つれづれ旅日記



<   2010年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧


本「葉でみわける樹木」 12月28日

娘が用事で我が家に戻ってきた。そのとき面白い本を持っていた。
「葉でみわける樹木」と言うもの。花が咲いていたり特徴があれば何と言う木かわかる場合があるが葉を見たら樹木がわかるという・・・しかもこの著者は写真ではなく、葉をスキャナーで取り入れたらしい。実に葉がわかりやすく見える。
それで数日後インターネットでその本を注文して手に入れた。
著者は 林将之さんで、以前インターネットで「この木何の木掲示板」と言うのを覗いたことがあるがそこの所長さんだ。そして、別の本も書いている。 樹皮ハンドブック。
私は樹皮と葉と花を同じページに入れた本があれば一番だと思うが、このような本が出来てきたのも面白い。
d0102497_19285442.jpg

そこで私も紅葉を拾ってきてスキャナーで入れてみた。
フムフムなるほど写真よりよく見える。
d0102497_19333366.jpg

この写真はサイズが小さいのであまりわからないが拡大すると実に葉脈などがよくわかる。
しかしこれは何の木の葉かはまだわからない・・・いずれわかることを期待して・・・
[PR]
by kuwanobu44 | 2010-01-30 19:25

母を車椅子で小平まで・・・12月22日

今日は従妹のMちゃんがホームに来てくれることになっていて、昼は外で食べることにした。
ホームにはいろいろな人がいて、母が食事から帰ってきたら知らない人が母のベッドに寝ていたとか・・・
その人はいつも同じ事を言っているけど、悪い人ではない。自分の部屋がどこかわからなくなって、母の部屋に入り込んだみたい。施設の人に「部屋に鍵をつけましょうか?」といわれたが、母が鍵を掛けられるとは思わないので(手が震えるし、中腰で立っていて鍵を掛けるのは無理だと思い)「あの人は間違えただけで、凶暴ではないのでいいです」と断わった。 これが立場が逆で母が他人に迷惑をかけたのなら困るな・・・でもいつかはそんなときも来るかも知れない。
さて、車椅子で小平駅まで行き、その先のアジサイ公園のそばの「ラグラス」という喫茶店に入る。
途中、木に赤い花が咲いている。どう見ても梅みたい。12月に咲くのかなあ。
d0102497_23165672.jpg

この「ラグラス」には以前お茶を飲みに来たことがあったが、食事は今日が始めて。ランチ1150円は和食でなかなか良かった。一番いいのはここのトイレが車椅子で入れる事。これがありがたい。
帰りは小平駅のそばの雑貨をみたが気に入ったのがなく買わずに帰る。
ホームに帰ってから従妹のMちゃんがカナダに行ったときの写真を見たり、母がオーストラリアに行ったときの写真を見たりしてすごす。Mちゃんが今日「シクラメン」の鉢を持ってきてくれにぎやかになった。
d0102497_18412332.jpg






 
[PR]
by kuwanobu44 | 2010-01-29 23:05

牧場の湯  教会のコンサート12月20日

以前行ったことがある牧場の湯に買い物に行った。狭山市駅からバスで17分。温泉もあるが元牧場だったので、豚肉の製品を売っている。ドイツで金賞を500以上とっているので味は大丈夫。 日曜だったこともあり、駐車場にいっぱいの車。売り場も人、人。お昼はここで取ったが、ソーセージもトンカツもさっぱりしていて、食べた後胃にもたれない。それで、数件のお歳暮をここから送ってもらう手続きをした。
ソーセージ、豚の味噌漬けなど。 以前来たときより、少し値段が上がっている。これもお正月前だからか・・・
温泉も入りたかったが入ったら帰るのがいやになるので今回は買い物のみ。お茶を飲んだりして時間調整。

また狭山市駅に戻り、今度は池袋線の清瀬駅まで。 今日は清瀬みぎわ教会でクリスマスコンサートがあり、
今井奈緒子のパイプオルガンの演奏があるので、聴きに来たわけ。これは主人の趣味だが、お付き合い。
今年20回目だそうだが、初めて合唱が入るとか・・・「スコラカントームル」という合唱団だがとてもきれいな声でなかなか良かった。 ここのパイプオルガンを作ったという草刈さんも来ていた。
終わったのが8時半。そばにあった回転寿司に入って空腹を満たした。味はまあまあ、かな。
[PR]
by kuwanobu44 | 2010-01-29 22:56

たくあん漬け   12月19日

ここ10年くらい毎年11月の末か12月始めにたくあんを漬ける大根は近くの農家が運んでくれる。それを洗って二階の窓のところに干す。これが重くて重労働。
10年前には一樽に16本を漬けていたが、2,3年前からは12本に減らした。漬けたのを運ぶのが重いから。
「何日くらい干すの?」とよく聞かれるが、それは天候次第。くるりと円を描けるくらいやわらかくなるとOK
天気がよければ10日くらいで大丈夫になる。でもなかなか忙しくてほっておくと干しすぎで、水分が足りなくなる。私はどちらかと言うとみずみずしいほうが好き。 
母が毎年漬けていて、もらっていたが、10年位前(もっとかな)から教えてもらい自分でつけるようになった。
塩、砂糖、昆布、鷹のつめ、ぬか、カキの皮の干したの・・など。
今年は大根が出来るのが遅くて、12月に入ってから届いたので、漬けるのも遅くなってしまった。
本来なら1月の1日に食べられるのだが、今年は遅れているから無理だろう。
3,4日しても水が上がってこなければ、さそい水を足すが・・・
24日に見たらちゃんと水が上がってきていた。これで大丈夫かな。
[PR]
by kuwanobu44 | 2010-01-29 21:13

奥多摩散策  12月Ⅰ5日

立川自然観察友の会の12月例会で奥多摩に行った。
7時7分の青梅行きに乗り、青梅から乗換えで奥多摩まで・・・
そこからバスで30分。(500円)   バス亭で降りて、・・川沿いに道路を歩いて、下りかや、白髭神社に行く。その先、奥部落のところで昼食。皆さん、金柑を煮たのや、ゆずを煮たのなど、この会は手作りで皆にもてなす人が多い。  少し違った道を帰り、元のバス亭に戻り、少し歩いて「ドラム缶橋」に行ったが、10名くらいは小河地神社まで行ったようだ。やはり温度が低いのかシモバシラがくっきりある。あじさいの花の色がまだ充分きれい。 途中、彩雲(虹みたいだが虹ではなく光の回折の現象で珍しいというか縁起が良いらしい) が見られて全員その撮影に夢中。
d0102497_022858.jpg

奥多摩駅から青梅で乗り継ぎ立川に4時ごろ着き、伊勢丹の8階で忘年会。
幹事からプレゼントとして来年の写真展のカードと奥多摩ガイドのパンフレットをもらった。これは便利かな。
その後6時半にお開きで昭和公園のイルミネーションを見に行く。
とてもきれいだったが写真にうまく撮るのが難しい。
d0102497_065355.jpg

[PR]
by kuwanobu44 | 2010-01-28 00:01

新宿末広亭  12月8日

仲間8人と忘年会で今年は新宿末広亭に行った。 昨年は国立演芸場でそこはシルバーは1100円ととても安い。でも夕食を考えるとやはり新宿が便利で今年はまた末広亭に・・・末広亭は2700円でシルバーだと2500円。落語も漫才もあまりテレビで見ない人が多いがその中で面白い人がいる。 どうしてテレビには出ないのだろう・・・  中でも先ごろ亡くなった円楽さんの2番弟子という川柳さんが面白かった。(一番弟子が今度円楽を継ぐ樂太郎) 川柳さんはもう75歳くらいだがとても元気なのだ。
d0102497_23415345.jpg

ギター漫談のぺぺ桜井も面白かった。
昼夜入れ替えなしだから12時から入って、9時まで見ることが出来る。でもそう長くは座っていられないので
5時ごろ出て、 今夜の夕食のところ「東宝ビル(今はH&Mビル)」の4階の和食「やまと」に行く。
以前「やまと」はJR病院のそばのビルの地下にあったがこの11月からこのビルに移動したようだ。
今夜は鳥コースだったか味は良かった。
[PR]
by kuwanobu44 | 2010-01-27 23:41

経文香  12月8日

父が今年亡くなったので喪中のはがきを出したら、友達から線香が送られてきた。
なんと経文が浮き出てくるという。
普通の線香より幅が広く板のようだ。燃えたら崩れると思い、立てて火をつけるのは無理さろうと
横長の缶のふたを探し、そこに灰をいれで燃やしてみた。
そこでわかったのだが、燃え尽きても崩れない。インターネットで見てみたら立てたままでも
いいみたい 
d0102497_23291871.jpg

いや~世の中変わるものだ。父が生きていたら何と言うかな。燃えた後で経文が浮き出るし、始めに仏様が見えてくるし・・・
良く出来ているけど・・・・
[PR]
by kuwanobu44 | 2010-01-27 23:14

萩山から歩いて多摩湖まで 11月30日

友達と萩山で会い、歩いて多摩湖まで行く。雨こそ降らなかったが寒かった。
水道道路を歩いていったが今の時期はサザンカがきれい。また東村山中央公園では「皇帝ダリア」が満開。
大きな樹木に絡まっている実があったので近くの人に聞いたら「ハヤトウリ」と言うことだ。私は始めてみた。
紅葉がきれい(赤くはないが黄色で・・)たっちゃん池には鴨が2羽仲良くいたのでパチリ。
d0102497_23225429.jpg

約2時間で多摩湖のそばの掬水亭に到着。以前は火曜日が休みだったが今は休みなし。それがうれしい。
湖を眺めながらの食事は最高。丁度鴨が水際に弧を描いて並んでいて、この後、いっせいに飛び立った。始めは石なのか・・・と思っていたが、鳥だったのだ。
d0102497_23424979.jpg

[PR]
by kuwanobu44 | 2010-01-19 23:22

平林寺  11月27日

昨日の夕刊に天皇、皇后陛下が野火止の平林寺のもみじを散策なさった・・・という記事が新聞に写真もなく小さく出ていた。それで北海道の友達が夕方羽田から帰るがその前に平林寺のもみじを見に行こう・・・ということに・・・今年はもみじについているなあ~
朝食後3人で新小平から北朝霞に行く。バスで15分と言うのでタクシーなら早いだろうとタクシーに乗る。しかし・・・・途中でストップばかりして20分経っても平林寺に着かない。友達がが「暑い暑い」と言うのでバスで3つ停留所の前で降りて歩いた。平林寺のすぐ前の道路が土管を埋める工事をやっているので、自動車は片側交通で制限されていた。それで車が動かなかったのだ。しかしである。ここでもまた人が大勢なのだ。平日なのに・・・・私は新聞しか見なかったが、テレビでチラっと出たみたいで、それで今日は人が多いらしい。
面白かったのは団体のガイドをしている人が「私は1週間前に下見でここにきたのですが、この野火止用水は流れていませんでした。昨日は天皇陛下がお見えになったので、今日は流れているのですね」と言っていた事。なにはともあれ、もみじはすばらしいの一言
d0102497_2293170.jpg

d0102497_22123177.jpg

[PR]
by kuwanobu44 | 2010-01-19 22:01

東京国立博物館  11月26日

北海道の友達が我が家に来た。今上野の博物館でやっている[春日権現験地絵巻」を見たいという。テレビで見て興味がわいたようだ。私も今年の琴の発表会で「春日詣」をやったので行ってみようと思った。
しかしである。博物館の前には長い行列が・・・いやな予感 でも10分くらい並んで入れた。
しかし、また入ってからが大変だった。一番に「春日権現・・」の絵巻を見ようと会場に行ったが人、人、人、 しかも一番前の人しか見えない。それで列に並んだがその列がなんとも動かない。平日でもこれだ。テレビの日曜美術館でやったらしい。それで混むのだ。2時間ほどかけてざっと見たがもう充分と言う感じ。
d0102497_217474.jpg

夕暮れ時になり、伊豆栄でうなぎを食べる。まあまあ、おいしかった。それから今夜は表参道の琴の会の切符を予約でとっていたので友達も一緒に行く。
6時少し前、地下鉄上野から銀座線で「表参道」まで行く 6時20分着。カワイのコンサートホールで7時から「亀山香能」主催の和楽の2回目を聞く。ワインが出ていたのでほんの少々飲む。話しが徳丸さんで、永井荷風とオペラ、筝曲、などの話が面白かった。
第二部は「行く秋」でこれは永井荷風作詞に中能島欣一が作曲。また「岡安砧」を秋にちなんでやった。3人の本手と亀山先生の替手がぴったりあっていてすばらしかった。
[PR]
by kuwanobu44 | 2010-01-19 21:04


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧