つれづれ旅日記



8月12日 武蔵野山荘

朝からテレビで「御巣鷹山」の事をやっていた。もう25年がたったのだ。あの日は娘たちと流山の両親の所でテレビを見ていたが・・・娘たちもまだ小学生たった・・・・
7月に高峰温泉に行ったとき、親切に登山靴や雨具を貸してくれたがその製品が「武蔵野山荘」という三鷹にある登山関係のものを売る店のものだったので、今日は主人の登山靴や、私の雨具などを買いに三鷹まで行った。 私の登山靴は6,7年前のものでかなり重い。今は軽くていいのがあるようだ。主人はまだ登山靴を持っていなかったので靴を買った。私は雨具の上下を・・・
その店で面白い靴を見た。
d0102497_2124529.jpg

インターネットで調べてみると
この靴は、MBTという名のスイス製のウォーキングシューズである。MBTとは、Masai Barefoot Technology(マサイ族の裸足歩きにもとづく靴技術)の略称である。自然のままの、凸凹の激しい野山を駆けめぐっているアフリカ・マサイ族(ケニア南部からタンザニア北部に住む先住民族)の人々の身体能力が素晴らしい。その立ち姿の美しいこと、歩き方、走り方のなめらかなこと。それでいて関節や筋肉の痛みなどまったく無縁なこと。そのことからヒントを得て、スイスで開発されたものだ。靴底が変わっている。特殊な形と構造を持っている。底が前後に円い。昔、主として万年筆を使って文書を書いていたころ、机の上の必需文具だったインクの吸い取り道具(インク・スタンプといったか)に似た形をしている。その円い靴底の踵部分にかなり分厚いクッション材が入っているのも特徴だ。足の裏にかかる体重が、普通の靴の場合、まず踵、ついでつま先に集中してかかる。この靴の場合、体重は足の裏全体になめらかに後ろから前へ移動していく。これだと踵の痛みの原因だった踵部へのショックが軽減されそうだ。
これは靴を履きながらエクササイズをしているようなものらしい。私の母も膝の関節が悪くなり(高齢の女性に多いが) 歩くのがままならないがマサイ族のように最後まできれいに歩けるとしたら試してみたいと思う。値段がちと高いが・・・3万円から5万円。
[PR]
by kuwanobu44 | 2010-08-31 15:30
<< 8月13日、14日 都民の森 7月29日 母が転ぶ >>


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧