つれづれ旅日記



東京駅黒塀横丁にて  2008.6.3

両親を大井町の実家に送り届け帰りは上野の芸大での音楽会に行った。
野平一郎の「メシアン」

音楽会の前に東京駅で腹ごしらえをしよう・・となり、八重洲と丸の内を結ぶ地下街にレストラン群があり、黒塀横丁と言うらしい。普段家ではてんぷらは二人の所帯では油の処理に困るのでやっていないので 「てんぷらでも食べよう」ということになり黒塀横町の「ハゲ天」に入った。
着物姿のウェイトレスさんに「私は海老は要らないから何でもいいから野菜に変えて・・」と注文し食事もだいたい終わる頃、そのウェイトレスさんが私のところに来て「あの、もし間違っていたらごめんなさい。もしかして貴方は○○小学校、○○中学校で一緒じゃなかったですか?」という。「そうだけれど・・」 「じゃあやはり○○さん」と私の旧姓を言った。

中学卒業いらい約50年ぶりの再会。
私はわからなかったが後から声がきれいで朗読が上手だったことなど思い出した。
この黒塀横丁は5年前に出来たそうで、そのときからずっと働いているという。
もう孫も5人とか・・・
東京駅で食事のときはまたあえる・・・楽しみが増えた。

さて音楽会だが今年はオリビエ メシアンの生誕100年と言うことで
芸大の野平一郎が演奏をした。メシアンは大の親日家で日本人の弟子も非常に多い。
ピアノだけでなくフランス時代の思い出など、またメシアンが音楽を聴くと色彩が見える・・・などの話も面白かった。 演奏家、作曲家、神学家、鳥類学者という多彩な人だったようだ。
[PR]
by kuwanobu44 | 2008-07-23 22:25
<< 日本音楽の調べ (新町文化セン... 再び老人ホーム 2008.5.... >>


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧