つれづれ旅日記



組歌演奏会 2008.3.22

今日は2時から四谷の紀尾井ホールで組歌の会。第7回目。
代表は鳥居名美野さんだが山田流、生田流の流派を超えて
組歌の発展のために毎年開かれている。

今回は出演者が本当にすばらしいので
主人と一緒に行くことにした。
1時半から開場なので1時15分ごろ着き、行列が出来ていた。
開場で一番前に席を取る。
2時開演

1番目 四季の友  現代邦楽の練習生
2番目 明石   米川文清 五月女文紀
3番目 薄衣   山下名緒野 設楽聰子 吉村美穂井 佐々木千香能
4番目 薄雪   菊原光治 菊聖公一 菊重精峯  菊央雄司
5番目 須磨   芦垣美穂 岡村慎太郎 亀山香能 田中奈央一

組歌はしっとりして琴と歌だけだが、やはり合奏とは違った魅力がある。
そして、同じ歌でも人によって引きこまれる度合いが違う。
私はこれからの若い人では 佐々木千香能さんや、田中奈央一さんを応援しているが
亀山先生の歌がとても良かった。
[PR]
by kuwanobu44 | 2008-07-04 22:03
<< 高尾山南コース  2008.3.23 鳥羽旅行  2008.2.29... >>


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧