つれづれ旅日記



6月20日 琴の発表会

毎年6月は簡単な内輪の琴の会がある。 洋服でいいし気楽なのだが今年はちょうどその時期に喉を痛めてしまった。 歌うのだが声があやしい。咳が出てくる。 昨年8月の姪のピアノコンサートで姪が咳をしながらピアノを弾いていたのを思い出した。当日にベストコンディションを持っていくのが大変だ。 
曲は 「桜狩」と 「宇治めぐり」だが咳を何とかしなくちゃ。コンタック咳止め液体やら龍角散やらクララなどを買い込んで会に臨んだ。
それでも心配で会場の近くの薬局に行き、予備の薬も手に入れてなんとなく安心。
琴を弾くだけならいいけど歌の所は普段の声の3分の一くらいしか出なかった。
声が出ないのはつらい。 それに声を出すのにすごい力がいるということもわかった。
まあ、なんとか終えてホッとする。
[PR]
by kuwanobu44 | 2010-08-18 23:55
<< 6月22日 鐘山苑 6月16日 八子峰 >>


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧