼみのときの色花の色は黄色
★白樺は幹に「へ」の字に模様が入る。「ダケカンバ」は入らない。「白樺」は高い山では見られないが「ダケカンバ」は見られる。
★「グンバイヅル」は実の形が相撲の軍配に似ている。
雨がやまないので12時半に高峰温泉に迎えに来てもらう予定を早めて、12時に池の平まで迎えに来てもらった。 この宿は親切でぬれた雨具、リュック、靴などを暖炉のそばに乾かすところを準備して乾かしてくれた。こういう心遣いがうれしい。ぬれた体をお風呂で温め最高!
お休みどころにはエサ台があり、リスやタヌキ、テンも姿を見せてくれる。夕方には「カメラ講座」も開かれた。また夜は「天体観測」天気がよかったら外で行われるが雨なので室内で講座があった。
肉眼で見ることが出来る火星、土星などの星座の見つけ方など・・・また流星群が見られる日にちなど・・・
シブンギザ流星群  1月1日~1月5日    1月4日がピーク
ペルセウス流星群   7月20日~8月20日  8月13日がピーク
ふたご座流星群   12月5日~12月20日  12月14日ごろがピーク  
   ピークの時は1時間に30個くらいの流星が見られる。
また正しい温泉の入り方の講習もあった。ぬるい風呂で長く入るのがよいらしい。
13日 また雨。仲間とどうするか迷ったが、ホテルの中でいるよりはもう一度「池の平」を見たい・・ということになり、ホテルのバスで出かけた。その時ホテルの人が我々のうちの3人の靴を「これだと、水が入ってくるので、ホテルの靴をお貸しします」という。登山靴を貸してもらった。この靴がとても履き心地がよかった。また雨具の上下を借りた仲間もいた。無料で貸してくれた。こういう親切がリピーターを作るのだろう。 雨は降っていたが快適な歩きだった。
d0102497_1253759.jpg

また昨日とは違ったコースを案内してもらい、コマクサがたくさん咲いているところを見ることができたし、「ヒカリゴケ」を見ることができた。
d0102497_12543271.jpg

11時半に集合でまたホテルに戻る。 15時30分のバスで佐久平に出て新幹線で帰る。
[PR]
by kuwanobu44 | 2010-08-29 00:10

6月29日 母とあじさい公園

雨ばかり続いているがなんとか天気が持ちそうなので2時ごろから母を0さんと私でアジサイ公園に連れて行く。思えば車椅子で出かけたのが1年前のあじさい公園が始まりだった。
肝心のカメラを忘れたのであじさい公園まで主人に届けてもらった。母は「良くここがわかったねえ・」と言って何度も「ご主人に悪いことをした」と言っていた。
あじさいは今年はまだ咲くのが送れているようだけれどとてもきれいだった。
d0102497_2323493.jpg
d0102497_23235014.jpg

d0102497_23265797.jpg

あじさい公園のそばの「ラグラス」という喫茶店でハーブティー、ジュース、ケーキで一休み
ここのトイレは車椅子対応なので助かる。庭にはハーブなどいろいろ草花が咲いていた。
みどりの大木の下を通るので涼しい。また「エゴノキ」の実が白くたくさんつけていたし、
葵の花がとてもきれいだった。
d0102497_23304458.jpg

[PR]
by kuwanobu44 | 2010-08-28 23:29

 6月25日    猫 ジョアンの死 

我が家の飼い猫ジョアンは娘が北海道にいた時に飼った猫だがもう10年前から我が家に来ていた。
野良で生まれて1年くらいたってから拾われたようでその拾った人が大屋さんからだめと言われ娘が買い始めたので人に慣れないというか抱っこも嫌がる。でもこの頃は抱っこをしても逃げなくなっていた。 昨年10月に腫瘍がお乳のそばにでき、医者に連れて行ったら「乳腺腫瘍」との事。猫の場合は悪性度が高いそうで私は手術反対派、主人は賛成派で1週間もめたが、今の時代できることはやってみる・・という主人の意見を取り入れて手術をした。 人間なら「こういうことだから・・」と説明もして、納得してから手術を受けられるが猫の場合、わけもわからず病院という「非日常」の場所に入れられて本当に怖かったのだと思う。家に戻っても2日間はまったく飲まず食わずで・・かわいそうだった。 それから徐々に元気になっていったが、今年の2月ごろから体のあちこちに転移した腫瘍が見つかり、「やはり猫は悪性度が高い」を実感。食欲も減ってきたので、いずれは・・・と覚悟をしていた。でも2,3日前には2階にも上がったり下りたりしていたし、前の日はおいしそうにぶりの切り身を食べていたのに・・だからあと1週間は大丈夫と思っていた。でも今朝起きたらジョアンは絨毯の所で横たわり、すでに息はなかった。一言も言わずに(啼きもしないで)あの世に旅立って行ってしまった。 最後まで孤高を貫いたのね。
初めはショックだったが考えようによっては最後まで自由に動けてよかったのかもしれない。
長崎からのみかんの木箱の大きさがぴったりだったのでそれを御棺にして普段使っていた座布団のかわにくるんで庭に埋葬した。 安らかに眠ってね
[PR]
by kuwanobu44 | 2010-08-28 15:43

6月22日 鐘山苑

6月20日の琴の会が終わったら友達とお疲れ様で温泉行を計画していた。
琴の会では咳でひどい目にあったがようやく快方に向かったし予約もしてあったので出かけた。
新宿の高速バス乗り場に10時ごろ集合。生田の琴をやっている友達3人との温泉行。
約2時間で河口湖。 バスで「オルゴールの森」に行く。園内はバラがきれいだった。
d0102497_032816.jpg

d0102497_091326.jpg

1時半からホールでの生演奏やミュージクボックスの演奏を聞く。 その後 人形の仕掛けオルゴールなどの演奏を聞き、3時ごろ河口湖駅に戻る。  鐘山苑の車が迎えに来てくれ、ホテルへ・・・
このホテルは生け花が見事。 部屋は8階の831号室で角部屋でなかなか良かったが残念ながら富士山は見えない。 25時間ステイの女性にはかわいいケーキなどのお菓子とコーヒーか紅茶やジュースが付く。3人で庭を散歩。
d0102497_0102625.jpg

そして2か所のお風呂に入る。お風呂に行くところまでの通路の花が見事。
ここは生け花が素晴らしい。
d0102497_15325585.jpg
d0102497_1534891.jpg

夜は力強い「富士の太鼓」の演奏がよかった。その後の「ビンゴ」も楽しめた。
次の日もお昼がついていて、ゆっくりおしゃべりし、夕方5時のバスを予約してもらって帰ってきた。
[PR]
by kuwanobu44 | 2010-08-19 00:10

6月20日 琴の発表会

毎年6月は簡単な内輪の琴の会がある。 洋服でいいし気楽なのだが今年はちょうどその時期に喉を痛めてしまった。 歌うのだが声があやしい。咳が出てくる。 昨年8月の姪のピアノコンサートで姪が咳をしながらピアノを弾いていたのを思い出した。当日にベストコンディションを持っていくのが大変だ。 
曲は 「桜狩」と 「宇治めぐり」だが咳を何とかしなくちゃ。コンタック咳止め液体やら龍角散やらクララなどを買い込んで会に臨んだ。
それでも心配で会場の近くの薬局に行き、予備の薬も手に入れてなんとなく安心。
琴を弾くだけならいいけど歌の所は普段の声の3分の一くらいしか出なかった。
声が出ないのはつらい。 それに声を出すのにすごい力がいるということもわかった。
まあ、なんとか終えてホッとする。
[PR]
by kuwanobu44 | 2010-08-18 23:55

6月16日 八子峰

朝5時半におき、おにぎりなど準備して立川に7時半集合。定刻出発してバスで長野県の八子峰まで立川自然観察の会の6月例会。参加者25名。一番の心配は天気だがどうやら空が明るくなってきてラッキー。10時半に白樺湖畔に着く。いろいろな植物を見ながら山を昇るがそれほどきつくない。木で白い花がたくさんついているのがあり、それは「ズミ」だという。別名「コリンゴ」だとか・・・
d0102497_2334773.jpg

30分くらいで頂上に着く。1833m。 
d0102497_23371871.jpg

幹事さんが「じゃあ、ここでお昼にしましょう」と見晴らしの良いところで行って、皆が座ろうとしたら大粒の雨が降ってきた。何もさえぎるものがないので、会長が30分くらい歩いたらホテルがあり、そこの庇のところで雨にぬれないで座れるのでそこまで行こう・・・となり、お腹がすいていたが、皆歩きはじめる。 ようやくついたがそこは26名が入れるところではなく結局バスまで戻ってバスの中で食事。やれやれ、今年は本当に雨についている。
2時ごろバスで帰りにつくが途中、白樺湖の回りを一部散策。この時は日本晴れ。私は傘をさして日笠に・・・コンフリーの花がきれいだった。初めて見た。
d0102497_2343735.jpg
d0102497_23453683.jpg

木道を途中まで歩いてバスに戻り、帰路に着く。 帰りごろには快晴になっていた。
[PR]
by kuwanobu44 | 2010-08-18 23:42


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧