つれづれ旅日記



琴コンサート 奏心会 2009.5.22(金)

紀尾井ホールの「奏心会」のコンサートを聴きに行く。
夜7時開演。
亀山香能は積極的に面白いコンサートを開いているので、目が離せない。
●お話はおなじみの森重行敏氏(洗足学園大学講師)
  今日は洗足で新型インフルエンザがでて休校だったので早めに会場にこれてリハーサルに立ち会えた・・  と言っていた。
 
プログラム
  1 「明鏡」 杵屋正邦作曲
         三絃 木村怜香能 尺八 善養寺恵介
  2「萬葉によせて」鶴沢三寿々 作曲
         義太夫三味線 鶴沢三寿々 
         筝  佐々木千香能
         鼓  望月太左衛
  3「須磨の嵐」  山登万和 作曲
         筝 亀山香能   三絃 中彩香能  笛 福原百貴
  4「重陽」  杵屋正邦作曲 
         鼓   望月太左衛
  5「甲乙」  山本邦山 作曲
         尺八 田辺頌山
  6「七福神」 中能島松声作曲
         浄瑠璃・ 筝 佐々木千香能 三絃 亀山香能 尺八 善養寺恵介
         筝歌 ・  筝 木村怜香能  三絃 中彩香能 尺八 田辺頌山
         義太夫三味線 鶴沢三寿々 笛 福原百貴 打物 望月太左衛

        山田流の中能島派で若手を育てるのも上手。
        佐々木千香能も歌がこの頃断然よくなっている。 長唄をやっているのか聴いてみたいところ。
        また中彩香能は芸大を卒業仕立てだが三味線はとても力強いし、この先が楽しみ。
        尺八の 善養寺恵介は本当にやわらかい優しい音色でいいなあ~
        また鼓の望月太左衛は男かと思ったら女性だった。
        この節、芸大の邦楽は雅楽でも女性のほうが多い。
        卒業後の仕事があるのか・・・他人事ながら心配。
[PR]
by kuwanobu44 | 2009-06-23 00:55
<< 母のホームまで3往復  200... 松姫峠から奈良倉山をへて鶴峠へ... >>


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧