つれづれ旅日記



「非結核性抗酸菌症」という病気 

三味線の友達が2年ほど前からこの病気になり、府中病院で治療をしてもらっていたが6月に手術をすると聞いた。それでこの病気の事をインターネットで調べてみた。

★10年ほど前には10万人に一人か二人だったのが今は10万人に6人から7人に増えてきている事。
★中高年の女性が多くかかるのはその中のマック型と言われるもの。
★良い治療法がまだ見つかっていないという事。
★進行は比較的ゆっくりで20年治療している例もあること
★女性で痩せている人がなりやすい事。
 友達は38kgである。少し体重を分けてあげたい。

まあ、私は痩せていないのでこの病気にかかることはないかもしれない。
そしてこの菌はそこらへんにある菌で抵抗力の落ちた人がかかるそうだ。

それで、今はインターネットでいろいろ検索できるのでこの病気を一番多く扱っている病院を調べた。 多い順には         治療例  手術
一位 聖霊三方原病院(静岡)     64
二位 結核予防会複十字病院(東京)  53    13  
三位 慶應義塾大学病院(東京)    37
と以下続くが複十字病院以外は手術がない。
それで、複十字病院か慶応病院に行きセカンドオピニオンを聞くようにアドバイスをした。
それでご夫婦で清瀬の複十字病院に聞きに行ったそうだ。
そうしたら「手術を受けたら外を出歩くようなことはできなくなりますよ」と言われたそうで
手術を受けるのをやめたという。

この節は医者の言いなりも怖い。
医者も確かに大変だと思う。新しい病気が増えているし。
まだ治療法もないので思い切って手術を考えたのだあろうが・・
38kgで手術したらもっと体重が減って抵抗力もなくなるだろうし・・・

でも薬で少しでもしのいでいたら、これから結核に特効薬ができたようにこの病気にも
良い薬が見つかるかもしれない。
見つかることを期待している。
[PR]
by kuwanobu44 | 2012-05-02 22:51
<< ICUでお花見  4月8日 本 「放射能を背負って」  >>


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧