つれづれ旅日記



<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


猫ジョアンのその後

手術前は3,5kgだったジョアンだが、術後まったく食事を取らないで、2,5kgまで体重が落ちた。退院後も一度病院に体重を量りに行ったがそのときは2,8kgだった。
不思議なもので1週間後の体に着せられたタオルの洋服をはずし、抜糸がすんだら徐々に食欲も出てきた。一安心。
その後、今獣医になっているO君からジョアンのために薬がプレゼントされた。犬、猫専用の腫瘍に効く薬で植物「せんだん」の葉から抽出された成分という。液体になっているため、缶詰のえさに混ぜて食べされることに・・・
d0102497_2234828.jpg


O君とジョアンとの出会いは彼が中学2年生の頃。今まで多くの生徒が我が家にやってきたが怖がりのジョアンが唯一自分から他人の膝に乗ったのはこのO君が初めてただ一人。 そのときのO君は膝に乗った猫を見てびっくりはしたが声は立てず、じっと見守っていた。その後母親から「猫を飼いたい・・と息子が言っているけどマンションだから・・」という話があり、「娘も北海道でアパートだったけど、外へ出さなければ、他人に迷惑もかけないから飼っていた・・」という話をした。その後しばらくして、O君の家は猫を飼い、O君はいつの間にか獣医の道に進んだ。
まあ、ジョアンが関係あるかないかはわからないけど、私にとっては印象的な出来事だった。

この犬猫専用の薬は80%~85%くらい効果があるという。
人間にはどうなのだろうか・・・
ジョアンがこれを嫌がらずに飲んでくれたらいいけど・・・

薬が来てから、数日、書類、飲ませ方などを読み、ジョアンが一番好きなのは鰹節の削ったのだからそれにこの薬「せんだん」の液体をかけてやってみた。 はじめは食べなかったがおなかがすいたのか、だんだん食べるようになった。 
ジョアンは今日田天領水を飲み、センダン入りの缶詰を食べている。父が飲んでいたアガリクスも1錠を粉にして缶詰のカツオにかけて食べている。これであと何年生きられるか・・・・
[PR]
by kuwanobu44 | 2009-12-27 23:30

猫ジョアンの手術   

我が家には飼い猫が二匹いる。どちらも北海道産で茶色(メスのジョアン14歳)と黒(オすの13歳)である。
この二匹が仲が悪いので2階と一階に住み分けているがジョアンが6ヶ月くらい前からお腹に小さなしこりが出来、気のせいかだんだん大きくなってきたので、動物病院に検査してもらった。それが10月4日。
そして数日後検査の結果を聞きに行った。 乳腺腫瘍で、猫は犬よりも悪性度が高いそうな。
私は初めて猫のレントゲンや、エコー写真、血液検査を見た。 猫の14歳は人間の70歳くらいで主人と同じくらいだ。血液検査の表を見て主人曰く「なんだ、俺のよりいいじゃないか・・・」先生曰く、「年の割りに心臓もしっかりしているし、今のところ転移もないようだから、手術をしましょう」との事。主人と私は意見が違う。私は人間なら納得が得られて本人の意思で手術を受けられるけど、猫は何をされるかわからない状態でストレスが大きいから止めたほうがいいのではないか・・・。主人は今現在に生きているのだからできることは何でもしたほうが良い・・・との事。 手術したからって再発の可能性が消えるわけではない。 病院で順番を待っている間にも「うちの猫もガンで手術したけど2ヵ月後に肺に転移した・・」などと聞いたし・・・
でも1週間話し合って一度は手術を受けさせよう・・と言うことになった。転移したら手術はしないので・・
また以前教えていた生徒が今獣医になっているので相談して、「あまり大きく切除しない(つまりカクセイ手術はやらない・・」ということで決まった。
そして手術は18日なので17日にジョアンを病院に連れて行った。狭いところで怖い思いをするのだろうな・・
と心配。18日は私は外出だったが携帯に獣医さんから電話が入り、「無事手術が終わった」との事。
そして、本来なら4,5日入院だがジョアンがまったく固まっているので19日に退院だそうだ。
19日に動物病院に行く。会計は検査が約2万。手術が約11万円で計13万円。保険がないからね。 あ~このお金があればパソコンのセブンがかえるのになあ~
ジョアンは狭い檻の中で目を三角にしていた。 傷口を触れないように洋服を着せられて・・・・
家に帰ったら自分のトイレの中に入ってしばらく出てこなかったが数時間後、ようやくほっとしたのか床暖の上で寝込んだ。 
d0102497_0155661.jpg

この猫ジョアンは後姿がなんとも色っぽい。
[PR]
by kuwanobu44 | 2009-12-27 00:16

亀山香能筝リサイタル 9.30

4時40分、西国分寺で三味線の友達と待ち合わせして千駄ヶ谷の津田ホールでの
「亀山香能リサイタル」に行く。

6時から入り、6時15分からお話があった。解説はいつもの重森さん、でも途中で眠くて寝る。
曲は「新青柳」 筝 亀山香能 三絃米川敏子 尺八
「石山源氏、上、下」 筝歌、亀山香能、上村和歌能 佐々木千香能 木村怜香能
  三絃 鳥居名美野 尺八 
「三つの断章」 筝 亀山香能、 

「海鳴り」 17弦 亀山香能、三絃中彩花能
全曲ともすばらしい出来だった。亀山香能さんのお嬢さんの中彩花能さん三味線でこのところめきめき腕を上げているので(西潟昭子のところで) 先が楽しみ。
亀山さんは以前は筝の名手といわれたがこの頃は唄がとても良いと思う。心に響くような歌い方だ。
一番前でいつも来ている中能島派のIさんは今日は来ていないのかな・・と思ったら重森さんの話は興味がないので6時半過ぎに来たとのこと。帰りにはまたいろいろ話しが盛り上がった。
[PR]
by kuwanobu44 | 2009-12-26 21:11

ホームの母の部屋にゆったりした椅子を・・・ 9月16日

数日前からリサイクルセンターでゆったり座れる椅子が気に入っていた。買おうかな、止めておこうかな。
母がホームで机に座るときの椅子がちょっと粗末で気に入らなかった。迷っている椅子はキャスター付きで楽なのだが「年よりは動くと安定性を失って危ない」と店の人もいうので迷っていたのだが、母に相談すると「大丈夫だよ」と言うので、配達をお願いした。だめなら我が家で使えばいいか・・と。 
それでホームに行ったがまだ椅子が届いていない。おかしいな、午前中には届くといっていたのに。お店の人に電話したら、ホームの事務室に預けてあるという。母だけのところに届けてなにかあったら・・・というらしい。
事務へ行って椅子を取ってくる。母は「これは良い椅子だね」と喜んでくれたが、キャスターが付いているので、乗り降りの練習をしてみる。必ず机を後ろにして、乗ることなどを・・・まあ、座ってみたら、座り心地はいいけれど・・・・「絶対に怪我をしないでね」に対して「怪我なんかするものか・・」と元気がいいが、一抹の不安。
母の七分のブラウスをアイロンをかけて持ってきたのは喜んでくれた。
また、髪の毛を切ってあげ、それも喜んでくれた。菊の鉢がきれいだと・・・それも喜んでくれた。
いつもついついけんかになるけど、やはり喜んでもらえたらうれしい。
でもこの椅子で怪我をされないことを祈る。
[PR]
by kuwanobu44 | 2009-12-26 21:00


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧