つれづれ旅日記



オーケストラ「ダスビダーニャ」演奏会 3月11日

毎年2月ごろこの「ダスビダーニャ」という交響楽団の演奏を聞きに行く。今まで池袋の芸術ホールだったが今年は墨田トリフォニーホール。今年は19回目。アマの楽団だが「ショスタコービッチ」が大好きでその曲を専門に演奏する楽団。年に一度演奏会を開いているが熱意がこちらにも伝わって聞いていて熱くなることが多い。特に今年は大震災を意識してその日に演奏会をあてて、今までショスタコービッチ以外の人の演奏は2度しかなかったが今回は日本人の伊福部昭の「管弦楽のための《日本組曲》」を演奏。

Ⅰ盆踊り
Ⅱ七夕
Ⅲ演怜(ながし)
Ⅳ佞武多(ねぶた)

休憩20分の後、14:46 黙祷

そしてお待ちかね
ショスタコービッチの交響曲7番《レニングラード》

この曲は第一回目と第10回目に弾いたそうだ。私は14回目くらいからこの楽団を知って聞いているが・・・本当は第20回の来年に引く予定だったそうだが、今年こそ・・の気持ちで「レニングラード」を持ってきた。毎年「この楽団を聞いて春がやってくる」という気がする。そして興奮する。
この楽団が一度ロシアのレニングラードで演奏ができたらいいなあ・・その時は一緒にいきたいなあ・・と思っている。
プログラムが立派で中身が濃い。
d0102497_14393597.jpg

[PR]
by kuwanobu44 | 2012-03-30 22:56
<< 百草園と高幡不動  3月13日(火) 映画 「三丁目の夕日」 3月10日 >>


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
タグ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧