つれづれ旅日記



自然観察一月例会  1月18日

立川自然観測友の会の1月例会で昭和記念公園。冬芽の観測など。
10時に西立川駅昭和記念公園前に集合。会長が用意したプリントで維束管や導管などを勉強し、それから歩いて蝋梅を見たり花木園をとおり、みんなの広場を横切りこもれびの里、こもれびの丘を散策。
d0102497_0132160.jpg

結構寒かった。展示室が出来ていて、葉っぱの種類が並べられていたり、珍しい「ウマノスズクサ」の実が展示してあった。これは花も珍しいが実はとても珍しいらしい。会長が10年ほどまえに見つけてここに展示しているらしい。それからしばらくして、立川市で一番高い場所に出る。これは多摩センターが作られたときの土も持ってきて作った人工の山だそうだ。人口でなくて一番高いのは玉川上水駅のそばにあるらしい。
d0102497_015264.jpg

一番高い場所で日当たりもいいので、食事にする。今日は例会の後、新年会が西立川のレストランであるので時間調整のため花木園で休憩。幹事さんが東京で一番特集をやっていた。たとえば東京で一番広い公園は?この昭和公園と思うけど、実は大島だそうだ。伊豆の大島。次が昭和公園で138ヘクタール。
そうこうしている間に時間がよくなり、レストラン「里」で新年会。 
[PR]
by kuwanobu44 | 2010-02-12 00:11
<< 弓 新のバイオリンコンサート ... 父の一周忌  1月16日 >>


旅行した時の記録
カテゴリ
全体
旅日記
旅日記
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
「ピアノはなぜ黒いのか」
from 日々の暮らしから・・・lov..
介護タクシーに関する総合..
from 介護タクシーに関する総合情報..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧