つれづれ旅日記



王子散策  9月13日

VAN新宿9月例会。1時45分王子駅集合だったが、上中里で事故があり、地下鉄で来る人、タクシーで来る人など。全員2時に集合。今日のガイドさんはボランティア3人で女性一人、男性2人。
まず歩いて名主の滝公園に行く。
d0102497_23173729.jpg

節電のため滝は止めていたが我々のために流してくれた。涼しい事!
d0102497_23191758.jpg

d0102497_23234836.jpg

王子稲荷に行く。ここでは茨木童子の話を聞いた。鬼退治の話。
d0102497_2325918.jpg

羅生門で渡邉の綱が鬼の片腕を切り取ったと言うが右はこの花が切り取った鬼の腕に似ているとつけられた花の名前。可愛い野草ですが・・・
この近くにはたくさんの「中央工学校」の建物があった。田中角栄卒業し、また学長をやっていた
ところで次々に建物が作られ、23号棟まであった。右下は機械科のロボット。
d0102497_23265999.jpg

樹木の素晴らしさ・・・ いいなあ~ 王子神社のイチョウ。樹齢 600年
d0102497_23283396.jpg

玉子焼きで有名な「扇屋」のあたりを通る。
歩いてモノレールの所に行く。平成21年に作られたそうで北区は老齢化が進んでいるので
飛鳥山に行くために作ったという。無料がうれしい。2分で頂上へ
名前は「アスカルゴ」形がカタツムリのようで(エスカルゴ)飛鳥山に行くので「アスカルゴ」
d0102497_23312634.jpg

この飛鳥山は都内で一番低い山だそうだ。
d0102497_23352645.jpg

飛鳥山は8代将軍吉宗が1720年に1270本の桜を植えて、江戸の庶民が桜見物をできるようにした。
そして1873年(明治6年) 太政官布達により、上野公園・芝公園・浅草公園・深川公園と共に日本最初の公園に指定。 この公園には佐久間象山の「桜賦碑」がある。佐久間象山は長野県の人で象山は「ぞうざん」と呼んでいたそうだ。故郷の近くに象山というお寺があり、そこから取ったそうだ。右の石は吉宗がこの飛鳥山の記念碑を彫らせたが、実にわかりにくい漢字を使っていて、庶民は読めない代物だったし、現代は彫も浅くなりなにが書いてあるかわからない。でもこの大きさの石をクレーンもないあの時代にここまで運んだのがすごい。
歩いて渋沢栄一記念館にきて、ここで3名のガイドさんとお別れ。有難うございました。
d0102497_23402562.jpg

いや~一人で60くらいの会社の取り締まりなどをして桁違いにすごい人。理解不能。
 1840年にうまれ、尊皇攘夷の思想に目覚めるが、一橋家に仕官し、慶喜が将軍になったときに
パリ万博に行ったのがその後の栄一を変えたと言ってよいだろう。スケールが大きい。
d0102497_2027493.jpg

まず初めに「青淵文庫」を見せてもらった。これは栄一が80歳の時のお祝いに竜門社が送った
図書館。(大正14年)本は関東大震災でこれができる前に焼けてしまい、その後論語関係の本を納めていたが今は日比谷図書館に寄付。ステンドグラスは渋沢家の家紋の柏と壽という文字がデザインされている。  孫文との会見もこの文庫で・・・
 次に晩香蘆を見る。これは栄一が77歳のお祝いに竜門社が送ったもの。(大正6年)
田辺淳吉が設計。のちの清水建設。 少しの時代の差だがこの建物の暖房はまきストーブ。
栄一はここに住んでいてその時はたくさんの建物があったが今残っているのは「青淵文庫」と
「晩香蘆 」の二つ。栄一はこの晩香蘆がとても気に入っていたそうだ。
唐草のデザインの照明が素敵。
d0102497_20395135.jpg

4時半になり外に出る。本館の中に入って栄一の企業の歴史などを見る。本館は1997年に造られ、1998年から公開。見るものが多くてあまり歩いてない割にはくたびれた。 若い学芸員は丁寧によく説明してくれた。感謝。外に出て駅に行く途中、高台のテーブルで一休み。冷たいお茶がおいしい。 王子駅まで歩き、解散。お疲れ様でした。

  
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-10-22 23:41
<< 帯状疱疹  9月20日 恵林寺散策・・  9月5日 >>


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧