つれづれ旅日記



<   2007年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


本「ピアノはなぜ黒いのか」

20年来の知り合いが本をだしました。
ピアノ調律師の斉藤さんです。
d0102497_20225957.jpg

普段当たり前と思っていることが世界ではそうではないと言うことが分かります。
ヨーロッパでは、ピアノは木目が多く、黒いピアノがあたりまえなのは日本の常識であって、世界の常識ではないらしい。
またバブルの頃はピアノ生産量世界一だった日本だがその後、韓国が世界一となり、今は中国が世界一の生産量だとか・・・  だたし、品質の話ではない。
またピアノメーカーとしては、ヤマハとカワイがよく知られているが、そのほかにもたくさんのメーカーがある。
でも大量生産の大手にやられて、だいぶつぶれている現状。
これはピアノに限らず、どの産業でも言えそうだ。
読みやすいが、いろいろ考えされられる本であった。
[PR]
by kuwanobu44 | 2007-06-25 20:34

人参の花

我が家は荒れ放題の庭だが、雑草のなかから1m以上もすっくと立ち、ずんずん大きくなったものがあった。
はじめは「何だろう・・」と思ったが位置ですぐ分かった。
暮れに食用としていけていた「人参」なのだ。
食べるのを忘れていたのだが、自然の力はすごい。
私は60年生きてきて、初めて人参の花をみた。
あまりにきれいなので、額縁を作りいれてあげた。
d0102497_2243758.jpg

神様は草取りもしないズボラな人にもすばらしいプレゼントをしてくれる。
[PR]
by kuwanobu44 | 2007-06-23 22:06

梅エキスつくり

子供が小さい頃は、主人の母が「梅エキス」を作って送ってくれていた。
6,7年前からは自分で作るようになった。
ちょっとおなかが痛いときとか、風邪の引きはじめになめると(口が曲がるくらいすっぱいが)
効果があるのが分かっているので、6月の青梅の頃が来ると忙しい。
まず、青梅を洗ってよくふき、卸(おろし)でおろすが、強酸なので、金物ではだめ。
磁気のおろし皿を使っている。これで梅をすりおろすのが一番大変な仕事。
主人が手伝ってくれるので助かる。
d0102497_2142470.jpg

摩り下ろした梅をガーゼで濾して、液だけをホーローの鍋に入れる。
(強い酸なので、ホーローでないとだめなのだ。)
1kgの梅から500ccくらいの緑の液体が取れる
d0102497_21503651.jpg

弱火でとろとろ・・・絶対沸騰させないこと。
ゆっくり時間をかけて水分を蒸発させどんどん液体が少なくなる。
最後のほうはは焦げ付かないように湯煎にして仕上げる。
d0102497_2153737.jpg

まだ熱いうちにガラス瓶に入れて出来上がり!
d0102497_21554173.jpg

1kgの梅からこの小さなビンにこれくらいしかとれない。
比較のためにマッチを置く。
これで2,3年分は持つかな。
[PR]
by kuwanobu44 | 2007-06-23 21:58

6月12日 明治神宮菖蒲園

主人を含む10名で、原宿10時集合。 時間があったので、新しくできた「表参道ヒルズ」のあたりを歩く。  これは旧同潤会青山アパートを立て替えたもの。一部がアパートの形を残している。
d0102497_2137282.jpg

それから、浮世絵で有名な太田記念美術館に行った。 以前行ったときは、小さいけど、落ち着いた雰囲気でいいなあ~と思ったが今はヴィクトリア アンド アルバート美術館(イギリス)所有の浮世絵が里帰りしているので、すごい混雑だった。平日なのに・・イギリスから優れた作品170点ほどが帰ってきているから混むのだ・・・葛飾北斎の「凱風快晴」はやはりすばらしい。
でも人ごみを掻き分けてみるのも楽じゃない。
d0102497_21471513.jpg

それから歩いて明治神宮の菖蒲園。ここも人が多かったが、広いのでまあ・・・
d0102497_214446.jpg


d0102497_2150928.jpg


毎時神宮にお参りしたが、楠の大きいのがすばらしかった。楠の葉は「樟脳」の香りがする・・
樟脳は楠から作られたらしい。(成分が同じだとか・・)
道端に小さな花ニワゼキショウが咲いていた。種をつけていたのでもってかえる。
我が家で付くかどうか・・・
d0102497_21545094.jpg

昼食は新日鉄の代々木研修所でおいしい会席料理・・庭も緑が美しく楽しいひと時だった。
帰り、新宿の高島屋で、孫の積み木など見て買える。(買わなかったが・・)
[PR]
by kuwanobu44 | 2007-06-22 21:57

国立新美術館

6月10日に無事筝の会が終わったので解放感に浸っている。
11日は友達3人と初めて国立新美術館に行く。
友達のリサーチによると、そこのレストランはかなり評判が良く、だいぶ並ぶというんで、
10時半にレストラン前で集合。並ぶこと30分以上くらいでようやく席へ・・・
d0102497_16411733.jpg

コース料理で2500円。味は良かった。
でもほとんどが女性。みんなひまだなあ~

食後はこれも新しくできた、東京ミッドタウンを散策。
あいにく雨がふりだした。

ミッドタウンのところで、大きな卵みたいなのがあり、記念撮影
d0102497_16425087.jpg

ホテルリッツカールトンがあり、お茶でも飲もうと45階まで行ったが、なんと
お茶と簡単なサンドイッチのセットしかないと言うこと。その値段がまた3990円だとさ。
若い女性たちが座っていたが皆金持ちだんだなあ~
世に言う「シロガネーゼ」なのだろうか・・・
こちとら「カネガネーゼ」なので入るのはやめたが、ホテルの廊下で写真だけは撮る。
       
d0102497_1650024.jpg


地下の320円の紅茶で2時間以上おしゃべりし、また会おうね・・と分かれる。
[PR]
by kuwanobu44 | 2007-06-16 16:52

飛騨高山クラス会

5月26日から28日まで卒後40年のクラス会に行ってきた。今年は幹事が名古屋の人なので、高山と決まっていた。 一日だけではもったいないので、下呂温泉、にも1泊し、西穂高の山々もみてとても良かった。
下呂温泉の飛騨川の紅葉がきれいだった。
d0102497_16181765.jpg

下呂温泉合掌村も良かった
d0102497_16192140.jpg

27にちは朝早起きして、高山からバスで新穂高温泉へ・・そしてロープウェイで西穂高口へ
気温7度と寒かったが山々が見えよかった・・・
d0102497_16232729.jpg

d0102497_16242787.jpg

27日の宿では1年ぶりにクラスメート12名と会い、和気藹々のうちに食事。
温泉につかって疲れを取る。
28日は観光バスで白川郷に行き世界遺産の合掌造りの民家群を見る。
御母衣ダムが出来るため半分はダムに沈んだようだ。
d0102497_1628451.jpg

ちょうど田植えをやっていた。
d0102497_16301020.jpg

明善寺の中に書かれていた言葉が印象的。
d0102497_1632050.jpg

また高山に戻り、名古屋経由で無事帰宅。
[PR]
by kuwanobu44 | 2007-06-16 16:33


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧