つれづれ旅日記



福島新野地温泉  10月2日~4日

10月2日
新小平から大宮経由で福島。大宮を12時45分ごろの特急で福島に1時45分ごろ着く。楽々座れて数独をやる。このところ電車に乗ると数独をやるので、時には乗り過ごすが・・・
駅に3人が迎えに来ていて、一緒にお墓参り。 それから家に行く。おばあちゃんに挨拶し、お土産を渡す。
4時過ぎに皆で出かけ(全員で6名)約1時間後に新野地温泉に着く。まだ神戸の人達は来ていなかった。 連絡が入り、6時ごろ着くという。全員集合で11名が集まった。義母97歳から神戸の叔母さん89歳など・・・その息子一家や娘一家。 部屋は9人部屋と2人部屋。  6時半から宴会。食事はたくさんあって食べきれないほど。
三々五々風呂に入るが私と義妹で母をお風呂に入れる。風呂場は滑るので最大限の注意が必要。入ったときはすごく混んでいたが(この宿は全国秘湯の会に入っているので、土日は一年中満員だそうだ)出るころはすいて来てよかった。 大役を終えてほっとする。寝る前に義妹と二人で外の露天に行った。長い廊下をだんだん下がっていくところは北海道の「丸駒温泉」に似ている。外に出るところまできてドアーを開いたら急に外気が入ってきたがそれと同時に板の廊下と両側にススキが目に入ってきた。「秋を見つけた」気分。風呂は温度は丁度よかったし、我々二人以外誰もいなくてよかった。独占でした。
d0102497_23215744.jpg

d0102497_23262656.jpg

3日
朝からご馳走で、バイキングでなく一人一人だったがまあ、混んでいた。食後姪が結婚が決まっているので彼をつれてあいさつに来た。姪より2歳くらい上だが若くて学生のように見える。二人はこれから「鷲倉温泉」に日帰りで行くという。仙台で食事をして帰る人たちもあり、 我々6名は吾妻スカイラインを通って家に戻る。
d0102497_23301429.jpg

ここも秋の気配が・・・
義妹夫婦が那須の国民休暇村に出かけて我々夫婦が97歳と89歳の姉妹を見て留守番。夕飯は歯が痛いという叔母さんのために豆腐のお鍋に・・・
4日
福島のもう一人の母の妹(93歳)とその娘が陣中見舞いにお弁当を持ってきてくれた。私も花お寿司を巻き、主人が夕飯のためにカレーを作る。
神戸の二人が2時ごろ仙台から戻り、また義妹夫婦も那須の休暇村から4時ごろ戻りにぎやかになった。そして6時ごろわいわい楽しく食事して我々は駅まで送ってもらい福島から帰る。
今回も福島の家は花盛りだった。
d0102497_23461932.jpg

d0102497_23505839.jpg

d0102497_23512311.jpg
d0102497_235257.jpg

[PR]
by kuwanobu44 | 2010-11-04 23:52
<< 小平地口鑑賞と多摩湖 10月12日 九段 グランドパレス  9月30日 >>


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧