つれづれ旅日記



<   2009年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧


六道山公園から埼玉緑の森博物館 09.4.3(金)

今日は風もなくとても良い日。主人と10時半頃、新小平から拝島経由で箱根ヶ崎にいき、六道山公園に行く。拝島でおにぎり、稲荷、パンを買う。 お茶は家から持ってくる。
11時半ごろ箱根が崎駅に着く。歩いて1時間ほどで六道山展望台に着く。12時半ごろ。
残念ながら富士山は見えなかったが、 降りて芝生のベンチで食事。そばにきれいな桜が咲いていた。
d0102497_2385683.jpg

d0102497_23171031.jpg

1時ごろ歩き出して埼玉緑の森博物館を目指す。
道はとても良く、ほとんど人と会わない。 鳥の写真を撮るために大きなカメラをかかえた夫婦の人と国分寺から自転車で来た男の人に会った。「若いですね」といったら「もう退職してますから若くないですよ」と
言っていた。 30分くらい歩いて、大谷戸湿原の分岐点に来た。そこから下って10分くらいで大谷戸湿地でそばに資料館というか案内所があった。 このあたり一帯が埼玉緑の森博物館らしい。
d0102497_2046215.jpg
d0102497_20474325.jpg

説明の男の人が親切で、地図などをくれた。またアルバムで「草花」と「樹木」の写真集が出来ていたがそれがすばらしい。 写真がとてもシャープでよく取れているし、名前がきちんとついているのでわかりやすい。 
今日途中でみてわからなかったのは「もみじイチゴ」だ。 
d0102497_20522953.jpg

歩いて10分くらいで「萩原」のバス停に着く。
14:55分のバスに乗ったがこれは箱根ヶ崎に行かないという。宮寺西(二つ目)で終点で降ろされた。
反対のバス停に行ったら、今のバスが折り返してきて、行き先は「小手指駅」だというのでそれに乗る。
約20分くらいで小手指駅着。早稲田の学生用のバスが走っていた。
狭山茶が有名なのでお茶を買う。1050円と焙じ茶525円。 
帰り萩山の母のホームに寄って帰る。
今年4回目の桜
[PR]
by kuwanobu44 | 2009-05-27 23:07

小石川植物園 09.4.2(木)

3月にVANの会で茗荷谷散策をしてそのとき、小石川植物園をみて、桜に時期に見に行きたい・・・と思ったので少し風が強かったけど出かけた。遅めの11時に出かける。
鷹の台から池袋、茗荷谷駅。1時着。 播磨坂の桜を見る8分咲きくらい。お腹がすいたので坂の途中のスペイン料理店に入る。結構混んでいた。  食後、植物園に入る。 入園料は330円×2 高齢者割引はない。
すぐ入ったところの桜がきれいだった。ソメイヨシノだ。
d0102497_2256065.jpg

前回は入らなかったけど柴田記念館に入る。いろいろ植物の絵葉書などを展示してあった。そこで「薬用植物図鑑」を買う300円。桜並木や、イロハカエデ並木で写真を撮る。また樹木林ですごいイチョウの木があった。
今回はいろいろな樹木の勉強。  日本庭園の前の桜も見事だった。
d0102497_22585247.jpg

d0102497_232270.jpg

外に出て駅に行く途中でバス停があり御徒町駅行きがあったので乗る。200円×2
上野広小路で降りて、酒悦で買い物。 ここの「鯖の燻製」がおいしい。
今年3回目の桜も見事だった。
[PR]
by kuwanobu44 | 2009-05-27 22:55

小山田緑地公園 09.3.31(火)

7時56分発の一ツ橋学園から玉川上水駅に行く。
今日はがらくたの「小山田緑地」の花見。
 玉川上水駅で20名くらい集まり、多摩センターまでモノレール。それからバスで日大三校の近くの「扇橋」で下車。そこから歩いて小山田緑地に入る。 飛び地のようにあるがかなり広い。
そして、センターに行き、説明を受ける。 平成2年に開園。広さ147ヘクタール。かなり広いね。
d0102497_22241674.jpg

 写真の題材は「春を見つける」と言うもの。スミレが咲いていたり、桜が少し咲いていたり・・・
でも「これだ!」と言うのはなかなかね。 
d0102497_2235551.jpg

アサザ池のそばに行き、食事。 皆いろいろ古漬けや、からし菜など廻ってきておいしかった。男性群は飲んでいて楽しそう・・・食後トンボ池をみたり、写真を撮ったり・・・
d0102497_22451056.jpg


今までカメラはオートしか撮っていなかったが、マニュアルで露出を変えるのを教えてもらったので
やってみた。初めてにしては良かった。デジカメ一眼レフを買うのが先送りか この写真がこれです。
d0102497_22392557.jpg

今年3回目の桜・・
帰りは小田急の唐木田駅に出て帰る。この駅で解散。私は萩山のホームによって帰る。
[PR]
by kuwanobu44 | 2009-05-27 22:24

埼玉県寄居バス旅行  09.3.24

朝5時半に起き、立川7時集合のバス旅行に参加。立川自然観察友の会。 
行き先は 埼玉県寄居の少林寺(五百羅漢)、風布の里(日本の里100の一つ)、鉢形城跡.
中央線が信号故障のため30分おきにしか動いていないというので、急遽、府中本町にいき南武線で立川に。バスは定刻どおり発車。 高坂のサービスエリアのトイレは便座が暖かいのでびっくり。
11時ごろ、少林寺に着く。500羅漢と1000体神をみる。
d0102497_21563084.jpg

少し体操をして、山を登っていく。行きと帰りでコースが違い、五百羅漢をみて、
帰りは千体荒神を見る
d0102497_21593388.jpg

それから風布の散歩道入り口に行き、歩く。夫婦滝を見てから散策。
約1時間で日本の里風布の館に着くがそれまでにたくさんの植物を見ることが出来た。
d0102497_2254494.jpg

風布の里の近くのところが一面のカタクリ・・・カタクリは種から撒いて花が咲くまで8年かかるとか・・・いろいろ説明を聞く。全員でてんぷらそばを食べたがそばがおいしかった。
d0102497_2293234.jpg

さすが日本の里100選と言うことだけあって 桃源郷のようだ。
d0102497_22134936.jpg

それからまたバスで鉢形城址公園に行く。資料館があり、70歳以上は無料だがそれ以下は300円払った。
今はこういう施設はとても立派。お金がかかているなあ・・・でも自然が一番だ。
今年2度目の桜・・・これが見事だった。
d0102497_22173057.jpg

帰りは花園道の駅でいろいろ見て、またバスで立川駅に着き、解散。費用は一人4000円(そば代込みで)
[PR]
by kuwanobu44 | 2009-05-27 21:56

娘と孫がくる 09.3.20~22

孫が今年の4月から別な保育園に行くことになったが、そこは昼寝があり、そのとき専用の布団があるらしい。
そのカバーを各自作らねばならないが、「お母さん縫ってくれる?」と聞かれた。「ダメ、目が悪くてミシンの針に糸が入らない」「だって家のミシンは、自動で糸が入るのじゃなかったけ?」「もう糸の通し方も忘れたから自分でやって」「役に立たない母親だなあ~」という具合で娘が来て自分で縫うことになった。

次の日は朝から孫はおじいちゃんと近くの公園で遊ぶ。(砂場の)
私は昼食の支度をした後、カメラを持って見に行く。
主人の話によると、如雨露で水を汲み、植物に水を撒くの飽きもせず相当繰り返したようだ。
わたしが行ったとき、孫より少し小さい男の子がパパと来ていた。
そのパパが男の子を抱っこして滑り台をやらせていたら(階段を使わないで)孫もそのパパに「私も・・・」とせがんで抱っこしてもらっていた。男の人をみたら甘えるのを覚えているみたい。気をつけないと・・・
午後はパソコンで「ジャッキーローソンおばさん」のサイトを孫と一緒に見る。「もう一回」とこれも繰り返し何度も見た。
娘は布団カバーも縫えたしよかった。その保育園では、昼寝のときもパジャマに着替えさせるそうで、今家でパジャマを自分で着たり脱いだりの特訓をやっているそうだ。やはり何かきっかけがあると親子で頑張るのね。

次の日帰るときに母のホームに皆で行く。
庭の椿(しろ)のつぼみを持っていく。花瓶は父が使っていた湯のみ。
写真を撮る。 先日持っていった「ホクシャ」の鉢も。
5時半に母と一緒に下の食堂に行く。いつもの母の席に男の人が座っていた。その人に母が「そこは私の席ですから変ってください」と言って、その男の人と険悪になったので、わたしが母を別な席に座らせて施設の人にそのことを言ったら、男の施設の人がその人を別な席に連れて行ってくれた。やれやれ。母には「何かあったら、自分で言わないで施設の人に言うのよ」と言っておいた。

帰りは娘たちと国分寺に出て、夕食を一緒に・・・と思ったが孫が疲れたのか眠くなったのかぐずってダメなので娘たちは食べずに帰っていった。
[PR]
by kuwanobu44 | 2009-05-26 18:09

洗足学園邦楽演奏会 09.3.15(日)

午後2時半からの洗足学園での主に三味線の演奏会に行く。
山田流の琴ですばらしい活躍をしている亀山香能さんの娘さん(中香里さん)が芸大を卒業したあと、三味線の西潟昭子さんから学ぶためこの洗足の大学院にいる。
その人の演奏会。  小講堂で約200人くらいの部屋。 三味線はほとんど彼女。
全部で5曲だったが中でも3曲目が秀逸。
1曲目は三味線独創で新しい西洋の曲。

3曲目は西潟明子さんと二人の三味線演奏で「呼応」 これは長唄の杵屋正邦さんの作曲。
 とても良かった。
 4曲目が沢井忠夫作曲の「誦」 これは沢井さんが三味線の本郷伝次郎さんのために作曲したそうで、その人はとても三味線の音色が良くて、民謡などの伴奏をしているが森重さんによると音を聞いてこれは・・・さんの三味線だとわかるそうだ。 森重さんは良く亀山香能さんのリサイタルで解説をしている。
 5曲目は洗足学園の在校生(琴)の人5人との合奏で中能島欣一作曲の「三絃合奏曲」 
 学生さんは皆生田の人で四角い爪だった。 皆楽譜を見ていたが、中さんははじめから終わりまで暗譜。
 確かに男性的で力強い演奏。これからが楽しみ。
[PR]
by kuwanobu44 | 2009-05-26 17:38

多摩湖ハイキング  09.3.12(木)

朝、食後、あまりの天気が良いので、外出することにした。
多摩湖を半周歩いてみようと・・・
一橋学園から電車で西武遊園地に行き、そこから山口ライナーで一駅の西駅で降りる。
すぐそばに「掬水亭」がありそこの6階は「天外天」という中華料理で見晴らしがよい。
そこで二人でランチを食べ、午後2時から歩き始める。
サイクリングロードを歩くがはじめは暑いくらい。40分ほどで西武球場に着き、1時間ほどで、村山貯水池の半分の堰堤に着く。堰堤を歩いてまたしばらく行く。鹿島橋で写真を撮ったりしてゆっくり歩き約2時間半で武蔵村山駅着。
d0102497_17152593.jpg

d0102497_17165259.jpg

のんびり猫ちゃんがお休みしていた。
d0102497_17224239.jpg

どうぞ座ってくださいといわんばかりの松の枝ぶり。
 
[PR]
by kuwanobu44 | 2009-05-26 17:14

小石川散策 09.3.10

月に一度の主人の仲間との散策。今日は茗荷谷界隈の散策。
参加者10名。 午後2時に茗荷谷に集合。
播磨坂、安藤坂、縛られ地蔵、伝通院、 小石川植物園、その後5時から萬盛園で中華。
天気が危なかったが、良い天気となりよかった。 小石川植物園は桜の季節はとてもよさそう。
2時から約3時間歩いたがあまり疲れなかった。
d0102497_23164758.jpg

d0102497_23242949.jpg


小石川植物園にて・・・
d0102497_23385264.jpg

今年初めての桜を見る。寒桜だった・・・
写真に写っているのはしだれ梅だが・・・
[PR]
by kuwanobu44 | 2009-05-25 23:05

母とホームのバス旅行 09.3.6

前から申し込んでおいたホームのバス旅行。だがあいにくの雨。
9時半にホームに行くが10時半の出発までに「何時にばすは来るの?」と
4回も聞かれ、イライラする。
関連のホームから20人が参加。 多摩センターの京王プラザホテルで昼食が入っているから、
雨でも取りやめにすることが出来ないのね。
約1時間でホテルに着き昼食。お向かいの人は八坂の人。なかなか面白い人だった。 
いろいろな人と話が出来るのもいいことかな。
生麩を「これは硬いの?」と聞いたので「いや、硬くないですよ」と答えたが「硬い」との事。人によって感じ方が違うのよね。 母はご飯はほとんど食べないがおかずは割りに食べた。
 約1時間後、バスが出発するのに、母娘で来ていた方のお母さんが行方不明との事。娘さんがホテルの中をあっちこっち探したがいない。「呼び出しをしてくれないのかしら」といったら親子で来ている人(息子のほう)が「今は個人情報がいろいろうるさいからホテルでは呼び出しはしないですよ」との事。 30分待ったが見つからず、娘さんと介護士一人がホテルに残ってバスは出発。
百草園は雨でダメなので、アウトレットに行くことになった。ところがそのアウトレットは建物が別々に建っていて、隣の建物に行くのにもかさを広げないとダメで最低。 
はじめの生鮮食料品店と次の花やさん(これはなかなか良かった)を見て、
それからcafeに入り、雨宿りで時間調整。
 りんごジュース500円とオレンジジュース500円なり。 まあ、味は良かった。
d0102497_222351100.jpg

3時半にバスに乗って帰る途中で携帯から連絡は入り、行方不明の母娘の母はイトーヨーカドーで見つかったそうだ。雨の中を傘もささずに出てしまったらしい。娘さんに同情するなあ~。その点母はあまり歩けないから大丈夫だけれど・・
  
・帰り、また京王ホテルによって、母娘と介護士さんを載せて萩山まで戻った。4時の予定が5時頃になった。
[PR]
by kuwanobu44 | 2009-05-25 22:30

ひな祭り 09.3.1

娘が中学、高校生になったらあまりお雛様に興味を示さなくなりお雛様も長いこと屋根裏にしまわれていたら
今年は孫のために「ひな祭り」をしたい・・と娘が言うので20年ぶりくらいに探すのに苦労したがお雛様を出して飾った。 これは母が私が3歳くらいのときに買ってくれたもので歴史が長い。
内裏様だけで小さなものだが私はこのお雛様の顔が気に入っている。
d0102497_2331574.jpg


ホームの母も呼んでひな祭りを楽しんだ。

孫は黒猫ちゃん大好きで(猫のほうは決してそう思っていないが)
「黒猫ちゃんと一緒に階段を登る」といい、「おじいちゃん、黒猫ちゃんを抱っこして?」と主人に要求。
それで主人が黒猫(「かなり重い)を抱っこして孫と階段を上り下り。
3歳児と言うのは繰り返しが大好き。「もう一回」と続く。
結局、階段を26往復したようだ。被害者は黒猫と主人かな。

d0102497_23362828.jpg


母をホームに送っていくとき娘たちも一緒に行き、記念に写真をとり、またねと帰っていった。
[PR]
by kuwanobu44 | 2009-05-24 23:31


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧