つれづれ旅日記



邦楽演奏会 美音会 2009.5.3

三味線ですばらしい活躍をしている西潟昭子さんの会が証券ホールであった。
私は三味線の友達と一緒に行く予定だったが、主人も「西潟昭子なら行く」と言って3人で出かけた。
出演者がすばらしいのに、入場無料がうれしい。


食事はおにぎりをもって言ってロビーで食べ、一番前の席で待機。12時開演。
おさらい会をかねているので、まだまだの人もいたが、
杵家正邦作曲の「呼応」を演奏した杵家正和、杵家光孝がよかった。
また亀山香能さんののお嬢さんの中香里さんの三味線「盤渉調」(中能島欣一作曲)がすばらしかった。まだ若いがこれから先が楽しみな人。

亀山香能さんの「松風」「六玉川」がよかった。

でもこの会で一番すばらしかったのは西潟昭子の三味線、吉原佐知子の琴で「新ざらし」だ。
私は中能島欣一のレコードでこの曲のすばらしさと演奏者の技術のすごさを感じていたが、今回の吉原佐知子さんの琴がなんともよくて、「今日来たかいがあった・・」と大満足。

12時から6時まで聴いていたので、膝が少し心配。
帰り、お腹がすいたけど、この証券会館ホールのあたりは休日は本当にレストランがない。
数少ないやっていた店「一番鶏」で食事して帰る。
[PR]
by kuwanobu44 | 2009-06-20 21:01
<< 携帯電話がムーバからフォーマ ... 小室山のつつじと天城荘の風呂 ... >>


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧