つれづれ旅日記



インフルエンザ 2月14日(月)~

14日
琴に行き、其の後西大井の母のホームに行く。カステラを食べ、食堂で2月3日(豆まき)、5日(昼食)11日(体操)のビデオを見る。3時40分に部屋に戻り、みかん(伊予かん)虎屋の羊羹、大納言のカステラを食べる。テーブルにお雛様の手ぬぐいをいれる。ささやかなひな祭り気分。
新小平で雨だったのでタクシーで帰る。すごく寒くて咳も出てきたので・・・
ご飯を炊いて食べる。寒気はひかないで咳が出る。早くねよう・・・。
15日
まあ、喉が痛い。咳がでて横隔膜が痛い。午前中寝たが、午後から郵便をだしに行きついでに自転車を取ってくる。いなげやで買い物。また寝る。
主人が3時か4時ごろ帰ってくる。福島の嫁さんが病気で入院していたので主人がおばあちゃんの相手をするために福島に行っていた。嫁さんから電話があり、いま退院してきたとか・・・元気そうだあった。良かった。 夜は主人が用意してくれたおかゆなどを食べる。食欲はあるけどなにしろ咳のためお腹が痛い。2階で寝る。主人にうつすといけないので・・・
17日
立川自然観察の2月例会があったが主人のみ参加。私は風邪でダウンのまま。
武蔵丘丘陵で行きたかったけど仕方がない。
医者に行き風邪だろうというので、風邪薬をもらって帰る。
武蔵丘丘陵から帰ってきた主人が「風邪らしい」という。熱も出てきたようだ。
18日
熱は薬のために下がったので大きなマスクをして製本講座にでかけ、和綴じの要点を聞いてすぐに帰る。
19日
主人が花小金井のかかりつけの病院に行って鼻の粘膜を調べてもらい「インフルエンザA型」だああという。私は7時ちょっとの熱だったか主人は8度以上。なんとタミフルを処方された。
見張りが必要という。それで注意していたが、普段よりすごく饒舌になっていてよくしゃべる。
テレビに向かって悪口はいうし、私にもいろいろと難癖をつけて・・・挙句に「これはおれが行っているんじゃなくてタミフルが言わせているんだ」だと。ふん、タミフルのせいにして言いたいことをこの際いうのだな。
21日
私の体はほぼ普段通りになったので私のかかりつけの医者に行き、「もう大丈夫」と言われた。やれやれ。どうせ医者に来たのだからついでにコレステロールの検査をしてもらう。結果は1週間後。
そして1週間後にもらった結果は今までになくよかった。食欲がなくて1週間ろくなもの食べていなかったからだろう。つまり今まではおいしくて食べ過ぎていたみたい。
その後主人も回復したが、体が本当に元通りになったのは1週間後。やはり時間がかかる。
21日はパンダが上野に来て大騒ぎ。年間8000万円も払ってその必要があるのか・・・
[PR]
by kuwanobu44 | 2011-03-12 21:20
<< ニュージーランド地震 2月22日 写真展 2月8日~13日 >>


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧