つれづれ旅日記



JAL整備工場見学 9月17日

浜松町駅でメンバー15名参加のJALの整備工場見学。9:56発のモノレールで新整備場までだが普通は片道470円なのがフリーパスで700円を買えば往復で安い。それで行く。
駅に着いて2分くらいでJALとANAが隣り合わせでビルが建っていた。門に入り、一人づつ首からICチップのカードをもらい入館。エレベーターで3階に行く。
d0102497_15364142.jpg

歴代の制服や操縦機の模型やら飛行機を背景に機長、スチュアーデスの制服をきて撮影できるところもあり、小学生たちが記念撮影をしていた。そのあと昔の小学生が機長やスチュアーデスに変身して記念撮影。
d0102497_154002.jpg

売店もあり説明もあり。あちこちぶらぶらして11時になったらAという講座室で説明があった。
プロジェクターを使っての。 羽田空港の広さ、一日の発着人数。滑走路の種類、燃料はどこに入っているかまた、どのくらいの量が入るのかなど。
A教室の講義が終わったらトイレタイムで11時50分から今度は2つの班に分かれて実際の整備工場を見に行く。階段の所で各自ヘルメットをもらい装着。そして階段を降りる。高さは40メートルとか・・・ビルにすると10階以上の高さ。そこに飛行機が有った。実物は本当にデカい。
d0102497_15432449.jpg

元パイロットの人が案内してくれた。JALが一度会社が危なくなったけど今は立ち直っている。そのJALのロゴマーク(鶴丸)も今は変わって鶴の嘴が水平だそうだ、以前のは少し下向き。
プロペラの羽一枚が1000万円、22枚ついていてそれが2つ。20億円、全体は新規だと250億円
また真っ白に塗られた機体がありそれは中古としてこれから2度目の嫁入りだあという。値段は中古でも100億円くらいだとか、、機長は「飛行機が飛んでいるときに鳥がエンジンに吸い込まれると燃焼の具合が悪くなるのが計器に現れるので気持ちが良くなかった・・と言っていた。
外に突き出た突起みたいのはこれで機体のスピードを測るという、それが室内の計器に速度として現れるという。また外は氷の世界なのでその突起には熱が出るようになっていてそれを触ったらやけどするという。今まで知らなかったことがいっぱいでした。下の突起が速度を測る・・・
d0102497_15482932.jpg

12時半に一連の見学は終わる。そしてゲートでICチップのカードででた。このICカードは記念にもらえるそうだ。カメラをぶら下げるのにいいかな。
そしてなんと隣のビルANAのビルに入ってそこのレストラン「稲穂」で食事。
足は掘りごたつ形式で楽。15人で予約の幕の内弁当。味噌汁もついて1000円は安い。ビールを飲む人もお茶の人も「お疲れ様」で乾杯。
[PR]
by kuwanobu44 | 2013-12-08 15:48
<< 母のホーム 9月30日 「松井康成展」 9月15日 >>


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧