つれづれ旅日記



山行き  大菩薩峠  8月28日

友達に山好きの人がいて、よく山に行くので頼んで一緒に行った。山のベテランと、私ともう一人なれていない友達の3人。 場所は大菩薩峠。 
昨日までの暑さが急に涼しくなり絶好の登山日和。  
 7:45分立川集合。 7:54発あずさ3号で塩山まで。 塩山着8時54分。
d0102497_228483.jpg

身支度をして、白上川峠までタクシーで行く。一人出ないので、こういうときは便利。
9:40分から歩き始め約1時間で、大菩薩峠着。写真を撮る。峠には介山荘があるが、改装中で9月28日からオープンとか。
峠から大菩薩嶺に向かう途中が見晴らしよく、山の花もいろいろ見えた。
そこで昼食。12:30.
d0102497_22132464.jpg

歩いているときはちょうど良いが、座って食事のときは寒くて・・・使わないだろうけど・・と予備のために持ってきたジャンパーを着る。自然のクーラーの心地よさ。
1:30分 大菩薩嶺に向かって歩く。ここは2000mくらいで、大菩薩峠よりは100mくらい高い。でもここの見晴らしはあまりよくない。 やせ尾根などを通ってゆっくり丸川峠へ。
私はのぼりはいいけど下りが弱い。膝がガクガクしてきた。
3年ぶりに使った登山靴が足になじまず、痛い。
丸川峠から丸川峠分岐点まで1時間20分の予定が2時間以上かかってしまった。
(他の人は元気だったが、私が足を引っ張った・・)
途中丸川峠まで荷物を運ぶ人に会って、挨拶したら、
このそばの「ぶなの木」が大菩薩で2番目に大きいこと
を教えてくれ、「よく見て帰って・・」といわれた。
本当に見事なぶなの木だ。

分岐点まで降りたら道路になり、店がある。
d0102497_22245880.jpgその近くに見事なひまわり・・ゴッホを連想。
「冷えた桃1個130円」が眼に入り、1個ずつ食べる。
(おいしかった)(16時半)
「これから雲峰荘で風呂に入る予定」と言ったらそのお店のおばさんが親切で、車で送ってくれた。(16時35分)
足は痛いし、道路道はつまらないので本当に助かった・・・
雲峰荘の入浴は塩山市の人は300円だが他市の人は600円。
もちろん600円払う。
湯船で痛めた足をゆっくり暖める。
私の足は外反母趾になっていて、その出っ張っているところの皮が
豆になって、剥けていた。痛かったはずだ・・・
湯上りに「大菩薩の水」を飲む。(150円)冷たくておいしかったこと。水が一番おいしい。
大菩薩峠登山口発17時10分のバスで塩山へ・・・
このバスが全線100円。以前は480円位だったと他の乗客から聞いたがこれが市の合併の効果らしい。  17時37分塩山着。都合がいいことに5時42分の「特急かいじ」に間に合い、立川18時39分着。 ここで解散。お疲れ様。

大菩薩の山の花 (ダブルクリックしたら大きくなり字も見えます)
d0102497_2230723.jpg

d0102497_22313496.jpg

d0102497_22322862.jpg

[PR]
by kuwanobu44 | 2007-09-25 22:37
<< 関節ねずみ 立川、花みどり文化センター (... >>


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧